タスク一覧



「システム監査」のタスク例

タスク大分類 「システム監査」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
システム監査 システム監査計画の策定 基本計画書の作成評価項目を表示
個別計画書の作成評価項目を表示

▼評価項目

基本計画書を受けて、個々の監査の目標を設定する

基本計画書を受けて、点検・評価の実施、報告、フォローアップまでの全プロセスを計画する

個別計画書に個々の監査の目的、対象、範囲、目標、手続き、スケジュール、実施責任者および業務分担、被監査部門の責任者および担当者、他の監査との連係・調整、必要コスト等を盛り込む

システム監査の実施 予備調査評価項目を表示

▼評価項目

被監査部門に対して個別計画書の内容を通知し、協力を要請する

関連資料の収集、関係者へのインタビュー、現地調査等により、監査対象業務・システムの概要およびコントロールの実態を把握する

現実の状態とあるべき状態の間のギャップと問題点を認識する

現状把握に際して、個別計画書に記載された監査目的に対して組織体が目標とすべきレベルを事前に明らかにする

個別計画書作成時に予測できなかった問題点が存在する可能性がある場合、監査時に確認すべき項目として取りまとめる

監査手続書の作成評価項目を表示

▼評価項目

本調査で実施する具体的な監査手続きを検討し、監査手続書を作成する

予備調査の結果を踏まえ、監査手続書に個別計画書作成時に予測できなかった問題点を確認できる手続きを盛り込む

次回以降の監査の参考として利用できるように、監査手続書の内容を精査する

本調査評価項目を表示

▼評価項目

現地に赴き、自らの目で確認、評価する

現地調査時に、監査結果の裏付けとなる証拠資料を入手する

適切な対象者、日程、質問事項等を事前に準備し、インタビューを実施する

監査手続書に基づいて資料を入手し、レビューする

実施結果の記録(監査調書の作成)評価項目を表示

▼評価項目

本調査で入手した監査証拠に基づき、監査調書を作成する

監査調書の内容に事実誤認がないか、被監査部門に確認する

監査調書に発見事項とともに監査担当者の判断等を記載する

監査報告書案の作成評価項目を表示

▼評価項目

監査調書に基づいて、総合評価、指摘事項、改善勧告の原案をまとめる

指摘事項として、発見事項の内容、それを問題と判断するに至った根拠、問題を生じさせている原因、及ぼしている影響、他の指摘事項との関連性を記載する

改善内容は可能な限り具体的、詳細なものとし、被監査部門との意見交換を行い、改善策の実現可能性について確認する

報告書を被監査部門へ提示し、誤認確認を行う

システム監査結果の報告 監査報告の実施評価項目を表示

▼評価項目

被監査部門の責任者による監査報告書案の最終確認を行い、経営層に提出する

関係者を一堂に会して監査報告会を開催する

改善作業のスケジュールや担当者を決定し、関係者の同意を得る

フォローアップの実施評価項目を表示

▼評価項目

次回以降の監査での確認方法を被監査部門に指示する

監査報告会の開催や改善作業の実行計画書および改善報告書等により実施状況を把握する

指摘事項や改善勧告事項への実施状況のフォローアップ時に課題が発生した際に対応指示を行う

年次監査報告書の作成評価項目を表示

▼評価項目

基本計画書に対応して、当該年度に実施した結果を年次監査報告書としてまとめる

当該年度に発生した課題や監査上での気づきに関し、次年度の基本計画に反映できるよう取りまとめる

必要に応じ、監査中期計画の対象、実施内容、実施時期等を見直す

システム監査対応 監査実施対応評価項目を表示

▼評価項目

予備調査で求められる監査対象業務・システムの概要、コントロールの状況についての資料を準備する

現地調査で求められる証拠資料について、必要な範囲を見極め提供する

インタビューの実施日程を確認し、質問事項の確認内容を理解し、回答する

監査調書をレビューし、事実誤認がないことを確認する

監査報告書案の改善事項勧告の実現可能性を監査部門に提言する

J-SOX等、外部監査に対応する