タスク一覧



「システム運用管理」のタスク例

タスク大分類 「システム運用管理」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
システム運用管理 問題管理 問題コントロールの開始評価項目を表示
エラーコントロール評価項目を表示

▼評価項目

故障や不具合等のエラーを識別し、記録する

関係部門と共同でエラーの内容を調査し、恒久的な解決策や回避策を立案する

エラー対策のための構成品目(CI)の変更を変更管理プロセスへ申請する

変更管理プロセスを経た解決策をリリース管理プロセスが実施するまでの作業の進捗を監視する

リリース管理プロセスを経た解決策を評価し、問題をクローズする

変更管理 変更要求の受付と記録評価項目を表示

▼評価項目

変更要求を受け付け、記録する手順とフォーマットを定める

変更要求に必要な情報がすべて網羅されていることを確認し、受付または却下を判断する

変更要求の影響範囲、影響の大きさ、変更の緊急度、優先度等を識別する

変更の実施評価項目を表示

▼評価項目

変更の実施、リリースおよび変更に失敗した際の修復の計画立案とスケジューリングを行う

変更の影響とリスクに応じた、しかるべき関係者に変更・テストの認可を得る

標準的な変更を、事前に決められた手順に基づき実施する

変更の評価評価項目を表示

▼評価項目

顧客の要件、コストの削減、性能の向上等、変更によって期待される効果が実現されていることを検証し、客観的な証拠を提示する

変更による意図しない影響を明確にし、フィードバックを行う

リスク・プロファイル、逸脱レポート、推奨事項、検定記述書からなる評価レポートを作成する

変更のレビューとクローズ評価項目を表示

▼評価項目

変更の効果、変更後の性能、リスク等に関して、要求元やステークホルダによるレビューを行う

変更がその達成目標に到達していない場合、必要な処置を検討し、決定する

変更がその達成目標に到達し、要求元やステークホルダの合意が得られた場合、変更のクローズを記録する

構成管理 構成管理の計画策定と設計評価項目を表示

▼評価項目

構成管理の目的、適用範囲、達成目標や役割責任を明らかにし、管理計画を作成する

構成品目(CI)の命名規約、細かさの度合い、属性を定める

構成管理の目的に応じた必要な機能に基づき、CMDB(構成管理データベース)やDSL(確定版ソフトウェアのライブラリ)等の構成管理システムを選定する

構成管理の実施評価項目を表示

▼評価項目

構成品目(CI)を分類、識別し、登録する

CMDB(構成管理データベース)内を定期的にチェックし、構成品目(CI)の情報を正しい状態に維持管理する

管理している構成品目(CI)の現バージョンと変更履歴、ステータスを取りまとめた報告書を発行する

リリース管理 リリースの計画、準備と実施評価項目を表示

▼評価項目

変更管理プロセスで承認された変更要求に基づき、リリース実施計画を作成する

リリースのための操作や必要な記録、切り戻しの手順等を定めたリリース手順書を作成する

利用マニュアル、トレーニング教材の作成等、ユーザへの対応を準備する

変更結果を構成管理システムに反映する

妥当性確認とテスト評価項目を表示

▼評価項目

コンポーネントの最終的な品質確認のためのテストを行う

リリースにより提供されるサービスが、予定されているコスト、キャパシティ、制約の範囲内で期待されている成果と価値を提供することを確認する

リリースにより提供されるサービスが、あらかじめ合意されたサービスレベル、顧客の事業要件およびステークホルダの要件を満たすことを検証し、客観的な証拠を提示する

障害管理 障害対応評価項目を表示

▼評価項目

エラーメッセージやエラーログ、データの状態等からシステムの状況を把握し、影響範囲を特定する

業務を再開するための暫定処置を施す

発生した障害を保守部門へエスカレーションする

保守部門が障害の原因を特定し、本来あるべき状態になるように恒久対応を施すことを支援する

障害管理報告書の内容を理解し、問題が発生した際に、過去の障害対応にさかのぼって調査、対応する

障害記録・再発防止評価項目を表示

▼評価項目

障害の情報をナレッジ化し、再発防止に努める

障害発生時の状況や解決に至るまでのプロセスを記録し、障害管理報告書を作成する

過去の障害対応の記録に基づき、将来起こり得る障害を想定した対応マニュアルや復旧手順書を作成する

性能管理 パフォーマンスとキャパシティの管理評価項目を表示

▼評価項目

ハードウェアやソフトウェア等のリソースのキャパシティとパフォーマンスのデータを収集し分析する

収集したデータからキャパシティおよびパフォーマンスの傾向をとらえ、しきい値や例外条件を設定する

キャパシティの最適化やパフォーマンスの向上を実現するために変更箇所を検討し、変更策を決定する

チューニングにより特定された構成品目(CI)の変更を変更管理プロセスへ申請する

処理量や処理内容に対して評価を行い、サービス性能が今後どうなるかをシミュレーションする

資源管理 ハードウェアの管理評価項目を表示

▼評価項目

安全性、信頼性、拡張性、性能を確保するために、ハードウェアの更新を提案する

ハードウェア資源管理のツールと仕組みを導入する

ハードウェア資源管理の仕組みを運用する

ハードウェア資源管理を行う体制や役割を定める

ソフトウェアの管理評価項目を表示

▼評価項目

安全性、信頼性、拡張性、性能を確保するために、ソフトウェアの更新を提案する

ソフトウェア資源管理のツールと仕組みを導入する

ソフトウェア資源管理の仕組みを運用する

ソフトウェア資源管理を行う体制や役割を定める

データの管理評価項目を表示

▼評価項目

バックアップ対象の特性やデータ量、処理時間等により、記録媒体やバックアップサイクル等を決定する

バックアップとリストアの所要時間を踏まえて、全体バックアップと差分バックアップのサイクルを設定する

記録媒体の適切な管理方法と管理場所を提案する

データを保全するためにバックアップ・リカバリの運用を実施する

データ量を定期的に測定し、不要データの廃棄やディスク容量の増強を図る

ネットワーク資源の管理評価項目を表示

▼評価項目

安全性、信頼性、拡張性、性能を確保するためにネットワークの更新を提案する

ネットワーク資源管理のツールと仕組みを導入する

ネットワーク資源管理の仕組みを運用する

ネットワーク資源管理を行う体制や役割を定める

セキュリティ障害管理 事故の検知評価項目を表示

▼評価項目

ログファイルを定期的にチェックし、セキュリティ事故を検知する

システムの整合性を定期的にチェックし、セキュリティ事故を検知する

自動ツールを駆使し、不正侵入を検知する

事故の初動処理評価項目を表示

▼評価項目

事故発生時の情報システム責任者や関係部門への連絡を定められた手続通りに行う

事故の影響の大きさと範囲を想定して処置の優先順位を付け、被害拡大を回避する処置を行う

事故に対する初動処理を記録し、報告する

事故の分析評価項目を表示

▼評価項目

事故の被害の範囲を識別する

セキュリティホール情報やセキュリティ勧告、パッチ情報の最新情報を得て事故の分析を行う

事故の原因を特定する

必要に応じてデジタルフォレンジックを行う

事故からの復旧評価項目を表示

▼評価項目

必要に応じてシステムの再編成を行う

事故に対する対処と復旧の経過を記録する

情報システム管理者およびユーザに事故からの復旧を通知する

再発防止策の実施評価項目を表示

▼評価項目

同じような事故に対する再発防止策を決定して実施する

事故の再発防止のために、必要に応じてシステムの再構築を行う

再発防止策に基づき、セキュリティの見直しを提言する

セキュリティの評価評価項目を表示

▼評価項目

侵入検査を行い、セキュリティポリシーの遵守状況を評価する

侵入検査を継続的に実施する

侵入検査で不備のある場合に対策を行う

セキュリティの評価情報に基づき、セキュリティの見直を提言する

障害対応・保守支援 問題発生時のコントロール(問題・障害管理)評価項目を表示

▼評価項目

問題に対応する体制を確保し、解決まで維持・更新する

問題の識別、解決、回復処理までをコントロールする

活動の経過と結果を記録し、関係者に報告する

障害発生時の対応(一次障害対応)評価項目を表示

▼評価項目

発生データ、検査ツール・機器、ナレッジデータ等を活用して障害箇所の特定、不具合状況の把握、障害または不具合の原因の判別を行う

障害の原因を想定し、確実性を評価した上で、顧客に原因と復旧方法を説明する

障害修復プランや回避策に従って障害修復・回避作業を行い、動作の確認を確認し、結果を報告する

障害による影響の大きさ、修復の難易度や必要時間、抜本的な解決の必要性を判断し、適切にエスカレーションする

復旧作業に必要な要員を確保し、障害復旧の措置完了まで作業を指示、管理する

重大障害発生時の対応(二次障害対応、復旧対応)評価項目を表示

▼評価項目

関係部門を招集して対策会議を行い、早期解決を図るための体制と取り組みを統制する

障害調査結果に応じて応援者への派遣要請・指示、水平展開の要否の判断、設計部門への応援、支援の依頼を行う

障害対応による業務影響度、重要障害報告書の作成を支援する

システム改修までの障害対応を検討し、保守担当者に周知・徹底する

顧客責任者にタイムリーな報告を行い、対応完了時に障害修復作業結果報告書を作成して説明する

障害の根治(製品の対応)評価項目を表示

▼評価項目

発生した障害の製品対応に必要な情報を把握し、関係者に通知する

障害の解決が確認された製品(修正ソフトウェア)を適用して動作を確認する

障害の根治の経過や結果を関係者に説明する

障害とその対策をナレッジとして登録し、共有する

障害発生の現地(顧客サイト)で障害の情報を収集し、対策を行う

予防保守 ハードウェアの予防保守評価項目を表示

▼評価項目

保守サービス規定に基づき、保守対象毎の保守スケジュールと作業内容をまとめ、作業に必要なリソースを用意する

保守計画の意図を理解し、対象機器の監視・点検、必要なデータバックアップ、機器・ファームウェア交換等の保守作業を行う

保守管理ツールを利用してネットワーク機器の稼働状況の監視と性能測定を行う

予防保守作業において、機密保護、改ざん防止、ウイルス対策、個人情報管理等のセキュリティ管理に配慮する

ソフトウェアの予防保守評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェアバグの情報を収集し、対応策をまとめる

ウイルス等のマルウェアの検出と駆除等の対応策を講じる

保守計画と指示・指令書の意図を理解し、対象ソフトウェアの更新、配信作業、構成情報のバックアップ等の保守作業を行う