スキル一覧



「カスタマサービス(ソフトウェア)」のスキル例

以下は、「カスタマサービス(ソフトウェア)」で定義されているスキル例です。これらを参考にしながらスキルや職種を定義してください。
また、各スキルの詳細を参照する場合は、「知識項目を表示」ボタンをクリックしてください。
この職種に関する研修・書籍・資格の情報が こちらから検索できます。

スキルカテゴリ スキル分類 スキル項目
メソドロジ (戦略) 製品・サービス戦略 サービス戦略手法知識項目を表示
ITSM戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

SLM

サービス・カタログ

サービス・ポートフォリオ

サービス・ライフサイクル

サービス定義

データのオーナシップ

(戦略) システム戦略立案手法 システム化戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

ANSI

CRUD分析

CSF(Critical Success Factor)

EA(エンタープライズアーキテクチャ)

ER図

IEC

IEEE

IETF

ISO

ITU

ITポートフォリオモデル

JSA

KGI(Key Goal Indicator)

KJ法

KPI(Key Performance Indicator)

MECE(ミーシー)

TDWI BI 成熟度モデル

W3C

システムライフサイクル

システム化戦略の策定

データフローダイアグラム(DFD)

バランススコアカード

ビジネスプロセスモデリング

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスモデル

プレスリリース

プログラムマネジメント

ベンダーの新製品情報

モデリング

ユーザのビジョン、ゴール、ビジネス戦略の把握

リスク分析手法

業界団体

業務パッケージを利用したシステム化戦略策定

業務モデル

業務分析手法

経済産業省などの公的機関の調査報告(特許動向など)

情報システムモデル

情報資産の識別方法(情報・データ、システム、人材、文書)

情報資産の評価方法(機密性、完全性、可用性に関する重要度、致命度、危険度)

情報資産台帳の内容

先進事例

全体最適化

標準化団体が主催する会合等への参加

標準化団体の発行物

システム活用促進・評価知識項目を表示

▼知識項目

BIツールに関する知識、情報システムモデル

CSF(Critical Success Factors)

IT活用教育の事例

PDCAサイクル(定期的レビュー、評価のフィードバックとアクション)

システム廃棄

システム利用実態の評価・検証

チェンジマネジメント

ディジタルディバイド

データの戦略的活用事例

データ活用

ナレッジマネジメント

バランススコアカード

ヒアリング手法

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスモデル

プロジェクト・チームのマネジメント

モチベーションマネジメント

仮説構築法

業務モデル

業務改善

業務分析手法

原因分析(ブレーンストーミング、アンケート調査、資料調査、面接調査、各種データ収集、分析、加工)

構造化手法

差異分析手法

情報システムユーザー利用実態の調査(モニタリング、目標達成度)

情報リテラシ

情報リテラシー教育事例

人材育成計画

統計解析手法

評価指標(KGI・KPI)の評価方法

評価制度(評価指標)

普及啓発

分析手法(作業分析、PTS法、ワークサンプリング法ほか)

問題解決手法

業務プロセス知識項目を表示

▼知識項目

BPO

SFA

オフショア

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスプロセス表記手法

ビジネスモデル

フルフィルメント(受注処理)

業務モデル

業務改善

業務設計

業務分析

製品・サービスのライフサイクル

製品のライフサイクル

情報システム戦略知識項目を表示

▼知識項目

ASP(Application Service Provider)

BPO(Business Process Outsourcing)

ITポートフォリオモデル

IT業界の動向(事例)

IT経営力指標

IT投資マネジメント

エンタープライズアーキテクチャ(EA)

クロスライセンス契約に関する知識

コントロールフレームワーク

システムオーナ

システムライフサイクル

システム構造

システム方式に関する知識(ハードウェア・ソフトウェア・手作業の機能分割、ハードウェア方式、ソフトウェア方式、アプリケーション方式・IS企画)

ソフトウェア契約に関する知識

データオーナ

バランススコアカード

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスプロセス表記手法

ビジネスモデル

ビジネス環境分析手法

プログラムマネジメント

プロセスフレームワーク

ベンチマーク

ライセンス契約に関する知識

リスク分析手法

下請法

開発投資対効果

業務モデル

業務設計

業務分析手法

情報システムモデル

情報システム戦略の意義と目的

情報システム戦略実行マネジメント

情報システム戦略評価

情報化推進体制

情報化投資計画

正味現在価値法(NPV:Net Present Value)

製品知識製品動向(事例)

全体最適化

全体最適化計画

全体最適化方針

単純回収期間法(Pay-back Period method)

投資資本利益率(ROI: Return On Investment)

品質統制(品質統制フレームワーク)

(企画) システム企画立案手法 システム企画立案手法知識項目を表示

▼知識項目

BPMN

DCF法

DFD

DMM

ERD

ISO 9000シリーズ

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)

KJ法

MN法

UML

アライアンス

コーポレートガバナンス

システム運用管理

システム化計画の策定

システム化戦略の策定

システム開発技術

システム開発方法論

システム技術

システム計画書の記述形式標準

システム信頼性

ステークホルダ・マネジメント

ソフトウェアライフサイクルプロセス(SLCP)

ソフトウェア開発手法

ソフトウェア製品の投資、損益モデルの理解

ソフトウェア製品開発計画の策定

ソフトウェア製品企画の策定

ソフトウェア製品企画の提案

ソフトウェア品質測定手法

ソフトウェア保守の形態に関する知識

データモデリング

データ設計

データ分析

テスト手法

バランススコアカード

バリューチェーン分析手法

パレート図

ヒアリング手法

ビジネスプロセス

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)

ビジネスプロセスモデリング

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスプロセス分析・表記手法

ビジネスモデル

ビジネス環境分析手法

プログラムマネジメント

プロジェクト管理

プロジェクト計画策定手法

プロジェクト評価手法

プロセス成熟度

ベストプラクティス

ベンチマーク

マーケティング

ユーザ、経営者の要望把握

リスクマネジメント

リスク定量評価指標

リスク分析

リスク分析手法

開発プロジェクト体制構築に関する知識

開発環境稼働状況管理に関する知識

開発環境構築に関する知識

開発投資対効果

開発方法論全般

管理図

関係法規(知的所有権関連法規、労働関係法規など)

競合分析手法

業務システム提案

業務パッケージ

業務フロー図

業務プロセス分析

業務モデル

業務設計

業務分析手法

経営管理の知識

経営組織(事業部制、カンパニ制、CIO、CEOほか)

経営分析手法

建築基準法第二章建築物の敷地

見積り手法

原因結果分析

原価管理

顧客要求仕様の理解

構造及び建築設備

国際標準・国内標準

国際標準ISO/IEC 20000

差異分析手法

事業戦略

実行計画策定手法

消防法第二章火災の予防・第四章消防の設備等

情報システムモデル

情報システム評価手法

情報セキュリティ

情報リテラシー

情報化推進体制

情報化投資計画

生産性評価手法

戦略目標

全体開発スケジュール立案に関する知識

全体最適化

組織能力評価手法

組織論一般

知的所有権関連法規(著作権法、特許法、不正競争防止法など)

統合マネジメント

特性要因図

内部統制

標準化

評価指標(KGI・KPI)の把握方法・タイミング

評価指標(KGI・KPI)の評価方法

品質管理

品質計画

品質保証

目的機能展開

問題解決手法

労働関係法規

(企画) 要求分析手法 要求の抽出手法知識項目を表示

▼知識項目

RACIマトリクス

インターフェース分析

インタビュー

コンセプト・モデリング

シナリオ

シナリオとユースケース

シャドーイング

スコープモデリング

ステークホルダー・リスト、マップ、ペルソナ

ステークホルダー識別

ステークホルダ分析(Stake holder Analysis)

その他の技法(アンケート、特別用途のレコード、活動サンプリング)

チェックリスト

データ・マイニング

データ・モデリング

テスト

ニーズの分析と優先順位付け

ビジネス・ケース

ビジネス・ルール分析

フォーカスグループ

ブレーンストーミング

プロセスモデリング

プロセス分析

プロトコル分析

プロトタイピング

ペンチマークと市場分析

マインド・マッピング

モデリング

ユーザ、タスク、技術の収集

ユーザーストーリー

ユーザニーズの把握

ユーザモデリング

ライフサイクル

リスクの分析とマネジメント

レビュー

ワークショップ

課題トラッキング

観察

機能分解

協働ゲーム

教訓

教訓プロセス

決定分析

見積り

構造化ウォークスルー

根本原因分析

差異分析

財務分析

受け入れ基準と評価基準の定義

受講者要望、ニーズ&ウォンツの把握

進んだ要求獲得の技法(民族学的技法、知識獲得など)

進行役つき会議

組織モデリング

調査とアンケート

評価指標と重要業績評価指標(KPI)

文書分析

問題のトラッキング

要求ワークショップ

要求を獲得する対象(ステークホルダー、ドメインエキスパート、操作環境や組織環境など)

要求開発(Openthology)

要求獲得

要求獲得の技法(インタビュー、アンケート/調査、プロトタイピング、ユースケース、観察、参加型技法など)

要求抽出

(実装) アーキテクチャ設計手法 データアーキテクチャ設計手法知識項目を表示

▼知識項目

IDEFIX

IE:インフォメーションエンジニアリング

ORM:オブジェクトロールモデリング

UML:統一モデリング言語

概念データモデリング

物理データモデリング

論理データモデリング

(実装) ソフトウェアエンジニアリング手法 開発プロセス設定手法知識項目を表示

▼知識項目

ASIL(自動車用安全度水準)

CMMI(能力成熟度モデル統合)

FDD(機能駆動型開発)

HAZOP

IDEAL

ISO/IEEE 12207:プロセスの要求

PLE(Product Line Engineering)

PSP(パーソナル・ソフトウェア・プロセス)

SIL(安全度水準)

SOUP(Software Of Unknown Pedigree)

SPL(Software Product Line)

TMMi(テスト成熟度モデル統合)

TPI(テストプロセス改善)

TSP(チーム・ソフトウェア・プロセス)

USDM

アーキテクチュラルパターン

アーティファクト駆動型手法

アクティビティ

アジャイル・ソフトウェア開発

アジャイルプロセスモデル

アジャイル法(RAD、XP、Scrum、FDD)

イテレーティブ開発

インクリメンタルモデル

ウォーターフォール型、RAD(Rapid Application Development)型、スパイラル型

エクストリーム・プログラミング(XP:eXtreme Programing)

エクスペリエンスファクトリ

エンタプライズプロセス

クリーンルーム手法

クリスタル

システムライフサイクルプロセスに関する規格(ISO/IEC 15288)

シナリオベース

スクラム

スパイラルモデル

スペックアウト

セーフティ・クリティカル・ライフサイクルモデル

セーフティゴール

ソフトウェア・メトリクス

ソフトウェアエンジニアリングプロセスグループ

ソフトウェアの決定論的原因故障

ソフトウェアプロセス

ソフトウェアプロセス・インフラストラクチャ

ソフトウェアプロセスマネージメント

ソフトウェアプロセス改善のためのマネジメント技法

ソフトウェアプロセス改善のマネジメント

ソフトウェアプロセス改善モデル

ソフトウェアプロセス査定モデル

ソフトウェアプロセス査定法

ソフトウェアプロセス適応

ソフトウェアプロセス能力改善のためのプロセスモデル

ソフトウェアライフサイクルプロセスに関する規格(ISO/IEC 12207)

ソフトウェア安全クラス

ソフトウェア安全度水準

ソフトウェア開発に関連する規格及びモデル

ソフトウェア部品の利用

タスク

チームによるソフトウェアプロセス(モデル、定義、組織、測定、分析、改善)

テクニカルプロセス

デザインパターン

ドメイン駆動型手法

トレーサビリティマトリクス(TM)

なぜなぜ分析

ハザード分析

ビジネスプロセスにおける位置づけ

フィーチャー

フレームワークなど

プロジェクトプロセス

プロセスアセスメントに関する規格(ISO/IEC 15504)

プロセスのインフラストラクチャ(開発者、ツール、教育など)

プロセスのテーラリング

プロセスのモデリングと仕様化

プロセスの改善(個人の改善、チームの改善)

プロセスの概念と用語

プロセスの測定と分析

プロセスモデルのモデリングと分析

プロセス定義のための表記法

プロセス定義のレベル(組織、プロジェクト、チーム、個人など)

プロダクトライン開発

プロトタイピング法(スタイル、ターケード、評価手法)

プロトタイプ

ペーパープロトタイピング

ベンチマーキングパラダイム

ポストモーテム

ユースケース駆動型手法

ライフサイクルフレームワーク

ライフサイクルプロセス

ライフサイクルモデル(アジャイル、ヘビーウェイト、ウォーターフォール、スパイラルなど)

ライフサイクルモデルの標準(IEEE標準、ISO標準など)

ランダムハードウェア故障

リスク

安全機能要求

安全性解析

安全性重視システム

安全妥当性確認

安全度要求

医療機器ソフトウェア-ソフトウェアライフサイクルプロセス(IEC 62304)

運用、サポート、保守、移転実装、退役撤収の容易性

加速的開発

開発プロセスアセスメント(アセスメントの実施)

開発プロセスアセスメント(アセスメントの準備)

開発プロセスアセスメント(結果の判断)

開発プロセステーラリング(テーラリング条件の分析)

開発プロセステーラリング(標準プロセスのカスタマイズ)

開発プロセステーラリング(標準プロセスの選択)

開発計画書の作成(サブプロセス、メジャメント、要員配置、ツール、成果物など)

開発手法の活用と実践

開発手法の選定

危険事象

機能安全(IEC 61508)

機能安全規格

業務パッケージ固有の開発手法

形式的方法(仕様記述言語、プログラムの詳細化・導出、形式的検証、論理的推論)

個人によるソフトウェアプロセス(モデル、定義、測定、分析、改善)

高速アプリケーション開発

合意プロセス

根源的原因分析

再利用手法の活用と実践

三階層SEPG

支援ライフサイクルプロセス

自動車電子制御の機能安全(ISO 26262)

主ライフサイクルプロセス

先行プロジェクトの成果物利用

組織に関するライフサイクルプロセス

属性モデルベース

統一プロセス

派生開発(XDDP)

発見的方法(構造化分析・設計法、データモデリング法、オブジェクト指向分析・設計法)

反復型開発プロセス

標準、指示、政策・顧客要請・ソフトウェアプロダクトの臨界性・組織的成熟度に対する遵守・適合

品質の分析とコントロール(欠陥予防、レビュー、品質特性、根本原因分析など)

本質安全

落穂拾い

連続的および段階的ソフトウェアプロセス格付け

(実装) カスタマーサービス手法 ソフトウェア導入・配信手法知識項目を表示

▼知識項目

インストレーションプロセスの活用と実践

インストレーション完了手続きと報告の実践

インストレーション計画立案手法の活用と実践

お客様システム仕様の知識

システムソフトウェア製品とその稼働環境

システムテスト実施手法と評価に関する知識

セキュリティ製品、ツールの選定、導入

ソフトウェアの更新と配布

ソフトウェアの導入と構成手順に関する知識

ソフトウェア製品インストレーション作業の実践

ソフトウェア導入完了手続きと報告の実践

テストプログラムの理解と活用

ネットワーク製品知識の活用

ハードウェア/ソフトウェア仕様の知識

パッチ、サービスパックの導入の実践

パフォーマンス情報の収集・編集

マスタ&マスタメディア作成技術と管理

マスタ管理

ラッキング構成

リモートメンテナンス手法、ツール、プロセスの活用と実践

構成パラメータ設定に関する知識

仕様書、インストレーションマニュアルの理解と活用

取り扱い説明、納品物、お客様預かり品管理

床圧管理

情報共有ツールの活用と保存・履歴管理の技法

製品を操作する知識(コマンドラインの階層構造など)

停電対策

電源容量

媒体管理

目標品質の確保

冷却設備

予防保守手法知識項目を表示

▼知識項目

FAQの作成手順、FAQの公開

SNMP(Simple Network Management Protocol)

Syslog

インシデントのクローズ処理

エスカレーション体制の理解と活用

エレキ調整

ソフトウェアの導入と構成手順に関する知識

ソフトウェア製品の構成情報の収集

ソフトウェア製品の構成情報の適用実践

ソフトウェア製品の動作確認と検証

ソフトウェア製品の動作検証の実践

ソフトウェア製品メンテナンス作業の実践

テストプログラムの理解と活用

テスト媒体の理解と活用

トランザクション負荷変動の平準化

トレースツールの理解と活用

ナレッジベースのコンテンツ、ナレッジベースの構築、保守

ナレッジマネジメントの意義、利点、プロセス

ネットワークシステムの監視

ネットワーク監視ツールの理解と活用

パッチ、バージョンアップの適用実践

パッチの選択と実践

ベンダー、セキュリティサイトの情報収集

メカ調整

メモリダンプの解析

メンテナンスプロセスの活用と実践

メンテナンスマニュアルの理解と活用

メンテナンス完了手続きと報告の実践

メンテナンス計画の立案

ログの解析

回避策の理解と実践

重要データの相互バックアップ

処置・修復後の評価

障害解決手順

障害管理

障害原因分析、解決ツール

障害時のリモートセンタでの処理

測定器、テストツールの活用

点検/障害対策の計画と実践

必要資材、工具、測定器の理解

保守、更新の実施

保守、更新の方針と計画作成

保守ツール及び手順に関する知識

予防情報、パッチ情報の収集

(利活用) サービスマネジメント 統合サービスマネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

IS運用指標の把握方法

IS運用指標の評価方法

ITIL

ITガバナンス

ITサービスのコスト管理に関する知識

ITサービス価値の定義

ITサービス価値検証のフレームワーク定義

ITサービス財務管理に関する知識

ITサービス実施フローの策定

インパクト

サービス

サービスマネジメント

サービスマネジメントシステム

サービスライフサイクル

サービスレベル管理(SLM)

サービスレベル管理に関する知識

サービスレベル管理の設計に関する知識

サービスレベル契約(SLA)

サービス及びプロセスのパフォーマンス

サービス水準管理に関する知識

サービス提供者

システムライフサイクル

チームのマネジメント

チーム編成

バランススコアカード

ヒアリング手法

ビジョンの設定

マネジメント計画書作成

リスク

運用設計(オペレーション、サービスデスク等)

運用品質に関する計画に対する結果の評価

仮説構築法

管理体制の確立

関連脅威

業務運用指標の評価方法

業務運用評価報告の記載事項に関する知識

継続評価

現状調査

構造化手法

差異分析手法

災害対策体制づくり

災害発生時の指揮

作業の監視コントロール

実行の指揮

障害時運用方式

障害時運用方式に関する結果の評価

性能に関する結果の評価

性能に関する設計に関する知識

脆弱性

組織、役割の設定(オペレーション、サービスデスク等)

統合変更管理

導入スケジュールの検討

導入方法の検討

品質管理

目標の設定

サービスレベルマネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

ITIL

ITサービスのコスト管理

ITサービス財務管理

MTBF

MTTR

SLA(サービスレベルアグリーメント)

SLM(サービスレベルマネジメント)

インシデントマネジメント

キャパシティマネジメント

コントロール

コンポーネント・キャパシティ管理

サービス・キャパシティ管理

サービス・ポートフォリオ管理

サービスの可用性マネジメント

サービスの継続性マネジメント

サービスの要求事項

サービスマネジメントに関する規格(ISO/IEC 20000)

サービスレベル合意書(SLA)

サービスレベル要件

サービス構成

ビジネス・インパクト分析(BIA)

ビジネス費用

リリースマネジメント

運用のマネジメント

稼働率

完全化保守

緊急保守

経理知識

財務知識

是正保守

対費用効果

適応保守

投資利益率(ROI)

保守に関する規格(ISO/IEC 14764)

保守のマネジメント

問題マネジメント

予防保守

継続的サービス改善手法知識項目を表示

▼知識項目

CSI管理表

ITガバナンス

SWOT分析

アセスメント

オーナシップ(モニタリング、分析、傾向の評価、報告)

ギャップ分析

サービスレベル管理

サービス測定

サービス報告

スコアカードとレポート

デミング・サイクル

ナレッジ管理

バランススコアカード

フレームワーク、モデル、標準、品質システム(ISO 9000、TQM、リスク管理、COBIT、ISO/IEC 20000と他のITに関するISO規格、ISO 14001、プログラム管理とプロジェクト管理(PRINCE2など)、SFIA、CMMI、ISO/IEC 27001)

ベンチマーキング(内部ベンチマーク、外部組織が提示する業界基準と比較、同様の組織と直接比較、同じ会社内の他のシステムや部門と比較)

外部および内部の推進要因(SWOT分析)

継続的改善

組織の変更(ジョン・P・コッターのアプローチ)

測定基準

投資利益率

投資利益率(ROI)の分析

(利活用) サービスの設計・移行 サービスの設計手法知識項目を表示

▼知識項目

CASEツール

ITサービス継続性戦略

RACIチャート

RACIモデル

アプリケーション・サイジング

アプリケーション・フレームワーク(アーキテクチャ、アプリケーション・フレームワーク、標準)

アプリケーション・ポートフォリオ

アプリケーションの組み込みインストルメンテーション

コード生成

サービスデザイン

サービスの計画

サービスの設計・開発

サプライヤのカテゴリ化

シミュレーションモデル化

セキュリティ管理に関する知識

セキュリティ設備計画と設計施工に関する知識

ソーシング構造(インソーシング、アウトソーシング、コソーシング、マルチソーシング、パートナーシップ、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)、アプリケーション・サービス供給、ナレッジ・プロセス・アウトソーシング(KPO)、クラウド、複数ベンダによるソーシング)

テンプレート

トレードオフ

パフォーマンス管理

ビジネス・インパクト分析

ビジョンの設定に関する知識

ベースライン

リスク・アセスメント

リポジトリ

リリース管理に関する知識

移行ツールの設計に関する知識

移行支援ツール

環境施設(設備)の設計と施工の知識

環境対策関連設備知識

管理体制の確立に関する知識

規制、法律、国際規格(ISO 9000、ISO/IEC 27001、COBIT、CMMI、EU第8号指令(SOXに関連する)、SOX、Basel、ISO/IEC 20000)

傾向分析

災害対策設備設計施工管理技術

省エネルギー

新技術の活用

組織・役割の設定に関する知識(オペレーション、サービスデスク等)

対障害弾力性の設計

分析モデル化

変更管理に関する知識

防災防犯設備設計導入要件策定に関する知識

目標の設定に関する知識

問題管理に関する知識

サービス移行手法知識項目を表示

▼知識項目

コミュニケーション

サービストランジションのライフサイクル

サービス受入れ基準

テスト

テスト後のクリーンアップとクローズ

レポートの評価

移行

移行戦略

運用引継ぎ

終了基準

初期テスト

助言

進捗のモニタリング

(利活用) サービスマネジメントプロセス サービス提供プロセス遂行手法知識項目を表示

▼知識項目

ITサービスの改善

OLA

SLA

SLAフレームワーク

SLA策定

SLA策定手法

SLR

インシデント管理システム、インシデント管理プロセス

エンジニア到着時間

お客様業務影響の把握

コンポーネント障害インパクト分析

サービス・キャパシティ管理

サービス・パフォーマンスのモニタリング

サービス・レビュー

サービスの活用と実践

サービスレベルのモニタリングと評価

サービスレベル項目の設定

サービスレポート

サービス障害分析

サービス提供プロセス(サービスレベル管理、サービスの報告、サービス継続及び可用性管理、サービスの予算業務及び会計業務、キャパシティ管理)

システム運用

システム監査

シミュレーション・モデル化

ソフトウェア製品のエラー情報・ログデータの収集

ソフトウェア製品の構成情報の収集

チューニング

トラフィック分析ツールに関する知識

ネットワークの信頼性に関する知識

ネットワーク監査

バックアップとリカバリ

ビジネス・キャパシティ管理

ビジネス知識

プロセス

ベースライン・モデル化

モデル化

モニタリング

リスク・アセスメント

リスク管理

リソース・キャパシティ管理

拡張版インシデント・ライフサイクル(モニタリング(インシデントの検出)、インシデントの記録、調査)

技術監視

傾向分析

継続的なレビュー

故障樹解析

障害率・休止率・出動率

信頼性

対障害弾力性の仕組みのテスト

単一障害点分析

非可用性の分析

分析

分析モデル化

平均修理時間(MTTR)

平均障害間隔(MTBF)

問題点を分類し、トレンド分析

利便性

利用可能性

解決プロセス遂行手法知識項目を表示

▼知識項目

ITサービス財務管理

RFC

イベント

イベントのクローズ

イベントの相関付け

インシデント

インシデント・レコード

インシデントのエスカレーション

インシデントのクローズ

インシデントの解決、又はディスパッチ

インシデントの記録

インシデントの再提起のルール

インシデントの受付

インシデントの進捗管理

インシデントマネジメント

インシデント管理

エスカレーションパスの理解と活用

お客様報告レポート作成と報告の実践

キャパシティ管理

サービスの可用性マネジメント

サービスの継続性マネジメント

サービスレベル管理

サービス継続性管理

サービス品質低下の可能性の把握

サービス品質低下の原因調査

システム関連部署の理解

システム障害の処理方法

システム変更要求の処理方法

セキュリティ管理

トレーサビリティ管理

ビジネス知識

フィルタリング

リリース管理

ワークアラウンド

影響度分析に関する知識

可用性

可用性管理

解決と復旧

解決プロセス(インシデント及びサービス要求管理、問題管理)

回復処理

広域水平展開・施策活用と実践

構成管理

再発防止

自動応答

重大な問題のレビュー

処置のレビュー

初期診断

障害の監視

障害記録

障害原因の究明

障害状況の調査方法

全国水平展開施策検討・実施

調査と診断

追跡可能性

不具合管理

分散システムの障害管理

変更管理

問題のクローズ

問題マネジメント

問題レコード

問題管理

統合的制御プロセス遂行手法知識項目を表示

▼知識項目

CCB(Change Control Board)

CMSの自動更新

CMSを維持する機能のあるソフトウェア・ツール

DMLの内容とCMDBとの比較を自動化する

ITSMのモニタ・コントロール・ループ

ITサービス実施フローの策定に関する知識

RFC

SDP

インシデント管理問題管理に関する知識

オペレーティングシステムに関する知識

キャパシティマネジメント

サービス・リハーサル

サービスオペレーションの監査

サービスサポート

サービスデリバリ

サービスの移行のレビューとクローズ

システムの性能分析に関する知識

システムの変更監視に関する知識

チェックアウト

チェックイン

テスト

トレーサビリティ

バージョン管理

バージョン管理ツール

バックアップ

パフォーマンス・キャパシティ管理に関する知識

パフォーマンスの評価

ベースライン

ベースライン(基準線)

リスク管理(逸脱、テストの計画と結果)

リポジトリ

リリースマネジメント

ログローテーション

回復処理に関する知識

完全化保守

基準線(ベースライン)

個々の設計のモニタ

構成コントロール

構成レポート

構成管理

構成管理・システム資源監視技術

構成管理システム(ツールの選定)

構成管理システム(構成管理システムの構築)

構成管理システム(要求仕様定義)

構成管理ツール

構成管理の実践

構成管理プロセス

構成管理ポリシー(構成管理のルールの策定)

構成管理ポリシー(構成管理プロセスの定義)

構成管理委員会

構成管理計画書

構成識別(構成構造と構成アイテムの選択、構成アイテムの命名構成アイテムのラベル付け、構成アイテムの属性、構成文書の定義、関係、構成アイテムのタイプ、メディア・ライブラリの識別、構成ベースラインの識別、リリース・ユニットの識別)

構成情報の定義、収集、更新

再発防止

資源平準化に関する知識

資産管理情報との照合

重要度の評価

障害の監視に関する知識

障害監視ツール

障害記録

障害原因の究明に関する知識

情報システム資産管理に関する知識

是正保守

性能解析手法

性能監視ツール

性能設計技術(性能容量を考慮した設計技術および見積もり技術)

切り替え方式

設計のレビュー

適用保守

展開のレビューとクローズ

統合的制御プロセス(構成管理、変更管理、リリース及び展開管理)

統合変更管理に関する知識

内部および外部のモニタリングとコントロール

評価レポート

評価計画

複雑なモニタ・コントロール・ループ

変更のアセスメント(変更の評価、優先度の割り当て、変更の計画立案とスケジューリング)

変更の構築

変更レコードのレビュー

変更管理

変更管理システム

変更管理委員会

変更後のシステムの評価

変更内容のトレース

変更要求

変更要求の評価

優先度の評価

予防保守

連携型CMDB

関係プロセス遂行手法知識項目を表示

▼知識項目

ジョン・コッターの組織を変革する8つのステップ

関係プロセス(事業関係管理、供給者管理)

教育とコミットメント

交渉と合意

参加と関与

操作と吸収

促進とサポート

変更に対する10の理由と克服するための技法

明示的な威圧と暗黙的な威圧

利害関係者の分析

利害関係者マップ

(利活用) サービスの運用 サービスの運用手法知識項目を表示

▼知識項目

アクティビティ定義

アップグレード

アプリケーション開発ツール

オペレーション/ジョブ管理に関する知識

サービスデスクに関する知識

システム運用管理

システム運用管理の評価技術

システム運用管理技術

システム管理

シミュレータ

スケジュール・コントロール

ステークホルダー・マネジメント

セキュリティ管理

セキュリティ管理ツール

データオペレーション

データベースシステム

デバッガ

ナレッジマネジメント

バックアップ・リカバリ方式

パッチ

プラットフォーム選定に関する知識

ホットフィックス

ユーザーコンサルティングに関する知識

ユーザーサービスレベル方針決定に関する知識

ユーザー教育・訓練技術に関する知識

ユーザー支援技術

ユーザー要求への対応に関する知識

リスク・マネジメント

リリース

リリース管理に関する知識

ログの取得、活用に関する知識

開発環境要件の定義

環境対策管理手法の策定と活用

監視に関する知識

監視方式

管理体制の確立

業務フローの策定

業務標準の策定

顧客満足度

構成管理ツール

資源管理

実績報告

重要なデータ保全体制

障害監視ツール

情報システム資産計画策定、管理

情報配布

性能監視ツール

設計施工と維持運営ツール

組織、役割の設定

操作マニュアル・業務マニュアル作成

適正要員の配置に関する知識

変更管理に関する知識

防災・環境等関連法規に関する知識

防災防犯のリスク管理に関する知識

防災防犯設備維持運営に関する知識

問題管理に関する知識

要員数の配置に関する知識

システム運用管理手法知識項目を表示

▼知識項目

ITILプロセスとプロセス間の関係

ITIL基礎

ITサービスマネジメントとITインフラストラクチャの重要性

アーカイブ方針

インターネット

インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)

インデックス

ウェブ・サービス

ウェブコンテンツ

ウェブサイト

ウェブサイト・パフォーマンスのモニタリング

オペレーティング・システムのサポート

キャパシティ

コンプライアンス

サーバCIのライセンス管理

サービスマネジメント・プロセスとプロセス間のインタフェース

サブネットワーク

サプライヤ管理

シーケンス

システムのセキュリティ

ストアド・プロシージャ

スナップショット

セキュアなゲートウェイ

データストレージ・ソフトウェア

データベースデータの標準

データベースのセキュリティ上の課題

データベースのバックアップ、アーカイブ、およびストレージの戦略

データベースの可用性[管理]

データベースの初期設定

データ保存インフラストラクチャの設計

テーブル

トランザクション量、応答時間、並行性レベルなど、利用のモニタリング

ネットワーク・トラフィックのモニタリング

ネットワークセキュリティ

ネットワークのマルチキャストを設定

バックアップ

パフォーマンス

パフォーマンスの管理

ビュー

ファイアウォールおよびセキュアなゲートウェイの管理

ページ・ロック

ミドルウェア

モニタリング手法

ユーティリティ

リストア

レポートの作成

運用の資源管理

仮想サーバ

仮想技術

再構成や再ルーティング

侵入検知システム

待ち行列のサイズを管理する

調達の助言

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)システム

分散環境全体に、更新されたソフトウェア・モジュールをリリース

ナレッジ管理手法知識項目を表示

▼知識項目

コンテンツ管理(ウェブパブリッシング・ツール、ウェブ会議、Wiki、ブログなど、文書作成、データ分析と財務分析、プレゼンテーション・ツール、フローチャート作成、コンテンツ管理システム(体系化、整理、バージョン・コントロール、文書アーキテクチャ)、公開と配布)

ナレッジの視覚化

ナレッジ管理の戦略(ナレッジの識別、取得、維持)

レコード管理

文書管理

運用オペレーション手法知識項目を表示

▼知識項目

IDステータスのチェック

アクセスの記録と追跡

イベント管理の技法(圧縮、相関、選別、インテリジェントなモニタリング、ロールアップ、検証)

システムの監視と操作

ジョブ・スケジューリング

スケジュール設計

ディレクトリ・サービス

ディレクトリ・サービスのイベントをモニタ

テスト

ネットワーク上にリソースを配置する

モニタリング

リソースのステータスを追跡

レビュー

運用オペレーション

教育、意識付け、およびトレーニング

計測の技法(非同期取得、外部ソース、手作業による生成、ポーリング、統合トランザクション)

権限の削除または制限

権限の提供

変更管理

運用支援ツール手法知識項目を表示

▼知識項目

ITサービス財務管理

アプリケーションとサービスのパフォーマンス・モニタリング

イベント・サービス

イベント管理

インシデント解決/問題解決の自動化

インスタント・メッセージ

オブジェクトのルーティング

オンライン・イベントとネット・ショー

カレンダとタスクの共有

コミュニティ・ポータル

サービスと技術のエンカウンタ(技術なし型、技術支援型、技術促進型、技術媒介型、技術生成型)

サービスの要求(サービス・カタログとワークフロー)

サービスレベル管理

システム管理

スレッド・ディスカッション

セルフサービス・チャネル

ソフトウェア・テスト管理

ソフトウェア・バージョン・コントロール/ソフトウェア構成管理

テレビ会議または電話会議

ナレッジ管理

ネットワーク管理

パフォーマンス管理ツール

ビジネス・インテリジェンス/報告

フォーカスグループ

プロジェクト管理

ポートフォリオ管理

ホワイトボード機能

リリース

ワークフロー設計

運用支援ツール(監視ツール、診断ツールほか)

構成データ

私的財産、ベストプラクティス、実例集、テンプレートのリポジトリ

承認チェックポイントでのゲートキーピング

情報セキュリティ管理

状態遷移サービス

電子メール

電子メール・エイリアス管理

統計分析ツール

サービスデスク運用手法知識項目を表示

▼知識項目

CS向上活動(プランが策定)手法

ITサービスに関する標準

インシデント管理プロセスの機能

お客様業務内容理解

お客様定期報告

クレームレベルの理解

クレーム管理

コールトラッキングシステムの機能

サービスデスク

サービスレベルのモニタリングと評価

サービス継続性管理

システム監査に関する基準

ステークホルダー管理

セキュリティに関する標準

ソフトウェア構成

ナレッジベースの活用

ネットワーク構成

ハードウェア構成

ファシリティ構成

ライセンス管理

リソース管理

リリース管理

可用性管理

稼働監視と傾向分析

業務影響度の理解

業務分析、現行IT環境分析に関する知識

契約情報管理

顧客満足度管理

広域お客様管理

資産管理

情報資産(ナレッジマネジメント)管理

是正処置

測定と分析および改善

体制構築、スケジュール立案に関する知識

対人/ヒヤリング/会話対応知識

知的資産の知識と活用

品質計画と管理のツールと技法

品質要件、体制構築、スケジュール立案に関する知識

予防処置

スタッフィング手法知識項目を表示

▼知識項目

コール量の予測

可用性

解決率

業務スケジュールの把握

個人スケジュールの把握

顧客満足度

出勤スケジュールの作成

通話時間

適正要員、要員数の配置

電話放棄呼率

必要スタッフのレベル・人数の決定

平均応答時間

(支援活動) リスクマネジメント手法 リスク管理手法知識項目を表示

▼知識項目

ISO 31000

ISO/IEC 27001

Risk IT

テクニカル・オブザベーション・ポスト

パレート分析

リスクに対する取り組み方法の策定

リスクの管理(M_o_R)

リスクの事前評価

リスクの識別

リスクへの対応

リスクマネジメント計画策定

リスク監視と管理

リスク管理の原則

リスク識別

リスク対応計画の策定

仮説検定

管理目的と管理方法の策定

残留リスクの承認

実現可能性の評価

障害の分離

親和図法

石川ダイアグラム

定性的リスク分析

定量的リスク分析

不測事態対応計画

情報セキュリティ管理手法知識項目を表示

▼知識項目

COSOERMフレームワーク

PKI

インシデント

ガイドラインと関連法規

セキュリティ・コントロール

セキュリティ対策(機密保護、改ざん防止対応、不正侵入、コンピュータウィルス、インテグリティ対策、可用性対策、安全対策、ソーシャルエンジニアリング)

セキュリティ対策の初動処理

セキュリティ保護の実施

セキュリティ問題からの復旧

セキュリティ問題の検知

セキュリティ問題の分析

セキュリティ要件の設定

プライバシ保護

リスク管理

日本版COSOフレームワーク

(支援活動) 事業継続計画 BCP策定手法知識項目を表示

▼知識項目

ディザスタ・リカバリ

ビジネスインパクト分析(BIA)

リスク分析

リスク分析手法

活用手法

共通化手法

事業継続、ボトルネックの特定

事業継続管理(BCM)

事業継続計画(BCP)

発動基準の明確化

復旧の優先順位付け

本項で記述したものを含め、各種の情報資産に関する管理手法

目標復旧時間

目標復旧時間の設定

災害対策管理手法知識項目を表示

▼知識項目

ディザスタ・リカバリ

データバックアップ

バックアップ

バックアップサイト(ミラーサイト、ホットスタンバイ、コールドスタート)

災害対策体制の設計と導入

災害復旧プランの立案

(支援活動) 人材育成・教育・研修 人材育成管理手法知識項目を表示

▼知識項目

CCSF(共通キャリア・スキルフレームワーク)

CS(顧客満足)

ES(従業員満足)

ETSS(組込みスキル標準)

i コンピテンシ ディクショナリ

ISTQB

ISの歴史と進化

ISリテラシ、メディアリテラシ

ITSS(ITスキル標準)

JCSQE

OFFJT

OJT

PS(パートナー満足)

SEPGリーダーコース

UISS(情報システムユーザースキル標準)

アンカーキャリア

カウンセリング

ギャップの分析

キャリアパス

キャリア開発計画

コーチング

ゴールの設定

スキル管理

スキル標準

ストレスが原因の病気と対応

ストレスの発見と対策

ヒューマンコミュニケーション

ファシリティマネジメント

フォローと振り返り

プレコーチング

メンタリング

メンタルケア

メンタルヘルスに関する知識

モチベーション

モチベーションマネジメント

育成計画

外部研修に関する知識

技術知識

教育・育成のマネジメント

教育・育成のマネジメント技法

教育計画の策定

教育講座開発

教育実施

業界標準に準拠した教育カリキュラムの知識

業務経験

研修計画

現状の明確化

個人別達成目標の設定

行動の決定

採用条件決定

資格に関する知識

自己実現

実績

人員体制作り

人間性の醸成

人材のスキル標準(ITSS、ETSS、UISS)

専門知識の修得と活用

専門分野知識

組織要員体制の計画

動機付け

特有のストレス

能力評価

評価・採用

募集

面談(定期、不定期)

目標設定進捗状況の確認

要員スキル(技術知識、業務経験)の把握と活用

要員育成の進捗管理

教育手法知識項目を表示

▼知識項目

インストラクショナルデザイン

オーサリング

プレゼンテーション技術の活用と実践

(支援活動) チェンジマネジメント手法 協働の管理手法知識項目を表示

▼知識項目

ステークホルダー・リスト、マップ、ペルソナ

リスクの分析とマネジメント

協働ゲーム

教訓

テクノロジ (システム) ソフトウェアの基礎技術 ソフトウェア工学知識項目を表示
ソフトウェアの標準化知識項目を表示

▼知識項目

世界の標準化団体(IEEE、ISO、ITU)

標準化されたソフトウェアの実例

標準化のプロセス

標準化の必要性

ソフトウェアエンジニアリングツール・開発技術知識項目を表示

▼知識項目

GUIビルダ

ユニットテスティング(テストランナー)

開発環境

性能分析ツール(プロファイリング・ツール、プログラム・スラッシング・ツール)

オープンソースソフトウェア知識項目を表示

▼知識項目

LAMP/LAPP

OSSの種類と特徴

OSSの利用・活用と考慮点(安全性、信頼性ほか)

UNIX系OS

オープンソースコミュニティ

オープンソースライブラリ

動向

テスティング知識項目を表示

▼知識項目

アルファおよびベータテスティング

インタフェース・テスティング

システムテスティング

ストレス・テスティング

セキュリティ・テスティング

バック・ツー・バック・テスティング

パフォーマンス・テスティング

ユーザビリティ・テスティング

運用テスティング

回帰テスティング

構成テスティング

受け入れ/認定テスティング

据付けテスティング

ソフトウェア品質知識項目を表示

▼知識項目

ソフトウェアプロセス品質

ソフトウェアプロダクト品質

ソフトウェア安全性

ソフトウェア品質改善

ソフトウェア品質特性・品質属性

品質の価値・コスト

(システム) ソフトウェアの構築技術 システム開発の概念と方法論知識項目を表示

▼知識項目

オブジェクト指向方法論

ソフトウェア工学のプロセスとプロダクト

データモデリング(例:ER図、正規形)

データ指向方法論

プロセス指向方法論

モデル化の概念

行動指向(イベントモデリング)方法論

組織のモデル化及びソフトウェアプロセスのモデル化

非同期モデル及びパラレルモデルを含む高度なモデル化の概念

システム開発のアプローチ知識項目を表示

▼知識項目

エンドユーザ開発のシステム

オブジェクト指向開発技術(ボトムアップ設計、再利用の支援)

システムエンジニアリングの考察

システムの構成要素としてのソフトウェア

システム開発アプローチの選択

システム開発のライフサイクル:ソフトウェアのライフサイクルモデル(反復による強化、フェーズ分け開発、スパイラル、ウォーターフォール)

システム開発モデル(例:SDLC、プロトタイピング)

システム設計の方式とツール

ソフトウェアの生成方式とツール(スクラッチからの設計とコード作成、プログラム及びアプリケーション生成プログラム、高水準言語、再利用可能なコンポーネント)

ソフトウェアプロセス及びプロダクトライフサイクルモデル

ソフトウェア構成要素の統合

データ指向開発技術

パッケージの取得と実装

パッケージ使用による開発

プロセス指向開発技術

プロトタイピングによる開発

ソフトウェア要件定義知識項目を表示

▼知識項目

DFD(Data Flow Diagram)

E-R図

UML

アーキテクチャモデル

シェルスクリプトの設計に関する知識

システム運用管理方式に関する知識

システム機能定義に関する知識

システム分析:必要性の識別、実現可能性の検討、経済性の検討

スキルの蓄積

ソフトウェア要求事項の定義(機能要求/非機能要求の明確化)

ソフトウェア要求事項の定義(要求定義)

ソフトウェア要求事項の定義(要求分析手法)

ソフトウェア要求事項の評価・レビュー(ソフトウェア要求定義レビュー)

ソフトウェア要件の確立(機能、能力、インタフェースほか)

ソフトウェア要件の評価

チェックディジット法

データモデリングツール

データモデリング技法

トップダウンアプローチに関する知識

バックアップリカバリ方式に関する知識

ヒアリング

ヒューマンインターフェイスに関する知識

プロトタイピング、シミュレーション、モデリング

プロトタイピング、再利用の概要

プロトタイプ

ユースケース

レポート設計に関する知識

移行スケジュールの記述項目

移行テストに関する知識

移行中の影響分析に関する知識

移行方式に関する知識

画面設計に関する知識

機能および非機能要求の違い

機能以外の要件、可能性の範囲、資格問題

形式仕様技法の基本概念

個別のアプリケーション、コンピュータシステムの構築(デスクトップPC、ノートPC、ハンドヘルドデバイス、ディジタルカメラ、携帯電話、テレビ電話等)

人的要因

人的要因問題:標準、ユーザインタフェースの設計

正常、異常時の運用方式と運用フロー設計に関する知識

専門家の役割と経験

標準化コードに関する知識

変更管理プロセス設計に関する知識

要求獲得する方法

要求分析モデル化技法

要件の性質:機能要件と機能以外の要件

要件決定のアプローチ:分析作業とその要素(コミュニケーションと情報収集を含む)

論理モデル

ソフトウェア開発のフォールトトレランス知識項目を表示

▼知識項目

オペレーティングシステムとデータ構造におけるフォールトトレランス

ソフトウェアフォールトトレランスの実現方式:Nバージョンプログラミング、回復ブロック、ロールバック、回復

ソフトウェア信頼性モデル

データベースと分散システムにおけるフォールトトレランス

受入れ支援知識項目を表示

▼知識項目

IT基盤構築プロセス

システムのリリース手順の作成に関する知識

システム又はソフトウェアの受入れレビューと受入れテスト

システム又はソフトウェアの納入と受入れ

データ移行設計に関する知識

テスト準備(テスト環境、テストデータほか)

ネットワークシステムの導入と移行に関する知識

ユーザビリティ(使い易さ)テスト

教育訓練

業務移行戦略

業務引継ぎに関する知識

業務指示に関する知識

業務内容の把握に関する知識

計画の評価に関する知識

受入れレビューと受入れテストに関する知識

設計カバレッジ(リスト網羅、マトリクス網羅)

利用者マニュアル

構築品質知識項目を表示

▼知識項目

アサーション

セキュリティ指向レビュー

テスト優先開発

デバッギング

静的分析

防御的プログラミング

テスティングツール知識項目を表示

▼知識項目

キャプチャ/リプレイ・ツール

テストジェネレータ

テスト用具(ドライバ、スタブ)

トレーサ

回帰テスティングツール

信頼性評価ツール

神託者/ファイル比較/アサーション検査・ツール

網羅度分析ツールおよび網羅度計測ツール

(システム) ソフトウェアの利用技術 アプリケーション計画知識項目を表示

▼知識項目

ISアーキテクチャの計画

ISセキュリティ、プライバシ及び管理のための計画

RFP(Request for Proposal)

インフラストラクチャ計画(ハードウェア、通信、データベース、サイト)

システム規模、ファンクションポイント、COCOMO、複雑さ管理のメトリクス

プロジェクトの打ち切り、損害賠償

運用のための計画

検収

見積もりの考え方、見積もりの方法

発注

発注と権利(著作権、使用権)

発注管理

既存ソフトウェアの把握技法知識項目を表示

▼知識項目

コードクローン分析

ソフトウェア若化

プログラム理解

リエンジニアリング

リバースエンジニアリング

運用の技法

保守の技法

保守性

ソフトウェアの進化や保守知識項目を表示

▼知識項目

(技術面とビジネス面での)システムおよび業務プロセスのリエンジニアリング

(技術面とビジネス面での)マイグレーション(移行)

データのリバースエンジニアリング

プログラムの理解とリバースエンジニアリング

プログラム変換

リファクタリング

レガシーシステムの扱い(ラッパーの利用など)

影響解析

進化や保守のコストモデル

進化や保守のモデル(理論面、法制面など)

進化や保守の基礎

進化や保守の計画(アウトソーシング、内製など)

進化や保守の対象間の関係(前提、要求、アーキテクチャ、設計、ソースコードなど)

(システム) プラットフォームの基礎技術 オペレーティングシステム知識項目を表示

▼知識項目

OSとシステムコール

OSのタイプ(単一ユーザ、複数ユーザ、ネットワーク)

OSの機能

OSの種類と特徴

OSの相互運用の可能性と互換性(例:オープンシステム)

OSユーティリティ

POSIX、Win32API

アーキテクチャ、オペレーティングシステムの目標と構成(構成法、レイヤーモデル、オブジェクトサーバモデル)

アプリケーションからの要求、ハードウェアおよびソフトウェア技術の発展

インターネット接続とルーティング、サーバとサービス

オーバーレイ、スワッピング、区分

オーバレイ、スワッピング、パーティション

オペレーティングシステム、ユーティリティ、ツール、コマンド及びシェルプログラミング

オペレーティングシステムとハードウェアアーキテクチャの相互作用

オペレーティングシステムに関連する補完的な教材

オペレーティングシステムに固有なアプリケーションプログラムインタフェース(API)の概念

オペレーティングシステムの概要

オペレーティングシステムの原理

オペレーティングシステムの領域への貢献や影響が認められる人物

オペレーティングシステム構成法

カーネル(システムコール・サービス)

カーネル(スケジューラ)

カーネル(割り込み制御)

キャッシング、ページング、スケジューリング、メモリ管理、セキュリティなどのポリシー

クライアントサーバモデルやハンドヘルドデバイスを支援する機構

コンテクスト切り替え機構

システムコール使用の具体例

システムセキュリティの概要

システムの最適化とチューニング

システムブートストラッピング/初期プログラムロード

システム運営と管理

システム運営機能(バックアップ、セキュリティ及び保護、ユーザの追加と削除)

システム構成

システム性能評価

システム性能評価が必要な理由と評価対象

システム生成

ジョブ管理

シリアルデバイスとパラレルデバイスの特性

スケジューラとスケジューリングポリシー

スケジューラとスケジューリング方策

スケジューリングポリシー

スラッシング、作業用セット

セキュリティ、ネットワーキング、マルチメディア、ウィンドウの影響

セキュリティと高信頼化

セキュリティの方式と装置

その他のスケジューリングポリシー(EDFなど)

ダイレクトメモリアクセス

タスク、プロセス、コンテクストスイッチャのディスパッチング、割込みの役割

ディスパッチングとコンテキストスイッチング

ディレクトリの内容と構造

データ管理

データ構造(実行可能リスト、プロセス制御ブロックなど)

デッドラインとリアルタイム問題

デッドロックの要因、発生条件、回避法

デバイスの構成

デバイス管理システムコール

デバイス差異の抽象化

ネーミング、探索、アクセス、バックアップ

ネットワーク管理システムコール

ハードウェアの進化(経済力、制約)

バッファリング方式

ファイルシステム

ファイルシステムのパーティショニング、マウント、アンマウント、仮想ファイルシステム

ファイルとディレクトリシステム

ファイルのデータ、メタデータ、操作、編成、バッファリング、シーケンシャルアクセス、非シーケンシャルアクセス

ファイル管理システムコール

ブート(スタートアップ・ルーチン)

ブートストラップ

フリーリスト、レイアウト、サーバ、割込み、障害の回復

プリエンプティブおよびノンプリエンプティブスケジューリング

プロセス/タスク管理

プロセスとスレッドの定義

プロセスの構造とスケジューリング

プロセス管理(並行プロセス、同期化)

プロセス管理システムコール

プロセス間通信スタイル(メールボックス、RPCなど)

プロトコルスイート(通信とネットワーク接続);ストリームとデータグラム

ページとセグメント

ページングとセグメンテーションの比較

ポリシーと機構の分離

マルチプロセッシングの問題(スピンロック、再入可能性)

メッセージ通過と共有メモリ通信

メモリマップとファイル

メモリ管理

メモリ管理システムコール

メモリ保護

メモリ保護、回復管理

モデルとメカニズム(例:ビジー待機、スピンロック、デカーのアルゴリズム、セマフォア、mutexロック、領域、モニタ)

モデルと機構(セマフォ、モニタ、条件変数、ランデブー)

ユーザ状態およびシステム状態と保護の概念、カーネルモードへの移行

リアルタイムシステムと組込みシステム

リアルタイムシステムと組込型システムのアーキテクチヤ

リアルタイムシステムにおける特別な配慮(障害、リスク、回復)

レート単調スケジューリングの理論と実践

ワーキングセットとスラッシングの関係

暗号化

仮想記憶

回復管理

割込み

割込みの役割

機能および設計、並行性、スケジューリング、ディスパッチ、メモリ管理、デバイス管理、ファイルシステム、セキュリティ、保護などの重要なトピック領域

記憶管理

共用アクセス、競合条件

構成法(モノリシック、階層型、モジュール化、マイクロカーネルモデル)

構造、実行可能リスト、プロセス制御ブロック

資源の配分とスケジューリング

障害回復

状態と状態図

人間との対話のためのOS支援(例:GUI、対話型ビデオ)

性能分析、評価及び監視

生産者消費者問題と同期

設計上の問題(効率性、頑強性、柔軟性、可搬性、セキュリティ、互換性)

専用ファイルシステム

組込型リアルタイムシステムにおける特別な配慮(タイミングの厳しい要求;信頼性、耐震性、耐故障性;入力と出力の考慮;時間に関係する問題の認識;並行性;複雑なインタフェース(装置、装置間、ソフトウェア);リアルタイムシステムのためのテストの不適合性)

相互排除」問題とその解

多重プログラミング

抽象、プロセス、資源

典型的なオペレーティングシステムの機能

二次記憶装置の管理

入出力デバイス管理と入出力

入出力管理

認証とアクセス制御

配置と再配置ポリシー

配置と置換えのポリシー

標準的な実現技術

評価データの収集方法(プロファイルおよびトレース機構)

評価モデル:決定的、解析的、シミュレーション、実装特化

物理メモリとメモリ管理ハードウェア

物理的メモリとレジスタ

分散及びリアルタイムシステムにおける同期化とタイミング

分散型オペレーティングシステム

並行プロセスの実行

並行実行における利点と欠点

並行性

並列・分散処理のためのオペレーティングシステムの機能

保護、アクセス、認証

保護とセキュリティ

保護のモデル

優先順位反転

優先的な、及び非優先的なスイッチング

利用者から見たオペレーティングシステム

ミドルウェア知識項目を表示

▼知識項目

Web、CGIの仕組み、JSP、EJBの把握、活用

インターネット技術

システム連携技術(メッセージング、ファイル交換等)

ディレクトリサービス

データベースマネージメントシステム

トランザクション処理

ミドルウェアの選択と利用

ミドルウェアの選定、機能と制約事項の理解

メッセージング技術

各種ミドルウェア(OSなどのAPI、Web API、各種ライブラリ、コンポーネントウェア、シェル、開発フレームワークほか)の役割と機能

分散オブジェクト管理

分散処理技術

並列処理技術

プラットフォーム技術知識項目を表示

▼知識項目

オペレーティングシステム(アーキテクチャと動作原理)

オペレーティングシステム技術の活用と実践(メインフレーム、分散機(オフコン)、UNIX、WINDOWS、Linuxなど)

サーバ(アーキテクチャと動作原理)

システム運用管理技術(運用技術、管理技術、保守技術、バックアップ/リカバリ技術、DR技術等)

ストレージ(アーキテクチャと動作原理)

ストレージ管理

データベースシステム

トランザクションシステム

ネットワーク接続機器

ファイルシステム(アーキテクチャと動作原理)

プロセッサー

ミドルウェア

印刷装置

運用ツール

通信制御

分散処理

並列処理

(システム) プラットフォームの構築技術 ITアーキテクチャ(ソフトウェア)知識項目を表示

▼知識項目

SANサポートシステム

オペレーティングシステム技術の理解

ストレージ相互バックアップシステム

ソフトウェアアーキテクチャの理解

ソフトウェアコンフィグレーションの理解

ソフトウェアシステムの信頼性と可用性と保守性の理解と活用

ソフトウェアプラットフォームの理解

リモートオペレーション

リモートセンタ間での同期処理

分散トランザクション処理

(システム) プラットフォームの利用技術 システムプラットフォームの受け入れ知識項目を表示

▼知識項目

構築品質に関するテスト計画/結果の評価

障害時運用方式に関する設計・テスト結果の評価

性能に関する設計・テスト結果の評価

システム診断技術と障害対策技術知識項目を表示

▼知識項目

システムモニタリング技術

システム解析・診断技術

障害復旧技術

製品知識(プラットフォーム)知識項目を表示

▼知識項目

オペレーティングシステム(メインフレーム、オフコン、Unix、Windows、Linux等)

ソフトウェア製品

テストツール

ハードウェア(サーバ、ストレージ等)

ハードウェア製品

バックアップツール

プロセッサ、記憶装置、印刷装置、オペレーティングシステム、データベースシステム、トランザクションシステム、ミドルウェアの評価と選定

ミドルウェア(クラスタミドルウェア、データベースマネージメントシステム(DBMS)、WEBサーバ、APサーバ等)

運用管理ツール

(システム) クラウドコンピューティングの基礎技術 クラウドコンピューティング基礎知識項目を表示

▼知識項目

IAAS

PAAS

SAAS

ハイブリッドクラウド

パブリッククラウド

プライベートクラウド

(システム) クラウドコンピューティングの構築技術 クラウドアプリケーション実装技術知識項目を表示

▼知識項目

HTML5

Open Virtualization Format (OVF)

クラウドベースの開発プラットフォーム

(システム) クラウドコンピューティングの利用技術 クラウドコンピューティング利用知識項目を表示

▼知識項目

3つの技術分野と5つの非機能要件

アイデンティティ管理

クラウドコンピューティングにおける各種の標準

クラウドコンピューティングの使用をサポートする

クラウドサービスに求められるもの

クラウドサービスの特殊性

クラウドと社内システムとの連携

セキュリティとクラウド

ビジネスケース

導入の評価

(開発) システムアーキテクティング技術 システム要件定義知識項目を表示

▼知識項目

アクセス統合設計に関する知識

アプリケーション開発ツールに関する知識

アプリケーション開発に関連する規格及びモデルに関する知識

アプリケーション構造の知識

アプリケーション統合設計に関する知識

アプリケーション保守設計の知識

インシデント管理問題管理、変更管理プロセス設計に関する知識

キャパシティ設計に関する知識

キャパシティ要件定義に関する知識

システムの評価と改善に関する知識

システム化戦略策定の知識

システム管理運用設計に関する知識

システム分析と要求定義(機能要求/非機能要求の明確化)

システム分析と要求定義(要求定義)

システム分析と要求定義(要求分析手法)

システム分析と要求定義のレビュー(システム要求仕様のレビュー)

システム要件の評価

システム要件定義(機能、能力、業務・組織及び利用者の要件、設計制約条件、適格性確認要件ほか)

シミュレータに関する知識

セキュリティ設計に関する知識

セキュリティ設計の知識

ソフトウェア開発に関連する規格及びモデルに関する知識

ソフトウェア製造の知識に関する知識

チェックリスト分析に関する知識

データベースアクセス設計の知識

データモデリングに関する知識

データ統合設計に関する知識

テストに関する知識に関する知識

デバッガに関する知識

トランザクション設計の知識

ニーズの分析と優先順位付けに関する知識

ネットワークに関する知識

ネットワーク設計に関する知識

パフォーマンス設計に関する知識

バリューチェーン分析に関する知識

プラットフォーム設計(OS、ミドルウェアなど)に関する知識

プラットフォーム設計に関する知識

プラットフォーム選定に関する知識

プロセス統合設計に関する知識

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)モデル

マイルストーンの明確化に関する知識

ユーザインタフェース統合設計に関する知識

ユーザ要求、プロジェクト範囲、目的の明確化に関する知識

移行要件の記述項目

運用、操作要件の記述項目

可用性設計に関する知識

開発ツール評価技術

開発環境要件の記述項目

開発工程に関する知識(サブプロセス、メジャメント、要員配置、ツール、成果物など)

外部設計知識に関する知識

拡張性設計の知識

拡張性要件定義に関する知識

監視方式に関する知識

機能モデルの記述項目

技術要件の記述項目

現行IT環境分析に関する知識

現行業務フローの記述項目

構成管理ツールに関する知識

資源要求の調査に関する知識

事業ライフサイクル(導入期、成長期、成熟期、衰退期)モデル

情報システム調査分析手法

情報システム評価手法

状況レビュー会議の運営に関する知識

新機能要件の記述項目

新業務フローの記述項目

性能設計の知識

性能要件定義に関する知識

正常、異常時の運用方式と運用フロー設計に関する知識

内部設計知識に関する知識

品質要件の記述項目

物理データ構造設計に関する知識

文書レビューに関する知識

変更管理プロセス設計に関する知識

保守の知識に関する知識

目標の設定に関する知識

問題、課題の明確化に関する知識

要求の獲得と調整(マインドマップによる要求獲得)

要求の獲得と調整(ユースケース図による要求整理)

要求事項評価に関する知識

要件の定義と文書化に関する知識

要件調査の実施に関する知識

要件定義に関する知識

論理データ構造の知識

IT基盤構築プロセス知識項目を表示

▼知識項目

システムの評価と改善

システム化要件定義

システム計画策定

システム方式設計

セキュリティ監査

セキュリティ方針と対策基準の策定

移行設計

構築とテスト

障害管理

保守

システム方式設計知識項目を表示

▼知識項目

ATM(Asynchronous Transfer Mode)、フレームリレーなど回線に関する技術

キャパシティ要件定義に関する知識

システムの最上位の方式確立(ハードウェア・ソフトウェア・手作業の機能分割、ハードウェア方式設計、ソフトウェア方式設計、システム処理方式設計、データベース方式設計ほか)

システム運用に関する知識

システム運用管理に関する知識

システム運用管理方式に関する知識

システム監視(稼動監視、障害監視、性能監視、閾値監視)に関する知識

システム管理に関する知識

システム管理運用設計に関する知識

システム基盤テスト戦略、計画の記述項目

システム基盤移行戦略、計画の記述項目

システム基盤設計ツールに関する知識

システム基盤設計技法

システム構成設計技術

システム方式に関する知識(ハードウェア・ソフトウェア・手作業の機能分割、ハードウェア方式、ソフトウェア方式、アプリケーション方式・IT基盤構築・維持・管理)

システム方式の評価

ジョブ管理に関する知識

セキュリティ設計に関する知識

ハードウェアとソフトウェア間の機能および性能分担の決定(システムのハードウェア構成の検討)

ハードウェアとソフトウェア間の機能および性能分担の決定(ハードウェア/ソフトウェア間の機能/性能分担の検討)

ハードウェアとソフトウェア間の機能および性能分担の決定(実現可能性の検証)

ハードウェアやソフトウェアの構成管理に関する知識

バックアップとリカバリに関する知識

バックアップリカバリ方式に関する知識

パフォーマンス計測技術

パフォーマンス設計に関する知識

パラメータ設計

プラットフォームに関する知識

プロジェクトスコープ記述書の項目

リスクの評価技術

リスク識別技術

可用性設計に関する知識

実現可能性の検証とデザインレビュー(実現可能性検証)

信頼性実現技術

性能設計技術(性能・容量を考慮した設計技術および見積もり技術)

導入知識項目を表示

▼知識項目

システム又はソフトウェアの導入の実施

システム又はソフトウェアの導入計画の作成

移行スケジュールの記述項目

移行テストに関する知識

移行中の影響分析に関する知識

移行方式に関する知識

(保守・運用) ITサービスマネジメント業務管理技術 ITサービスマネジメントの業務フロー分析知識項目を表示

▼知識項目

業務フロー図

体制図・責任分担表

運用業務管理システムの運用管理知識項目を表示

▼知識項目

運用業務管理の各種情報伝達ツールの維持管理

運用業務管理システムの導入・設定知識項目を表示

▼知識項目

運用業務管理の各種情報伝達ツールの導入・カスタマイズ

(保守・運用) システム保守・運用・評価 システム運用管理設計知識項目を表示

▼知識項目

インシデント管理・問題管理、変更管理プロセスの設計

シェル・スクリプトの設計

システム運用管理移行テスト準備

システム運用管理移行設計

ジョブネット管理方式

ログローテーション、バックアップ、切り替え、参照方式

システム運用方式技法知識項目を表示

▼知識項目

サービス水準管理

システム運用管理方式(ジョブ自動制御等)

システム管理ツールの選定、導入

システム管理要件の実現

セキュリティ管理製品の評価、選定

バックアップ・リカバリ方式

パフォーマンス、キャパシティ管理

運用管理

回復管理

監視方式(稼動監視、障害監視、性能監視、閾値監視)

構成管理

資源管理

変更管理

問題管理

システムの投資評価技法知識項目を表示

▼知識項目

情報システムの投資評価技法

システム管理計画知識項目を表示

▼知識項目

SLA

サービスデスク

システムおよびサービス提供の費用見積もり

システム運用管理方針

ユーザサービスレベル方針決定

システム管理技術知識項目を表示

▼知識項目

アクセス管理機能

システムソフトウェアやミドルウェアの管理機能のインタフェース技術

システム資源監視技術

ジョブ管理機能

ストレージ管理機能

ソフトウェア配布機能

ハードウェアやソフトウェアの構成管理機能

パフォーマンス計測技術

プロセス監視技術

ユーザ管理機能

リスク管理機能

遠隔操作機能

システム保守基準知識項目を表示

▼知識項目

メンテナンス基準(対象範囲サイクル)

メンテナンス手続き基準(申請承認手続き)

システム管理製品知識項目を表示

▼知識項目

アプリケーションのパフォーマンス計測技術

サーバーやネットワークなどの監視対象のシステム資源やプロセスの監視技術

システムソフトウェアやミドルウェアの管理機能のインタフェース技術

ジョブ管理、遠隔操作機能、アクセス管理、ユーザ管理、リスク管理、ストレージ管理

ハードウェアやソフトウェアの構成管理機能とソフトウェア配布機能

運用管理ソフト製品知識項目を表示

▼知識項目

インシデント管理ツール

ジョブ実行管理ツール

バックアップリカバリツール

ファシリティ

リモート操作ツール

移行支援ツール

監視ツール

機器

情報収集ツール(ログ収集等)

配布ツール

保全ツール

障害時運用方式知識項目を表示

▼知識項目

リカバリ方式

リリース失敗時の戻し方式

緊急リリース方式

縮退運転方式

障害検知方式(障害メッセージ体系を含む)

災害対策知識項目を表示

▼知識項目

災害対策

構成管理知識項目を表示

▼知識項目

クロス・レファレンサ

データフロー・アナライザ

プログラム・スライサ

ライブラリ管理ツール

依存度アナライザ

静的アナライザ

動的アナライザ

保守技術知識項目を表示

▼知識項目

プロジェクト関連サポートツール

会社規模プロセスサポートツール

個別サポートツール(版コントロール、ビルド処理、変更コントロール)

保守技術

メンテナンス知識項目を表示

▼知識項目

OS分野

Web分野

インストール

クライアントサービス

コンテンツ管理

コンテンツ配置(ファイルシステム計画と構造)

サーバサービス(データベース、Web、ネットワークサービス、その他)

サーバサービス(プリント、ファイル、DHCP、DNS、FTP、HTTP、メール、SNMP、telnet)

サーバ管理

サイト管理のためのドキュメンテーション

サポート

システムサポート

システム構成

セキュリティマネージメント

ツールによるサポートとその性質

データベース分野

ネットワーク分野

ハードウェアアップグレード時やツール開発時などに一部のシステムで不可避なメンテナンス

バックアップ管理

メンテナンス(サービスパック、パッチ、その他)

メンテナンスに関連する振る舞いのパターン(ハードウェア、ソフトウェア、通信、トレンド)

メンテナンスの性質:欠陥の削除、アップグレード、機能向上

メンテナンス通知の測定基準(ボトルネック)

ユーザサポートと教育

ユーザサポート分野

ユーザとグループの管理

影響分析、メンテナンスに関連する意思決定、構成制御委員会の役割

工学システムにおける構成管理とバージョン管理、その必要性、それに関連する問題、保持する情報の性質、法的要件、災害対策計画

災害復旧

資源管理

自動化管理(自動ジョブスケジューリング)

将来の再利用に向けたスキルの蓄積、問題、バランス、選択肢

保守・廃棄知識項目を表示

▼知識項目

サービス要請と変更管理

システムとソフトウェア保守の概念

システムライフサイクル

システム又はソフトウェアの廃棄

システム又はソフトウェアの保守の形態

システム又はソフトウェアの保守の手順

セキュリティ管理

セキュリティ技術

その他のツール(CASEツールなど)

ソフトウェアの保守の様々な形態、関連領域、構成管理とバージョン管理の役割と性質

ソフトウェア再利用において、長所と短所

ソフトウェア部品の利用

ソフトウェア要求の評価と改善

ツール統合機構

データベースを利用したツール、その設計と開発

データモデル設計

テスティング

テストケース設計

テストツールの活用

テストデータ準備

テスト環境設定

テスト管理

テスト手法

プログラミング環境

プログラム理解

マイルストーンの明確化

メンテナンス手続き基準(申請承認手続き)

モデリング技法と記述法(ER図など)

リエンジニアリング

リスク分析手法

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングとリエンジニアリング

レガシーシステムの問題点

移行

影響分析

影響分析、回帰テスト、関連ソフトウェアのサポート

開発環境稼働状況管理に関する知識

開発環境設計

開発投資対効果

開発品質に関するテスト計画/結果の評価

外部設計書作成

機能設計

現状分析

構成管理ツール

構成管理に関する知識

障害時運用方式に関する設計・テスト結果の評価

情報システムの評価

性能に関する設計・テスト結果の評価

退役撤収

調整と均衡化

内部データ設計

保守技術

保守容易性

保全性の高いソフトウェアの特徴

目標の設定

問題・課題の明確化

要求事項定義

要求分析

要求分析および設計モデリングツール

(保守・運用) 障害修理技術 障害状況把握・原因特定知識項目を表示

▼知識項目

エスカレーション体制

ソフトウェア製品のエラーコードの解析

ソフトウェア製品のログの解析

トレースツールの理解と活用

ナレッジベースの活用と実践

ハードウェア内蔵診断プログラムの理解と活用

メモリダンプの解析

現状の状態確認(稼動・休止・停止等)

再現テストの実践

障害原因の究明

障害診断プログラムの理解と活用

状況表示確認(エラーコード・ランプ・メッセージ等)

障害コール受付知識項目を表示

▼知識項目

お客様プロフィールの理解(契約情報、住所、担当、機種、他)

障害箇所判断(一次処置依頼、必要資材想定)

状況問診(状況表示、現状の状態、経緯等)

処置・修復作業の実践・動作検証知識項目を表示

▼知識項目

エラーコードの解析

テストプログラムの理解と活用

テスト媒体の理解と活用

トレースツールの理解と活用

ネットワーク監視ツールの理解と活用

メモリダンプの解析

ログの解析

障害修理完了手続きと報告の実践

障害部位の調整、交換、修理

障害復旧マニュアルの理解と活用

測定器、テストツールの活用

必要資材、工具、測定器の理解

問題判別とトラブル解決