スキル一覧



「IT企業の中小規模案件において求められる人材(サービスキュレーション)」のスキル例

以下は、「IT企業の中小規模案件において求められる人材(サービスキュレーション)」で定義されているスキル例です。これらを参考にしながらスキルや職種を定義してください。
また、各スキルの詳細を参照する場合は、「知識項目を表示」ボタンをクリックしてください。
この職種に関する研修・書籍・資格の情報が こちらから検索できます。

スキルカテゴリ スキル分類 スキル項目
メソドロジ (戦略) 市場機会の評価と選定 最新技術動向把握の手法知識項目を表示
(戦略) マーケティング ブランド・製品戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

オファリング内容の策定

ブランドエクイティ

ブランドロイヤリティ獲得

ブランド戦略

ブランド戦略との関係

ブランド戦略の決定(ライン拡張、ブランド拡張、マルチブランド、共同ブランド)

ブランド戦略開発プロセスと手法

ブランド体系(コーポレートブランド、事業ブランド、ファミリーブランド、製品またはサービスブランド等)

プロダクトに関する意思決定

プロダクトの市場リサーチ手法

プロダクトポジショニング

プロダクトライフサイクル

価格設定に影響する要因

価格設定手法(原価志向、需要志向、競争志向)

価格戦略

価格調整

広告戦略

市場細分化と標的市場の選定

新規プロダクトの開発

新製品の価格設定(上澄み吸収価格設定、市場浸透価格設定)

製品またはサービスラインとブランド

製品ミックス価格設定

マーケットコミュニケーション戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

AIDAモデル(Attention、Interest、Desire、Action)の理解と活用

Webマーケティング

イベントマーケティングの計画と実践

イベント等の企画

イメージ分析

キャンペーンマネジメントの活用、実践

クリエイティブ戦略

コミュニケーションミックスの決定と広告戦略

ターゲットの設定

ダイレクトマーケティング

パートナーとの遂行

プッシュ戦略とプル戦略

プロモーションの効果測定

プロモーションミックスの活用手法

プロモーション計画の策定

マーケッティングミックス

マーケットコミュニケーションチャネルの選択

マーケットコミュニケーション手段の理解と活用

マーケットコミュニケーション戦略の策定

マーケットコミュニケーション評価

マーケットコミュニケーション目標の設定と予算の確定

メッセージの作成

メッセージプランニング

メディア戦略

メディア選択

ライフタイムバリュー(LTV)

改善案の検討と実施

競争優位な販売促進の実施

競争優位のプロモーション実施(ダイレクトマーケティングキャンペーンなどによる差別化)

購入者特性と購買心理

消費者行動モデル

戦略的な広告計画と実施

販売促進戦略

標準視聴者の明確化

評価の実施

評価基準と評価方法の決定

評価結果の分析

目標の決定

予算の決定

マーケティングマネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

サービスにおける差別化の検討

サービスビジネスのマーケティング戦略策定手法

サービス品質の管理

セグメンテーション

ターゲティング

バリューチェーン分析手法

ビジネス戦略(経営戦略、事業戦略)の把握

ポジショニング

マーケットコミュニケーション戦略

マーケティングプログラムの評価

マーケティングプログラム計画策定と実施

マーケティングプログラム実践手法

マーケティングプロセス(ポジショニング)

マーケティングプロセス(マーケティング環境の分析、市場の機会と脅威の発見、市場細分化と標的市場の選定、ポジショニング、マーケティングミックス)の理解と実践

マーケティングプロセスの適用と実践手法

マーケティングマネジメントの実施

マーケティング環境分析と市場機会の発見

マーケティング計画(戦術、実施項目、マイルストーン等)策定と実行

マーケティング施策の策定

マーケティング施策の実行

マーケティング施策の把握

マーケティング実行計画の作成

マーケティング実行計画の策定

マーケティング手法

マーケティング戦略の策定と実践

マーケティング戦略の策定プロセスの理解

マーケティング戦略の把握

マーケティング理論

価格戦略

企業理念の把握

顧客のITサービス嗜好取引形態の把握

顧客の購買行動モデル

購買決定プロセス各段階の理解

購買決定者

購買行動に影響を与える要因の理解(文化的要因、社会的要因、個人的要因、心理的要因)

市場細分化(地理的変数、人口動態変数、心理的変数、行動上の変数等)

事業ポートフォリオの設計

実現性

消費者行動モデル

垂直統合サービス

製品ビジネスとサービスビジネスの相違点の理解

製品またはサービス戦略

戦術、実施項目、CSF(Critical Success Factor)、マイルストーン等の検討と反映

戦略的オプションの検討

販売チャネル戦略

標的市場の選定

評価基準の設定

優先度の検討

マーケティング分析手法知識項目を表示

▼知識項目

3C分析

5Forcesモデル

7Sモデル

SWOT分析

バリューチェーン分析

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)モデル

マーケティング分析

経験カーブ

事業ライフサイクル(導入期、成長期、成熟期、衰退期)モデル

(戦略) 製品・サービス戦略 製品戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

ポジショニング戦略の策定

マーケティングプロセスの応用(インダストリアル製品)

マーケティングプロセスの応用(コンシューマ製品)

外部環境分析

差別化の検討

事業のミッションの設定

事業目標設定

自社の強み分析

新製品または新サービスの開発

製品またはサービスのライフサイクル段階の分析

製品またはサービスラインとブランド

戦略と施策の策定プロセスの理解と実行

内部環境分析

評価と管理

サービス戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

「方法」のパターン

SOA

SWOT分析

アクセスベースのポジショニング

エグゼクティブ・サマリ

オプション空間ツール

サービス・ポートフォリオ

サービス・モデル

サービスデザイン

サービストランジション

サービスマネジメントシステム

シミュレーション

タイミングのパターン

ニーズベースのポジショニング

バリュー・ステートメント

ビジョン・ステートメント

フレームワーク(ISO/IEC 38500)

ベストエフォートによる管理

ミッション・ステートメント

モニタ(モニタリング、バランススコアカード、重要業績評価指標、リスク・アセスメント、コンプライアンスの監査、能力分析)

危機による管理

希望による管理

境界のパターン

顧客の要求による管理

種類ベースのポジショニング

需要ベースのポジショニング

状況分析

推定による管理

評価

分析モデル(デシジョン・ツリー、利得行列、階層分析法、線形計画法と整数計画法、目標計画法、待ち行列およびネットワーク・フロー・モデル、クラスタ分析、予測分析、時系列分析)

方向付け

優先度のパターン

ITSM戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

SLM

サービス・カタログ

サービス・ポートフォリオ

サービス・ライフサイクル

サービス定義

データのオーナシップ

データセンタ戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

SOA

データセンタの自動化

リアルタイム・サービス

仮想化

環境要因のキャパシティ管理

機器の標準化

方針ベースの管理

(戦略) 販売戦略 B2Bマーケティング戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

B2Bマーケティングプロセスの理解と実行

B2Bマーケティング概念

B2Bマーケティング戦略と立案手法

企業購買プロセス

企業市場と消費者市場の違い

購買意思決定者への影響

販売実行戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

CRMツールの活用と実践

カスタマデータベース活用と実践

セールス向けe-mailの活用と実践

セールス向け電話の活用と実践

ビジネス機会に対する戦略立案

ビジネス機会の発掘

ビジネス機会の明確化

ビジネス機会の優先順位づけ

実行計画策定

販売チャネル戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

コンフリクトと競争のタイプの理解

サービス水準の分析

チャネルメンバーの教育、動機付け、評価

パートナータイプの特性に応じた契約書の作成

取引条件の設定(取引総額、価格、在庫、数量、割引、フィナンシャル条件等)

動機付け

排他的テリトリ

排他的取引

販売チャネルコンフリクトの管理

販売チャネルコンフリクトの原因把握

販売チャネルコンフリクトの把握と管理

販売チャネルとのアライアンス戦略策定

販売チャネルの選択と設計

販売チャネルの段階数の理解と最適解の検討

販売チャネルへの支援

販売チャネルメンバーの選択

販売チャネル機能とフローの理解と最適解の検討

販売チャネル候補の特定、評価

抱き合わせ購入契約

目的の設定

(戦略) 製品・サービス開発戦略 顧客環境分析手法知識項目を表示

▼知識項目

コーポレートガバナンス

デシジョンプロセスの把握

デシジョンメーカの評価確認

企業経営の歴史

業界環境、関連規制の把握

業界競合他社情報の把握

業界固有ニーズ/ウォンツの把握と活用

経営指標の分析と把握

個別業務内容の把握

顧客IT環境の把握と分析

顧客のITサービス嗜好取引形態の把握

顧客経営方針の把握

顧客事業内容の把握

顧客主要マーケットの把握

顧客満足度概念の理解

顧客満足度調査の実施

最新システム管理技術動向の把握

最新セキュリティ技術動向の把握

最新データベース技術動向の把握

最新ネットワーク技術動向の把握

最新ハードウェア技術動向の把握

最新プラットフォーム技術動向の把握

最新ミドルウェア技術動向の把握

最新業界動向の把握

財務諸表に関する知識の活用

財務状況の分析と把握

財務分析手法の理解と活用

組織構造の把握

組織戦略

調査結果の分析、評価

評価結果による満足度向上計画の策定と実践

製品開発戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

SWOT分析

Unicode(国際符号化文字集合)、POSIX定義の国際化モデル、CDRA(Character Data Representation Architecture)などの標準やアーキテクチャー

ソフトウェア製品戦略の策定

マルチ言語対応

各国毎のガイドライン及び規制

各種システムのアクセシビリティ機能

顧客セグメント分析

自社の企業戦略の理解

地域、国毎の関連法規、規定、規格への対応

要求分析

技術開発計画知識項目を表示

▼知識項目

技術ロードマップ

技術開発拠点計画

技術開発投資計画

人材計画

製品応用ロードマップ

特許取得ロードマップ

技術開発戦略の立案知識項目を表示

▼知識項目

コア技術

技術獲得

技術供与

技術経営(MOT)

技術研究

技術提携

技術動向

業界動向の事例

産学官連携

成功事例

製品動向

発想法

標準化戦略

(戦略) システム戦略立案手法 システム化戦略手法知識項目を表示

▼知識項目

ANSI

CRUD分析

CSF(Critical Success Factor)

EA(エンタープライズアーキテクチャ)

ER図

IEC

IEEE

IETF

ISO

ITU

ITポートフォリオモデル

JSA

KGI(Key Goal Indicator)

KJ法

KPI(Key Performance Indicator)

MECE(ミーシー)

TDWI BI 成熟度モデル

W3C

システムライフサイクル

システム化戦略の策定

データフローダイアグラム(DFD)

バランススコアカード

ビジネスプロセスモデリング

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスモデル

プレスリリース

プログラムマネジメント

ベンダーの新製品情報

モデリング

ユーザのビジョン、ゴール、ビジネス戦略の把握

リスク分析手法

業界団体

業務パッケージを利用したシステム化戦略策定

業務モデル

業務分析手法

経済産業省などの公的機関の調査報告(特許動向など)

情報システムモデル

情報資産の識別方法(情報・データ、システム、人材、文書)

情報資産の評価方法(機密性、完全性、可用性に関する重要度、致命度、危険度)

情報資産台帳の内容

先進事例

全体最適化

標準化団体が主催する会合等への参加

標準化団体の発行物

システム活用促進・評価知識項目を表示

▼知識項目

BIツールに関する知識、情報システムモデル

CSF(Critical Success Factors)

IT活用教育の事例

PDCAサイクル(定期的レビュー、評価のフィードバックとアクション)

システム廃棄

システム利用実態の評価・検証

チェンジマネジメント

ディジタルディバイド

データの戦略的活用事例

データ活用

ナレッジマネジメント

バランススコアカード

ヒアリング手法

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスモデル

プロジェクト・チームのマネジメント

モチベーションマネジメント

仮説構築法

業務モデル

業務改善

業務分析手法

原因分析(ブレーンストーミング、アンケート調査、資料調査、面接調査、各種データ収集、分析、加工)

構造化手法

差異分析手法

情報システムユーザー利用実態の調査(モニタリング、目標達成度)

情報リテラシ

情報リテラシー教育事例

人材育成計画

統計解析手法

評価指標(KGI・KPI)の評価方法

評価制度(評価指標)

普及啓発

分析手法(作業分析、PTS法、ワークサンプリング法ほか)

問題解決手法

ソリューションビジネス知識項目を表示

▼知識項目

ASP

SOA

クラウドコンピューティング(SaaS、PaaS、IaaSほか)

ソリューションビジネスの種類とサービス形態

業務パッケージ

問題解決支援

業務プロセス知識項目を表示

▼知識項目

BPO

SFA

オフショア

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスプロセス表記手法

ビジネスモデル

フルフィルメント(受注処理)

業務モデル

業務改善

業務設計

業務分析

製品・サービスのライフサイクル

製品のライフサイクル

現行システムの調査・分析手法知識項目を表示

▼知識項目

IT価値の定義

IT価値管理のフレームワーク構築

エンタープライズアーキテクチャ(EA)

ニーズの分析と優先順位付け

企業モデル

業務モデル

現行IT環境分析

情報システムモデル

情報システム評価手法

新規技術要件の把握

問題点と機会の認識(例:サービスの要求、計画のプロセス)

要求定義と仕様化

事業戦略の把握・分析の手法知識項目を表示

▼知識項目

IT予算化状況の把握

KJ法

SWOT分析手法

エンタープライズアーキテクチャ(EA)

コアコンピタンス

コーチング

ステークホルダー・マネジメントに関する知識

バリューチェーン分析手法

ヒアリング

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)

ビジネスプロセスモデリング

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスプロセス分析・表記手法

ビジネスモデル

リスクマネジメントに関する知識

因果関係分析

環境分析のツールや手法に関する知識

企業理念

競争戦略

業務モデル

業務設計

業務分析手法

経営管理

経営戦略の把握

経営全般に関する知識

経営組織

経営論に関する知識

顧客のIT戦略の把握

差異分析手法

事業戦略の把握

全体最適化

組織全体の経営・事業運用に関する知識

当該事業に関する知識

情報システム戦略知識項目を表示

▼知識項目

ASP(Application Service Provider)

BPO(Business Process Outsourcing)

ITポートフォリオモデル

IT業界の動向(事例)

IT経営力指標

IT投資マネジメント

エンタープライズアーキテクチャ(EA)

クロスライセンス契約に関する知識

コントロールフレームワーク

システムオーナ

システムライフサイクル

システム構造

システム方式に関する知識(ハードウェア・ソフトウェア・手作業の機能分割、ハードウェア方式、ソフトウェア方式、アプリケーション方式・IS企画)

ソフトウェア契約に関する知識

データオーナ

バランススコアカード

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)

ビジネスプロセスリエンジニアリング(BPR)

ビジネスプロセス表記手法

ビジネスモデル

ビジネス環境分析手法

プログラムマネジメント

プロセスフレームワーク

ベンチマーク

ライセンス契約に関する知識

リスク分析手法

下請法

開発投資対効果

業務モデル

業務設計

業務分析手法

情報システムモデル

情報システム戦略の意義と目的

情報システム戦略実行マネジメント

情報システム戦略評価

情報化推進体制

情報化投資計画

正味現在価値法(NPV:Net Present Value)

製品知識製品動向(事例)

全体最適化

全体最適化計画

全体最適化方針

単純回収期間法(Pay-back Period method)

投資資本利益率(ROI: Return On Investment)

品質統制(品質統制フレームワーク)

(企画) システム企画立案手法 ソリューション提案手法知識項目を表示

▼知識項目

セールスチームの編成

ソリューションの設計

ソリューション評価

活動計画の立案

業界内競合他社情報の把握

顧客のソリューション購入と評価基準の明確化

後続活動の定義

購入意志の確認

事例の紹介

新規参入者の把握

提案ソリューションの選定

提案書の作成

提案内容の検討

適合性の評価

特定製品サービステクノロジの解説

特定製品とサービスのデモシナリオの作成

特定製品とサービスのデモンストレーション実施

(企画) セールス事務管理手法 セールス交渉手法知識項目を表示

▼知識項目

関連法規(契約関連、支払関連、回収関連、通信販売法、個人情報保護法、特許法、著作権法等)の理解と遵守

企業倫理規定の遵守

市場と顧客情報管理

信用調査

人事管理

目標管理

予算管理

経理事務手法知識項目を表示

▼知識項目

回収業務の実践

支払業務、回収業務知識の把握と活用

受注業務手配

受注業務知識の把握と活用

損益管理の実践

納期条件の確認、合意

売上の把握、コストの把握、損益の把握

物流業務手配

(利活用) サービスマネジメント 顧客関係マネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

顧客

顧客リレーションの確立、維持

(支援活動) 品質マネジメント手法 品質レビュー手法知識項目を表示

▼知識項目

CBR(Check list Based Reading)

CFIA(構成要素障害影響分析)

EMEA(エラーモード故障解析)

FTA(フォールトの木解析)

MISRA-C

PBR(Perspective Based Reading)

PQ(パタン・キュー)デザインレビュー

SBR(Scenario-Based Reading)

アドホックレビュー

アルゴリズム分析

インスペクション

インタフェース分析

ウォークスルー

エラーモード

ソフトウェアFMEA

ソフトウェアFMECA

チームレビュー

デザインレビュー(設計審査)

パスアラウンド

パストレース

ピアデスクチェック

ピアレビュー

フォールトに基づいた技法

フォールトモード

ペアプログラミング

モジュール展開

ラウンドロビンレビュー

ラン・スルー

リーディング技法

レビューの技法

レビュー方法

形式言語

形式手法に基づくレビュー

故障モード

仕様・コードに基づいた技法

七つの設計原理

制御フロー分析

静的解析

複雑度のメトリクス

複雑度分析

検査のマネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

IPD(統合製品開発)

ソフトウェア工場

ドキュメント検査

意思決定のマネジメント

検査

検査のマネジメント

検査計画

源流管理

合否判定

出荷判定

製品検査

製品検査工程

設計部門と検査部門の明確な分離

中間工程品質管理

中間成果物の検査工程

中間品質監査

品質の作り込み

品質マネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

DMAIC

IV&V

MAIC

QCサークル

Qfinity

SWQC

シックスシグマ

ソフトウェア品質推進活動

トヨタ生産システム(TPS)

レビュー重視

小集団活動

障害分析に基づく改善

全員参加

独立した品質保証部門の存在

日本におけるソフトウェア品質保証

品質マネジメント組織

品質会計

品質に関する基礎知識項目を表示

▼知識項目

5ゲン主義

DR(設計レビュー)

ISO/IEC 25000シリーズ(SQuaRE)

McCallの品質モデル

QCD

QCサークル活動

QC診断

RAD

SQC(統計的品質管理)

SQMAT

アンチパターン

エラー

コトづくり

サービスの品質

システム/ソフトウェア製品の品質モデル(ISO/IEC 25000シリーズ)

シミュレーションモデル

セーフティ

セキュリティ

ソフトウェアの品質

ソフトウェアの品質マネジメントの特徴

ソフトウェアパターン

ソフトウェア製品の品質モデル(ISO/IEC 9126シリーズ)

ソフトウェア品質

ソフトウェア品質モデル

ソフトウェア品質特性

ディペンダビリティ

ディペンダビリティの定義

ディペンダビリティ管理

ディペンダビリティ管理に関する規格

データ品質モデル

デミング賞

バグ

フォールト

プロセス品質

プロダクト品質

メトリクス

モデル化

モデル検査

ユーザビリティ

リライアビリティ

安全性

移植性

一元的品質

改善

外部特徴

外部品質特性

機能性

狭義の質

系統故障

経営管理の14の原則

結果系

検査重点主義

現地・現物

故障

顧客志向

効率性

工程管理重点主義

広義の質

使用性

次工程はお客様

小集団活動

消費者指向

障害

信頼性

新製品開発重点主義

図式モデル

数理モデル

生産性

製品品質

製品品質モデル

設計品質

全員参加

全社的品質管理

組織活性化

適合品質

当たり前品質

特性要因図

内部特徴

内部品質

内部品質特性

日本的品質管理

品質の概念

品質の作り込み

品質の相対性

品質の定義(Gerald M. Weinberg)

品質の定義(IEEE Std 610)

品質の定義(ISO 9000)

品質の定義(ISO/IEC 25000シリーズ)

品質の定義(James Martin)

品質の定義(Joseph M. Juran)

品質の定義(Philip B. Crosby)

品質の定義(Robert L .Glass)

品質の定義(Roger S. Pressman)

品質の定義(William E. Deming)

品質の定義(狩野紀昭)

品質の定義(石川馨)

品質の定義(飯塚悦功)

品質の定義(品質の考え方の変遷)

品質マネジメント

品質改善

品質管理(quality control)

品質計画

品質作り込み技術

品質第一

品質特性

品質副特性

品質保証

保守性

保全性

満足性

魅力的品質

無欠陥(Zero Defects)

有効性

要因系

利用時の品質

利用時の品質モデル

利用時の品質特性

論理的推論

セキュリティ品質に関する手法知識項目を表示

▼知識項目

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)

KAOS

SDL

STRIDE

UMLsec

アタックツリー分析

アタックパターン

クロスサイトスクリプティング

ゴール指向要求技法

コモンクライテリア

セキュアコーディング

セキュリティ

セキュリティテスト

セキュリティの技法

セキュリティパターン

セキュリティユースケース法

セキュリティ機能要件

セキュリティ設計

セキュリティ評価手法CEM(Common Evaluation Methodology)

セキュリティ保証要件

セキュリティ要求分析

セキュリティ要件

ファジング

フォレンジック

プライバシー

ペネトレーションテスト(侵入テスト)

ミスユースケース法

攻撃

情報セキュリティ

脆弱性

ユーザビリティ品質に関する手法知識項目を表示

▼知識項目

CIF(Common Industry Format for Usability)

UCD(人間中心設計)

UX(User Experience)

インタラクティブシステムの人間中心設計

エキスパートレビュー

ヒューリスティック法

ユーザーエクスペリエンス

ユーザビリティ

ユーザビリティテスト

ユーザビリティラボ

リモート・ユーザビリティテスト

効率性

使用性

使用性の技法

思考発話法

認知的ウォークスルー

満足性

有効性

セーフティ品質に関する手法知識項目を表示

▼知識項目

SIL(安全度水準)

アクティブセーフティ

エラープルーフ

エラー推測テスト

セーフティ

セーフティ・クリティカルシステムのテスト

セーフティの技法

ハザード(hazard)

ハザードに対するシナリオテスト

パッシブセーフティ

フェイルセーフ

フェイルソフト

フェイルソフトリー

フォールト・アボイダンス

フォールト・トレランス

リスクアセスメント技法(ISO/IEC 31010)

リスク低減技法

リスク抑制の完全性水準(Integrity Level)

レジリエンス(Resilience)

安全(safety)

安全機能

安全機能に対するテスト

安全性

安全性解析

危害(harm)

機能安全(Functional Safety)

固有安全(Intrinsic Safety)

故障モード

信頼性

本質安全(Inherent Safety)

法的権利・法的責任のマネジメント手法知識項目を表示

▼知識項目

OSSライセンス

PL法(製造物責任法)

個人情報保護法

商標法

知的財産権

知的財産権の法的権利・法的責任のマネジメント

知的財産権以外の法的権利・法的責任のマネジメント

著作権法

特許法

不正アクセス禁止法

法的権利・法的責任のマネジメント

品質要求分析手法知識項目を表示

▼知識項目

FURPS+

GQM手法

NFRフレームワーク

Planguage

QFD(品質機能展開)

RASIS

フィーチャーツリー

フィーチャーマトリクス

ユーティリティ・ツリー

概念モデル

機能要求

機能要求分析

非機能要求

非機能要求グレード

非機能要求分析

品質機能展開

品質表

品質要求定義

要求可変性分析

要求分析

品質マネジメントシステム構築手法知識項目を表示

▼知識項目

“品質第一”の考え方

CC/CEM

CC承認協定

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)

ITセキュリティ評価認証制度

QCサークル活動

QC診断

QMS

SQLインジェクション

TQC(総合的品質管理)

TQM(総合的品質マネジメント)

コモンクライテリア

セキュリティターゲット

セキュリティのマネジメント

セキュリティホール

ソフトウェア品質マネジメントシステムの構築と運用

データ・事実に基づく管理

バッファーオーバーフロー

プロセスアプローチ

プロテクションプロファイル

暗号アルゴリズムの危殆化

機能別管理

継続的改善

現地・現物

小集団活動

人間性尊重

脆弱性

脆弱性管理

全員参加

全員参加型の改善活動

全社的品質管理

組織活性化

認証制度

品質マネジメントシステム

品質マネジメントシステムに関する規格(ISO 9000シリーズ)

品質マネジメントシステム-持続的成功の指針(JISQ 9005)

品質改善

品質管理

品質計画

品質保証

品質目標

方針管理

品質管理に関する手法知識項目を表示

▼知識項目

IEEEにおける品質関連の標準

ISO 15504における品質関連の領域

ISO 15504の概要

ISO 9000シリーズ

ISO/IEEE 12207:「包括的」な標準

サービスの実現

ストレステスト(負荷試験)

その他のプロセス(改善)モデル

ソフトウェアCMMおよびCMMIにおける品質関連の領域

ソフトウェアの品質特性(信頼性、ユーザビリティなど)

ソフトウェアプロセス改善のモデルとメトリクス

ソフトウェア産業に対するマルコムボルドリッジ賞の基準

データ収集・表現技法

パレート図

ヒストグラム

ファシリテイの品質管理ツールと技法

フローチャート化

プロセス改善モデルの持つ品質に関する側面

プロセス保証の起源

プロセス保証の技法

プロセス保証の整理と報告

プロダクト品質

プロダクト品質のメトリクスと測定

プロダクト品質の分析・評価

プロダクト品質モデル

プロダクト保証の起源

ユーザビリティ

ラン・チャート

リスク・データ品質査定

リスク緊急度査定

リスク区分

リスク発生確率・影響度査定

管理者の責任

管理図

技法

欠陥修正レビュー

検査

根本原因分析と欠陥予防

散布図

受入れ/契約への適合

人、プロセス、技法、ツール、技術の役割

性能

組織ごとの標準の適用

測定と分析および改善

低い品質によって発生するコストと影響

定量的リスク分析とモデル化の技法(感度分析、期待金額価値分析、デシジョン・ツリー分析、モデル化とシミュレーション)

統計的サンプリング

特性要因図

発生確率・影響度マトリックス

標準仕様

品質コントロールの考え方

品質という概念の定義

品質に対する社会の関わり方

品質モデルのコスト

品質管理から見た運用管理

品質計画

品質向上に対する取り組みの次元

品質特性のアセスメント(ユーザビリティ、信頼性、アベイラビリティなど)

品質分析・評価のマネジメント

品質要求定義

保証とV&Vの違い

品質保証に関する手法知識項目を表示

▼知識項目

IV&V(Independent V&V)

NASAのIV & V

V&V(Verification & Validation)

V&V計画

プロセス

プロダクト

検証(Verification)

妥当性確認(Validation)

品質マネジメント

品質保証

品質測定・評価手法知識項目を表示

▼知識項目

Cyclomatic Number

GQM(Goal、Question、Metric)

LOC(ソースコード行数)

Software Science

システム及びソフトウェア測定

システム及びソフトウェア評価

ソフトウェアプロセス・プロダクト計量

ソフトウェアプロセス計算手法

ソフトウェア情報モデル

ソフトウェア測定プロセスに関する規格(ISO/IEC 15939)

ソフトウェア品質の考え方

ファンクションポイント

フォールト種まき

プロセスメトリクス

プロセス品質

プロダクトメトリクス

プロダクト品質

メトリクス

開発基盤のメトリクス

外部メトリクス

外部品質

間隔尺度

間接測定値

基本メトリクス

基本測定量

規模メトリクス

計量結果の品質

作業品質

指標

尺度

順序尺度

測定プロセス

測定尺度

測定値

測定理論

測定量

属性

直接測定値

導出メトリクス

導出測定量

内部メトリクス

内部属性

比率尺度

評価プロセス

評価基準

評価要求

評定水準

品質メトリクス

品質モデル

品質特性

品質副特性

複雑度のメトリクス

変異仕留め数

名義尺度

網羅度/徹底度計量尺度

利用時の品質メトリクス

(支援活動) リスクマネジメント手法 リスク管理手法知識項目を表示

▼知識項目

ISO 31000

ISO/IEC 27001

Risk IT

テクニカル・オブザベーション・ポスト

パレート分析

リスクに対する取り組み方法の策定

リスクの管理(M_o_R)

リスクの事前評価

リスクの識別

リスクへの対応

リスクマネジメント計画策定

リスク監視と管理

リスク管理の原則

リスク識別

リスク対応計画の策定

仮説検定

管理目的と管理方法の策定

残留リスクの承認

実現可能性の評価

障害の分離

親和図法

石川ダイアグラム

定性的リスク分析

定量的リスク分析

不測事態対応計画

(支援活動) 標準化・再利用手法 ソフトウェア開発プロセスの標準化手法知識項目を表示

▼知識項目

データの標準化

開発と取引のプロセスの標準化

情報システム基盤の標準化

標準化組織の設計、運営

ソフトウェアエンジニアリングの標準化手法知識項目を表示

▼知識項目

IT標準化手法

オブジェクト指向開発

セキュリティとプライバシ

セキュリティ対策ツールと手法

テスト技法

デバッグ技法

プログラミング技術

開発支援ツール技術

開発手法

外部設計

再利用手法

内部設計