スキル一覧



「企業活動」のスキル例

以下は、「企業活動」で定義されているスキル例です。これらを参考にしながらスキルや職種を定義してください。
また、各スキルの詳細を参照する場合は、「知識項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

スキルカテゴリ スキル分類 スキル項目
関連知識 企業活動 経営・組織論知識項目を表示
会計・財務知識項目を表示

▼知識項目

IFRS

インフレーション

キャッシュフロー(キャッシュフロー・インスタンス、キャッシュフロー・ストリーム、キャッシュフロー・ダイアグラム)

キャッシュフロー会計

コスト、コスト算定、TOC

コスト・センタ

コスト・モデル

コントローリング

デュポン・チャート

ビジネス投資

プログラム

プロジェクト

プロジェクトライフサイクル

プロダクト

プロダクトライフサイクル

ポートフォリオ

リースとレンタル

価値および価格設定

価値評価(現在価値、将来価値、年当たり相当値、内部収益率、割引払い戻し期間)

課税

会計

会計基準

管理会計

管理会計(原価計算)

管理会計(損益分岐点分析)

業務性計量

経済と政策

経済学

経済活動と市場原理

経済性計算

経済的効率(プロダクト複雑性、品質要求、時間的制約、プロセス能力、チーム分散、割り込み、特徴の乱変化、ツール・プログラミング)

経済的生産性

計画基準期間

研究開発費とソフトウェア会計

原価

原価計算

減価償却

交換および退役撤収決定

財政

財務会計

財務会計(B/S(貸借対照表))

財務会計(P/L(損益計算書))

財務管理

財務指標

財務諸表

資金計画と資金管理

資産管理

時価主義会計

時間駆動型活動基準原価計算(TDABC)

終結計量

税効果会計

損益分岐点

通貨の時間価値

提案

投資決定

年金会計

連結会計

OR・IE知識項目を表示

▼知識項目

PERT/CPM

ゲーム理論

解模索戦略の設計

系統的定式化

検査手法(OC曲線、サンプリング、シミュレーションほか)

在庫問題

線形計画法(LP)

抽象化

品質管理手法(QC七つ道具、新QC七つ道具ほか)

分析手法(作業分析、PTS法、ワークサンプリング法ほか)

問題分析

技術者の社会的責任と倫理知識項目を表示

▼知識項目

「クラッキング」(ハッキング)とその効果

E.U.のデータ保護

ITによる社会への影響

ITプロフェッショナル

IT環境

IT教育

アメリカの輸出入規制

インターネットの成長と制御、インターネットへのアクセス

インターネットの歴史

ウイルス

ウイルス、ワーム、トロイの木馬

オンラインコミュニティとその社会的意味

キャッチオールによる輸出規制

キャリアパス

グループウェア

グループダイナミクス

グローバル化問題

コスト管理

コミュニティの価値と法令

コンピュータの経済的問題

コンピュータハードウェア、ソフトウェアの歴史

コンピュータを利用する上でのリスクと賠償問題

コンピュータ技術者が職務を遂行するうえで、倫理的に矛盾する選択を迫られる状況

コンピュータ工学における社会的な観点と職業専門人としての問題の目的と役割

コンピュータ工学における倫理規範の重要性

コンピュータ資源へのアクセスの差異とそれによる効果

コンピュータ製品の品質に対する熟練労働者の需要と供給の影響

コンピュータ犯罪

コンピュータ犯罪の歴史と事例

コンピュータ分野における価格決定戦略

コンピューティングの社会的な影響

コンピューティングの社会的側面、社会的責任と職業専門人としての責任、リスクとトレードオフ、知的財産権、プライバシー、倫理綱領、職業専門人としての行為などの重要なトピック領域

サービス向上

サイバースペースにおける表現の自由

サステイナビリティ

ジェンダー(性差)に関連する問題

システムの利用規定と監視

システム文書

その他の国の輸出入規制

ソフトウェアの複雑さの影響

ソフトウェアリスクの歴史的な例(Therac-25のケースなど)

ソフトウェア著作権侵害

ソフトウェア特許

ネットワークコミュニケーションの社会的意味

パーソナリティタイプ

ハッカー/クラッカー

ハラスメントと差別への対応

ビジネスプロセス

ひとりひとりのリーダーシップスタイル

プライバシー保護の技術戦略

プライバシー保護の倫理的、法律的根拠

プライバシー問題がコンピュータ工学に及ぼす影響

フランスの輸出入規制

プロフェッショナリズム

プロフェッショナルの行動規約(IEEE、ACM、情報処理学会など)

リスクについて説明し、安全性

リスクの評価と管理

リスク管理

仮定と価値観の同定

科学的アプローチと哲学的アプローチの差異

外国為替法による輸出規制

学会との関係

環境負荷

環境保護

企業秘密

起業家精神:見込みと落とし穴

技術メモ

技術職に関連する職業意識

技術要求

共同作業

結果に対する持続的注意

個人情報の定義

個人情報の盗難

個人情報保護の基本理念

個人情報保護法

公共政策における専門家の役割

工学における資格交付と業務の役割

工学における資格交付と対照を成すもの

合法的な行為と倫理的な行為

国ごとの違い

国家間や異文化間にもたらす影響

国際問題

資格認定により職業専門人の健全性

資金調達におけるエンジニアリング経済の利用

社会情報学

社会的な観点と職業専門人としての問題に関連する補完的な教材

社会的な観点と職業専門人としての問題の領域への貢献や影響が認められる人物

受け入れられやすさ

遵法と監査、フィードバックプロセス

情報の所有権

情報格差

情報漏えい

職業意識の本質

職場のコンピュータ環境における「許容される利用」規定

製造、ハードウェア、ソフトウェア、エンジニアリングの影響を考慮に入れた作業原価の計算

製品安全性と公的消費

設計の社会的状況の理解

説明責任、職責、賠償責任

組織文化

総費用に対する見積原価と実際原価

多様性の問題

大規模データベースシステムにおけるプライバシーの影響

知的財産権に関係する国際問題

知的財産権の基礎

地球温暖化

中国の輸出入規制

著作権

著作権、産業財産権(実用新案権、特許権、意匠権、商標権)に関する法律

著作権、特許権、企業秘密

著作権法

通信

哲学的枠組み、特に功利主義と義務論的学説

盗用

特許と著作権の違い

独占とその経済的意味

内部告発の意味と、それによりコンピュータ技術者が直面するジレンマ

犯罪防止戦略

法令遵守(個人情報保護法)

様々な形式による専門家の資格認定、その利点と欠点

要求される能力と教育

倫理学とその歴史

倫理綱領、行動、実践(NSPE、IEEE、ACM、SE、AITPなど)

倫理上の反対意見と内部告発

倫理的な選択肢の同定と評価

倫理的な論証の実践と評価

倫理的ハッキング

倫理的相対主義の問題

歴史的な展望における科学倫理

情報セキュリティ監査知識項目を表示

▼知識項目

リスクアプローチ

監査リスク

監査技法

監査契約に関連する一般知識

監査契約に関連する法律

監査契約リスク

監査手続ガイドライン

監査証拠

監査人の基本的責務(外観上の独立性、精神上の独立性、誠実性、秘密保持)

監査人の客観性

監査人の独立性

監査人の力量

監査人相互の倫理

監査品質

監査報告会

情報セキュリティ監査に関連するその他の監査

情報セキュリティ監査基準

情報セキュリティ監査実施基準

情報セキュリティ監査報告基準ガイドライン

情報セキュリティ管理基準

情報セキュリティ個別管理基準

被監査主体のリスクアセスメント結果

紛争審査、監査品質審査への協力

ビジネスプロセスマネジメント知識項目を表示

▼知識項目

5W

BPR

CTQ

DMADV

DMAIC

IGOE

SIPOC

TOC思考プロセス

カイゼン・イベント

コスト分析

サイクルタイム分析

シックス・シグマ

ドラム・バッファ・ロープ

バリュ・ストリーム分析

プロセス・シミュレーション

リーン

継続的改善

故障モード影響分析

制約理論

総合的品質管理

適応型ケース・マネジメント

品質機能展開

付加価値分析