専門的な分野で活躍する人材

ttl_ability.png

高い専門性を持った人材が求められています

セキュリティ領域では、その専門性をもって活躍する国家資格として、「情報処理安全確保支援士」(通称:登録情報セキュリティスペシャリスト)が創設されました。

「情報処理安全確保支援士(以下、登録セキスペ)」は、サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を活用して、企業や組織における安全な情報システムの企画・設計・開発・運用を支援し、サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価やその結果に基づく指導・助言を行います。

iCDでは、登録セキスペの資格を持った人材が活躍する役割やタスクを、タスクプロフィールの「(ITSS+)セキュリティ領域」より参照できるようになっています。



また、それらの役割の人材が保有すべきスキルや知識項目を、職種の「ITSS+」より参照できるようになっています。



なお、セキュリティ領域で活躍する人材については、ITSS+で体系化しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。



IoT・ビッグデータ・AIなどの技術革新により、企業等の業務において大量データを分析し、その分析結果を活用するなどのデータサイエンス領域で活躍する人材の必要性が高まっています。

iCDでは、データサイエンス領域で活躍する役割とタスクを、タスクプロフィールの「(ITSS+)データサイエンス領域」より参照できるようになっています。



なお、データサイエンス領域で活躍する人材については、ITSS+で体系化しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。