3スキル標準とiCD

ttl_skill-standard.png

3スキル標準を土台にタスクの視点を取り入れたiCD

iCDは、ITスキル標準(ITSS)、組込みスキル標準(ETSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)の3スキル標準を参照しています。ITSSは、各種IT関連サービスの提供に必要な能力を明確化・体系化した指標。ETSSは、組込みソフトウェア開発に関する最適な人材育成、人材の有効活用を実現するための指標。UISSは、情報システムの企画・開発から保守・運用・廃棄に至るソフトウェアライフサイクルプロセスに基づき体系化した指標です。それぞれの指標の範囲拡大・共通化を図り、タスクを中心とした仕組みを取り入れることで、iCDが成り立っています。

3スキル標準とiCD

skill-standard_img_02-2.png

iCDの位置付け

skill-standard_img_03.png