タスク一覧



「新たな価値創造による新規製品・サービス開発」のタスク例

タスク大分類 「新たな価値創造による新規製品・サービス開発」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
新たな価値創造による新規製品・サービス開発 疑似体験等を通した価値あるアイデアの発掘 実現を目指すアイデアの明確化評価項目を表示
多様性に富んだチームビルディング評価項目を表示

▼評価項目

アイデアの実現に必要な人材を定義し、各所より多様性に富んだ人材を集める

アイデアの実現を目指す思い・着想・気づきを共有し、チーム全員の共通認識とする

アイデア実現に向けた調査事項と役割を決定する

調査対象の設定と情報収集評価項目を表示

▼評価項目

情報技術動向の調査方針を明らかにする

ビジネスへの影響を踏まえて、重点的に評価・検討すべき技術領域、手法・製品を特定する

重点的に評価・検討すべき最新技術の獲得方法を選択し、必要な情報を必要な時期までに収集する

業界動向の調査・分析評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略や事業戦略にITを活用する観点で、IT動向を網羅的かつ総括的に把握する

収集したIT動向に基づき、経営戦略や事業戦略におけるITの活用方法を検討し、文書化する

IT動向の情報を継続的に収集し、事業へのIT活用事例を取りまとめる

現状分析・環境分析評価項目を表示

▼評価項目

組織全体のバリューチェーン(業務の関連)を最新IT資産との関係を踏まえて把握する

現行情報システムの目的、機能、規模、能力、コストを捉えたIT資産、IT不良資産のリストを作成、更新する

同業他社のシステム構築・導入に関する先進事例、成功事例を収集し、技術動向、他社動向を把握する

現行のシステムアーキテクチャと技術フレームワークを踏まえた主要技術ロードマップを整理(把握)する

現行の業務とシステムを把握し、事業のIT戦略を推進する上での主要課題を洗い出す

セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点で市場(顧客)をセグメントに分割する

それぞれのセグメントを、自社の強み・弱み、競合状況等の観点で評価し、ターゲットを選択する

ターゲットとするセグメントに対するセールス活動の実施計画を策定する

顧客分析評価項目を表示

▼評価項目

公開された情報から、顧客の事業内容、主要マーケット、経営方針、財務環境に関する情報を収集し、課題を把握する

顧客が属する業界やターゲットとする市場の動向について、新聞、雑誌等の各種媒体や業界団体、業界関係者等から情報を収集する

公開情報ならびに関係者から情報を収集し、顧客の組織構造、決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

疑似体験等の実施評価項目を表示

▼評価項目

自ら顧客になり切ってアイデアを試行し、顧客との共感を図る

顧客に類似するモニタに対してアイデアの試行を実施し、インタビューによる定性的な調査を行う

不特定多数の人に対してアイデアの試行を実施し、アンケートによる定量調査を行う

アイデアが持つ提供価値の確認評価項目を表示

▼評価項目

疑似体験等で得た顧客の行動結果(例:何を見、何を聞き、何を言い、どんな行動を起こしているのか)を確認する

疑似体験等で得た顧客の心理の変化(例:何を感じ、何を考えているのか)を確認する

顧客の行動結果、心理の変化等から、アイデアの提供価値を取りまとめる

アイデアの提供価値に関して、多様性に富んだ人材の評価を受ける

プロトタイピングを通した新規製品の検討 業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

ソリューションモデルの開発評価項目を表示

▼評価項目

仮説や実績から典型的な顧客ニーズを設定する

技術検証された製品およびサービスの組み合わせによって顧客ニーズが実現できることを検証する

ソリューションモデル(製品およびサービスの組み合わせ)実現のリソースと体制を具体化する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

プロトタイピングによる提供価値の実証評価項目を表示

▼評価項目

アイデアの特性を考慮した新規製品・サービスの実現に向けた検証項目を明確化する

検証項目の評価が可能なプロトタイプを企画する

プロトタイプを作成し、顧客に対して試行を依頼する

検証項目の達成度合いを確認し、プロトタイプの改善を図る

プロトタイピングの結果を取りまとめる

新規製品・サービス化に向けた評価評価項目を表示

▼評価項目

顧客のニーズ、ウォンツを疑似体験の結果をもとに取りまとめる

プロトタイピング結果から、ニーズ、ウォンツに対する提供価値を取りまとめる

抽出した顧客のニーズ、ウォンツとプロトタイピングの結果から、新規製品・サービスの実現可能性を評価する

新規製品・サービスの事業化計画立案 流通チャネルの選択評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスのターゲット市場やチャネル維持のためのコストとのバランスに応じた最適なチャネル戦略を立てる

自社に最適なチャネルミックス(顧客へのアプローチ手段の組み合わせ)を選定する

チャネルカバレッジ(市場配荷率)を考慮してチャネルを選択する

プロモーション戦略の策定評価項目を表示

▼評価項目

自社の知名度(製品やサービスの知名度を含む)を効果的に上げるためのブランド戦略を立てる

効果的なプロモーションを行うための手段と媒体(テレビ、ラジオ、新聞、Webサイト、展示会、ダイレクトメール等)を選択する

プロモーションの目標(売上高、知名度等)と予算を設定する

サービスレベルの管理評価項目を表示

▼評価項目

顧客との間で達成可能なサービスレベルを交渉し、SLAを締結する

SLAで定めたサービスレベルの評価指標に基づき、到達状況を測定する

SLAの未到達項目の改善策を提示し、改善に向けて指導する

SLAの到達状況に基づき、根本的な課題を洗い出し、関係者と協業して改善策を講じる

新規製品・サービスの事業化計画立案評価項目を表示

▼評価項目

新規製品・サービスを事業化した場合のシナリオを描く

各シナリオにおけるマイルストーンを設定する

マイルストーンに向けた行動計画を立案する

ビジネス化の実証と新たな価値発見 新規製品・サービスの市場投入評価項目を表示

▼評価項目

新たに開発された新規製品・サービスの品質を確認する

新規製品・サービス投入に向けたサービス実施体制を確認する

新規製品・サービス投入後のマーケティング計画を確認する

新規製品・サービスの重要業績指標を設定する

新規製品・サービスを市場に投入する

ビジネス化の実証評価項目を表示

▼評価項目

重要業績指標の進捗を確認し、当初計画とのギャップを明確化する

業績向上に向けた課題を抽出し、優先順位を付ける

課題に対する解決策を検討する

解決策実行に向けて、タスクに落とし込む

新たな提供価値の発見評価項目を表示

▼評価項目

当初描いていたアイデア実現に向けた思いと、達成された現実を比較し、未達成事項を抽出する

当初想定していなかった提供価値を顧客満足度調査等から抽出する

思い実現に向けた未達成実行や、想定外の気づきを通して、さらなる価値創造に向けた計画を立案する