スキル一覧



「(実装) ソフトウェアエンジニアリング手法」のスキル例

以下は、「(実装) ソフトウェアエンジニアリング手法」で定義されているスキル例です。これらを参考にしながらスキルや職種を定義してください。
また、各スキルの詳細を参照する場合は、「知識項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

スキルカテゴリ スキル分類 スキル項目
メソドロジ (実装) ソフトウェアエンジニアリング手法 セキュリティ実装手法知識項目を表示
ソフトウェアデザイン手法知識項目を表示

▼知識項目

UML

インタフェース設計

オブジェクト指向の基本概念

オブジェクト指向開発プロセス

サブコンポーネントの識別、役割定義

サブコンポーネント間の関係定義

システム機能設計

データモデルの設計

外部設計の手順

外部設計書の作成

機能設計

主なオブジェクト指向技術

製品情報の設計、開発

内部データ設計

内部設計書の作成

分析、設計、実装

ソフトウェアのモデリング手法知識項目を表示

▼知識項目

CASEツール

MBD(Model-Based Development)

MBSE(Model-Based Systems Engineering)

MDD(Model-Driven Development)

SysML

UML

アサーション(表明)

アジャイル開発

アナリシスパターン(プロブレムフレーム、仕様の再利用など)

ウォータフォール

エンタープライズシステムのモデリング(ビジネスプロセス、組織、ゴールなど)

サポートする表記法(データフロー図、状態推移図、BPMN、IDEF0、ペトリネット、UMLアクティビティ図)

スプレットシート

ツール統合技法

デ―タモデリング技法の活用と実践

ドメインのモデリング(ドメインエンジニアリング・アプローチなど)

トレーサビリティ

パフォーマンスモデリング技法の活用と実践

プロセスモデリング技法の活用と実践

プロトタイピング技法の活用と実践

ベンチマーキング技法の活用と実践

まとまりの分析(完全性、一貫性、ロバスト性など)

モデリングツール

モデリングの原則(分解、抽象化、汎化、投影/ビュー、明快性、形式的アプローチの利用など)

モデリング言語の性質

モデルの記述と意味(モデルの表現の理解)

モデルベース・システム開発(MBSD)

モデル化の技法

モデル駆動開発(MDD)

モデル検査

ライフサイクルモデル

レビューとインスペクション

一貫性の分析

機能のモデリング(コンポーネント図など)

形式検証の技法

形式手法

構造のモデリング(アーキテクチャなど)

構造化チャート(PAD)

試行錯誤法(ヒューリスティック法)

事前条件、事後条件、不変表明

受け入れテストの設計

情報モデリング

情報やデータのモデリング(ERD、クラス図など)

振る舞いのモデリング(構造化分析、状態遷移図、ユースケース分析、インタラクション図、FMEA、FTAなど)

進化型(evolutional)プロトタイピング

数理モデルと仕様記述言語(ZやVDM)の紹介

正当性の分析(静的解析、シミュレーション、モデルチェッキングなど)

組込みシステムのモデリング(リアルタイムスケジュール分析、外部インタフェース分析など)

相互作用の分析

追跡可能性

定理証明

品質特性(非機能特性)の分析(安全性、セキュリティ、性能、根本原因分析など)

品質特性の評価

不変条件

明快性(前提が全くない場合、全ての前提を記述する場合)

網羅性の分析

優先順位付け、トレードオフ分析、要求のためのリスク分析および影響解析

要求の評価のためのプロトタイピング(累積型プロトタイピング)

要求マネージメントツール

要求競合のための分析(機能競合、品質の家、ビューポイント分析など)

離散系のモデル化技法

連続系のモデル化技法

ソフトウェア開発手法知識項目を表示

▼知識項目

テスト計画と仕様の作成

デバッガ、シミュレータ等

プログラム設計基準

プログラム設計書の作成

開発環境

開発手法とプラットフォームの選定

各種ADツール

構成管理ツール

ソフトウェア製作手法知識項目を表示

▼知識項目

C、C++、COBOL、Basicなど各言語の特徴

UML

オブジェクト指向の基本概念

オブジェクト指向開発プロセス

グラフィカルな開発環境における開発

コーディング

テストケース設計

テストツールの活用

テストデータ準備

テスト環境設定

テスト工程、手順、手法の理解と実践

デバッガ、シミュレータ等

デバッグツールの活用と実践

開発環境

各種アプリケーション開発ツール

各種プログラミング言語技術、表記法の活用と実践

管理

構成管理ツール

仕様決定

主なオブジェクト指向技術

分析、設計、実装

ソフトウェア設計の表記手法知識項目を表示

▼知識項目

アスペクト指向設計

オブジェクト指向設計

コンポーネント準拠設計(CBD)

サービス指向アーキテクチャ

その他手法(形式手法、厳密手法、変換手法)

ソフトウェア設計ツール

ソフトウェア設計戦略(分割・克服、段階的詳細化戦略、トップダウン対ボトムアップ戦略、発見的手法を利用する戦略、パターンおよびパターン記述言語の利用、反復および暫時拡張手法の利用)

ビヘイビア記述(アクティビティ図、コミュニケーション図、DFDs、デシジョンテーブル・デシジョン図、フローチャート、シーケンス図、状態推移図・ステートチャート図、形式的記述言語、PDLs)

機能指向(構造化)設計(データフロー図、transformation analysis、transaction analysis、fan-in/out、scope of effectvs.Scope of control)

計量尺度

構造的記述(アーキテクチャ記述言語、クラス図・オブジェクト図、コンポーネント図、CRCs、配置展開図、ERDs、IDLs、ストラクチャードチャート)

反復法、適応法、アスペクト指向設計、サービス指向アーキテクチャ)

品質特性

品質分析および評価手法(ソフトウェアデザインレビュー、静的分析、シミュレーションおよびプロトタイピング)

開発プロセス設定手法知識項目を表示

▼知識項目

ASIL(自動車用安全度水準)

CMMI(能力成熟度モデル統合)

FDD(機能駆動型開発)

HAZOP

IDEAL

ISO/IEEE 12207:プロセスの要求

PLE(Product Line Engineering)

PSP(パーソナル・ソフトウェア・プロセス)

SIL(安全度水準)

SOUP(Software Of Unknown Pedigree)

SPL(Software Product Line)

TMMi(テスト成熟度モデル統合)

TPI(テストプロセス改善)

TSP(チーム・ソフトウェア・プロセス)

USDM

アーキテクチュラルパターン

アーティファクト駆動型手法

アクティビティ

アジャイル・ソフトウェア開発

アジャイルプロセスモデル

アジャイル法(RAD、XP、Scrum、FDD)

イテレーティブ開発

インクリメンタルモデル

ウォーターフォール型、RAD(Rapid Application Development)型、スパイラル型

エクストリーム・プログラミング(XP:eXtreme Programing)

エクスペリエンスファクトリ

エンタプライズプロセス

クリーンルーム手法

クリスタル

システムライフサイクルプロセスに関する規格(ISO/IEC 15288)

シナリオベース

スクラム

スパイラルモデル

スペックアウト

セーフティ・クリティカル・ライフサイクルモデル

セーフティゴール

ソフトウェア・メトリクス

ソフトウェアエンジニアリングプロセスグループ

ソフトウェアの決定論的原因故障

ソフトウェアプロセス

ソフトウェアプロセス・インフラストラクチャ

ソフトウェアプロセスマネージメント

ソフトウェアプロセス改善のためのマネジメント技法

ソフトウェアプロセス改善のマネジメント

ソフトウェアプロセス改善モデル

ソフトウェアプロセス査定モデル

ソフトウェアプロセス査定法

ソフトウェアプロセス適応

ソフトウェアプロセス能力改善のためのプロセスモデル

ソフトウェアライフサイクルプロセスに関する規格(ISO/IEC 12207)

ソフトウェア安全クラス

ソフトウェア安全度水準

ソフトウェア開発に関連する規格及びモデル

ソフトウェア部品の利用

タスク

チームによるソフトウェアプロセス(モデル、定義、組織、測定、分析、改善)

テクニカルプロセス

デザインパターン

ドメイン駆動型手法

トレーサビリティマトリクス(TM)

なぜなぜ分析

ハザード分析

ビジネスプロセスにおける位置づけ

フィーチャー

フレームワークなど

プロジェクトプロセス

プロセスアセスメントに関する規格(ISO/IEC 15504)

プロセスのインフラストラクチャ(開発者、ツール、教育など)

プロセスのテーラリング

プロセスのモデリングと仕様化

プロセスの改善(個人の改善、チームの改善)

プロセスの概念と用語

プロセスの測定と分析

プロセスモデルのモデリングと分析

プロセス定義のための表記法

プロセス定義のレベル(組織、プロジェクト、チーム、個人など)

プロダクトライン開発

プロトタイピング法(スタイル、ターケード、評価手法)

プロトタイプ

ペーパープロトタイピング

ベンチマーキングパラダイム

ポストモーテム

ユースケース駆動型手法

ライフサイクルフレームワーク

ライフサイクルプロセス

ライフサイクルモデル(アジャイル、ヘビーウェイト、ウォーターフォール、スパイラルなど)

ライフサイクルモデルの標準(IEEE標準、ISO標準など)

ランダムハードウェア故障

リスク

安全機能要求

安全性解析

安全性重視システム

安全妥当性確認

安全度要求

医療機器ソフトウェア-ソフトウェアライフサイクルプロセス(IEC 62304)

運用、サポート、保守、移転実装、退役撤収の容易性

加速的開発

開発プロセスアセスメント(アセスメントの実施)

開発プロセスアセスメント(アセスメントの準備)

開発プロセスアセスメント(結果の判断)

開発プロセステーラリング(テーラリング条件の分析)

開発プロセステーラリング(標準プロセスのカスタマイズ)

開発プロセステーラリング(標準プロセスの選択)

開発計画書の作成(サブプロセス、メジャメント、要員配置、ツール、成果物など)

開発手法の活用と実践

開発手法の選定

危険事象

機能安全(IEC 61508)

機能安全規格

業務パッケージ固有の開発手法

形式的方法(仕様記述言語、プログラムの詳細化・導出、形式的検証、論理的推論)

個人によるソフトウェアプロセス(モデル、定義、測定、分析、改善)

高速アプリケーション開発

合意プロセス

根源的原因分析

再利用手法の活用と実践

三階層SEPG

支援ライフサイクルプロセス

自動車電子制御の機能安全(ISO 26262)

主ライフサイクルプロセス

先行プロジェクトの成果物利用

組織に関するライフサイクルプロセス

属性モデルベース

統一プロセス

派生開発(XDDP)

発見的方法(構造化分析・設計法、データモデリング法、オブジェクト指向分析・設計法)

反復型開発プロセス

標準、指示、政策・顧客要請・ソフトウェアプロダクトの臨界性・組織的成熟度に対する遵守・適合

品質の分析とコントロール(欠陥予防、レビュー、品質特性、根本原因分析など)

本質安全

落穂拾い

連続的および段階的ソフトウェアプロセス格付け

開発環境設計手法知識項目を表示

▼知識項目

システム開発環境(システム開発環境の構築)

システム開発環境(システム開発環境の選定)

システム開発環境(要求仕様定義)

ソフトウェア開発環境(ソフトウェア開発環境の構築)

ソフトウェア開発環境(ツールの選定)

ソフトウェア開発環境(要求仕様定義)

プラットフォーム選定

開発環境要件の定義

ソフトウェア設計手法知識項目を表示

▼知識項目

エラー率と発生源の追跡

オブジェクト指向設計

データ中心型設計

期限と予算を順守した設計

構造化設計

設計レビュー

多人数による設計プロジェクト

変更管理

保守サービス提供手法知識項目を表示

▼知識項目

ステークホルダー交渉(新規追加知識)

フィールド状況分析手法

リペア情報(HW、SW)

ログの取得、活用に関する知識

導入体制構築

売上・コスト・損益計算把握

保守企画

保守仕様知識

保守体制構築