成熟度モデルアセスメントの実施

ttl_ability.png

アセスメント入力

それぞれの問いに対して、現状と来期のレベルを選択してください。設問文の右にある「選択する」ボタンをクリックすると、レベルを選択する画面が表示されます。一度選択した設問を修正する場合は、設問文の右の「修正する」ボタンをクリックしてください。

1.企業が目指すイノベーションとそれを担う役割、そのための育成対象者が定義されているのか?
また、組織環境はイノベーションを起こしやすいものか?

現状 来期
1.1 経営者のリーダーシップについて 選択する
1.2 自社が対象とするIT活用のイノベーション定義について
(イノベーションの定義とは影響範囲、インパクト、タイプ、対象など)
選択する
1.3 自社が対象とするイノベーションを担う役割とそのための育成対象者について 選択する
1.4 組織文化・風土について
(イノベーションを起し易い組織とは社員が主体的・能動的、変化を受容、トライアル&エラーを許容、多様性を受容など)
(イノベーションを阻害する組織とは社員が従属的、受動的、変化・リスクを嫌う、失敗を許されない、同質であることを求める、など)
選択する

2.IT活用によるイノベーションを実践する場が提供されているか?

現状 来期
2.1 IT活用によるイノベーションにつながるアイデア出しを行う価値発見の場について 選択する
2.2 有望なビジネス・アイデアを事業に仕立てていく価値実現プロセスについて 選択する
2.3 多様性のあるイノベーション実施体制について
(多様性とは専門や経歴、背景にある文化や性別・立場など)
選択する
2.4 外部のアイデアや力を活用するオープン・イノベーションについて 選択する
2.5 トライアル&エラーについて 選択する

3.自社のイノベーションを担う人材のために、育成の場が提供され、活用できているか?

現状 来期
3.1 自社のイノベーションを担う人材のための育成フレームについて
(育成フレームとは、自社のイノベーションを担う人材の能力やスキル、知識の定義とその管理など)
選択する
3.2 知識習得のみでなく、実践的学習の場も含む研修メニューについて
(実践的学習の場とはケースメソッド、ケーススタディ、アクションラーニングのような疑似体験など)
選択する

1.1 経営者のリーダーシップについて

現状 来期
レベル1 経営者はイノベーション活性化のための環境や仕組を整備することに理解・関心がない
レベル2 経営者はイノベーション活性化のための環境や仕組を整備することについて理解・関心はあるが、発信や推進に消極的である
レベル3 経営者はイノベーション活性化のために必要な環境や仕組のあり方を考え、その発信・推進に積極的である
レベル4 経営者はイノベーション活性化のために必要な環境や仕組のあり方を考え、その発信・推進を率先垂範して行っている
OK

1.2 自社が対象とするイノベーションを担う役割とそのための育成対象者について

現状 来期
レベル1 自社はどのようなイノベーションを対象とするのかまだ設定されていない
レベル2 自社はどのようなイノベーションを対象とするのか、試行的・部分的には設定されているが、目指すイノベーションはまだ社内に周知されていない
レベル3 自社はどのようなイノベーションを対象とするかが公式に設定され、目指すイノベーションについて部分的に社内に周知・理解されている。
レベル4 自社はどのようなイノベーションを対象とするかが公式に設定され、目指すイノベーションについて全社的に周知・理解され浸透している。
OK

1.3 自社が対象とするイノベーションを担う役割とそのための育成対象者について

現状 来期
レベル1 イノベーションを担う役割とそのための育成対象者はまだ設定されていない、または外部から獲得する
レベル2 イノベーションを担う役割とその育成対象者が試行的・部分的には設定されているが、育成対象者はまだ自らの役割として自覚していない。
レベル3 イノベーションを担う役割とその育成対象者が公式に設定され、育成対象者は自身の役割として自覚ている。
レベル4 イノベーションを担う役割とその育成対象者が公式に設定され、育成対象者を含めた社内全体が自身の役割として自覚し自律的に活動している。
OK

1.4 組織文化・風土について
(イノベーションを起し易い組織とは社員が主体的・能動的、変化を受容、トライアル&エラーを許容、多様性を受容など)
(イノベーションを阻害する組織とは社員が従属的、受動的、変化・リスクを嫌う、失敗を許されない、同質であることを求める、など)

現状 来期
レベル1 イノベーションを阻害する組織文化・風土を当たり前と考え、それを助長する組織になっている
レベル2 イノベーションを阻害する組織文化・風土が支配的な組織になっている
レベル3 イノベーションを起こし易い組織文化・風土が優越する組織になっている
レベル4 イノベーションを起こし易い組織文化・風土を当たり前と考え、それを育む組織になっている
OK

2.1 IT活用によるイノベーションにつながるアイデア出しを行う価値発見の場について

現状 来期
レベル1 価値発見を行うための場はまだ提供されていない
レベル2 価値発見を行うための場が、試行的または一部の社員に提供されている
レベル3 価値発見を行うための場が、仕組として公式に提供され、利用されている
レベル4 価値発見を行うための場が、公式の仕組として定着し、場の利活用による成果がでている
OK

2.2 有望なビジネス・アイデアを事業に仕立てていく価値実現プロセスについて

現状 来期
レベル1 価値実現プロセスは未だ提供されてない
レベル2 価値実現プロセスが、試行的または一部の社員に提供されている
レベル3 価値実現プロセスが公式に提供され、利用されている
レベル4 価値実現プロセスが社内に定着し、イノベーションの成果がでている
OK

2.3 多様性のあるイノベーション実施体制について
(多様性とは専門や経歴、背景にある文化や性別・立場など)

現状 来期
レベル1 多様性のある体制によるイノベーションはまだ実践されていない
レベル2 多様性のある体制によるイノベーションが試行的または部分的に実践されている
レベル3 多様性のある体制によるイノベーションが試行的または部分的に実践されている
レベル4 多様性のある体制によるイノベーションの仕組が定着し、成果がでている
OK

2.4 外部のアイデアや力を活用するオープン・イノベーションについて

現状 来期
レベル1 オープンイノベーションの場はまだ提供されていない
レベル2 オープンイノベーションの場が試行的または部分的に提供されている
レベル3 オープンイノベーションの場が公式に提供され、利用されている
レベル4 オープンイノベーションの場が定着し、成果もでている
OK

2.5 トライアル&エラーについて

現状 来期
レベル1 トライアル&エラーを前提とするイノベーション実践の場はまだ提供されていない
レベル2 トライアル&エラーを前提とするイノベーション実践の場が試行的または部分的に提供されている
レベル3 トライアル&エラーを前提とするイノベーション実践の場が公式に提供され、利用されている
レベル4 トライアル&エラーを前提とするイノベーション実践の公式な場が定着し、成果もでている
OK

3.1 自社のイノベーションを担う人材のための育成フレームについて
(育成フレームとは、自社のイノベーションを担う人材の能力やスキル、知識の定義とその管理など)

現状 来期
レベル1 育成フレームとその管理の仕組はまだ提供されていない
レベル2 育成フレームとその管理の仕組が試行的、または部分的に提供されている
レベル3 育成フレームとその管理の仕組が提供され、利用されている
レベル4 育成フレームとその管理の仕組が定着し、定常的に運用されている
OK

3.2 知識習得のみでなく、実践的学習の場も含む研修メニューについて
(実践的学習の場とはケースメソッド、ケーススタディ、アクションラーニングのような疑似体験など)

現状 来期
レベル1 実践的学習の場を含む研修メニューは未だ提供されていない
レベル2 実践的学習の場を含む研修メニューは試行的、または部分的には提供されている
レベル3 実践的学習の場を含む研修メニューが公式に提供され、社員に利用されている
レベル4 実践的学習の場を含む研修メニューが社員に定期的・定常的に提供され、育成成果が出ている
OK

未入力の項目があります

OK

企業情報入力

貴社の基本情報を入力してください。

業種
従業員数