タスク一覧



「システム企画立案」のタスク例

タスク大分類 「システム企画立案」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
システム企画立案 システム化構想の立案 システム化構想基本方針の策定評価項目を表示
現行業務、システムの調査分析評価項目を表示

▼評価項目

現行業務を調査し、業務実態を把握する

業務知識の保有状況(有識者の有無、有識者のスキルセットとカバー範囲、ドキュメントの有無と最新性)を調査し、把握する

現行システムの状況(規模、構成、処理方式、非機能要件、データ量、データ構造、保守状況等)を調査し、把握する

現行の業務やシステムの状況から、開発、改善、改革対象の範囲を把握する

新業務の全体像把握と評価指標の設定評価項目を表示

▼評価項目

システム化の主要テーマ(HW/SW老朽化対応、維持コスト削減、業務のスリム化、新ビジネスや新サービスへの対応、要員不足対応等)を設定する

システム化で対応する業務機能のあるべき姿を描く

あるべき業務機能に求められる主要機能を明らかにする

企画するシステムにおける業務運用の定量的評価指標を設定する

企画するシステムにおける業務運用の定性的評価指標を設定する

投資規模の策定評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費の概算を見積もる

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費の概算を見積もる

ビジネスモデルとシステムアーキテクチャによる企業目標、経営戦略およびIT戦略の実現性を評価する

システム化構想の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化構想書の原案を作成する

有識者を集め、システム化構想書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従ってシステム化構想の承認を得る

システム化計画の推進体制を立案する

推進体制案を関係先と調整し、体制を確立する

システム化構想の支援評価項目を表示

▼評価項目

対象業務のユーザ要件を把握する

適用情報技術の調査を通じて、主要機能実現のためのシステム方式を提言する

業界で利用されているアプリケーションの傾向を調査し、適合性について評価、提言する

システム化計画の策定 システム化計画におけるプロジェクト計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画の策定に必要な環境および工程を洗い出す

システム化計画工程のプロジェクト計画書案を作成する

有識者を集め、プロジェクト計画書案をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、プロジェクト計画の承認を得る

システム計画の基本要件の確認評価項目を表示

▼評価項目

システムに求められる基本機能から、システム化の前提条件を整理する

システムが果たすべき機能、役割、サービスを考慮し、システム化の範囲を図式化する

システム化範囲の基本要件について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

対象業務の課題整理評価項目を表示

▼評価項目

システム化におけるユーザの作業分担範囲を決める

対象業務の流れと情報を整理し、業務上の課題を分析する

業務上の課題の中からシステム化によって解決すべき課題を抽出し文書化する

現状システムの分析と対応方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

対象となるシステムの現状について、機能、性能の両面を把握する

システム障害による影響を分析し、障害対策レベルを設定する

既存システムとの連携(制限事項)を踏まえ、採用する技術の評価、選定を行う

業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

システム化機能の整理とシステム方式の検討評価項目を表示

▼評価項目

主要機能を実現するための情報と処理を定義する

主要機能を実現するシステムアーキテクチャを定義する

主要機能が必要とするデータベースとネットワークの一覧および構成を作成する

システム再構築手法(リビルド、リライト、リホスト、ハードウェア更新)を選択する

パッケージソフト導入や外部資源の活用を検討する

付帯機能、付帯設備に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

システム移行にかかわる方針および基本的要件を定める

システム移行のための概略の計画を策する

環境整備に要する大枠のシステム使用期間と使用量を見積もる

業務とシステムに関する教育・訓練の目的および対象範囲等を設定する

教育・訓練の教育体制、設備、環境および実施スケジュール等を設定する

サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

業務に求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムに求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムの品質に対する基本的な要件を定める

システムの品質保証体制に対する基本的な要件を定める

プロジェクトの目標設定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの実施によって取得できる有形、無形の価値を明らかにし、その評価指標を設定する

業務の定量的・定性的評価指標を設定する

システムの定量的・定性的評価指標を設定する

業務やシステムの評価指標について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

実現可能性の検討評価項目を表示

▼評価項目

開発、運用、保守、移行、環境整備および品質に関する基本要件を定める

過去のシステム運用評価の結果を把握し、システム化計画の運用要件の充足度を確認する

システム運用時に発生する障害やリスクに対する保守体制および保守内容の基本要件を定める

開発の期間、コストおよび作業責任分担等の基本方針を定める

技術的、経済的な実現可能性を検討する

全体開発スケジュールの作成評価項目を表示

▼評価項目

システム導入計画の基本要件に適合したサブシステムに分割する

サブシステムの開発優先順位を決定する

サブシステムの単位スケジュールを基本方針に沿って決定する

システム選定方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

システムアーキテクチャの基本的な機能と構成要件を設定する

システム選定の調査範囲を定義する

システム投資予算枠を決定する

費用とシステム投資効果の予測評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費を予測する

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費を予測する

システム化による費用対効果を算出し、評価する

システム化しなかった場合を考慮して費用対効果を算出し、評価する

システム化構想の実現により、企業目標、経営戦略、IT戦略が実現できるかを検証する

システム化計画の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画書の原案を作成する

有識者を集め、システム化計画書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、システム化計画の承認を得る

要員、納期およびコスト等の制約を把握する

開発プロジェクトの構成とその要員数、役割分担を定義する

業務・システム要件定義 業務要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

新要件を考慮した業務フローをプロセス単位で作成し、ユーザの具体的要求事項を可視化する

新業務フローに基づき要求事項の評価を行い、対応範囲を明らかにする

新業務フローに基づき対応範囲以外の業務との関連性を取りまとめる

対応範囲の業務の入力条件、処理条件、出力条件の業務ルールを概要レベルで取りまとめる

対応範囲の業務の例外処理を洗い出し、明らかにする

システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

ITサービス要件定義 ITサービス要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

顧客が抱えるシステム運用・保守の課題と運用・保守サービスへのニーズを把握し、サービスの要件をまとめる

運用・保守サービス要件を満たすために必要な体制(要員スキル、要員数、勤務パターン)をまとめる

運用・保守サービス要件に応じてサービスメニューを作成し、顧客に提案する

SLAの草案となる運用・保守サービスの内容、提供時間帯、体制、セキュリティ等をまとめる

情報セキュリティ要件定義 情報セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーやコンプライアンス、情報保証上の必要性を情報セキュリティ要件に反映させる

実装すべき情報セキュリティの要件(障害発生時の復旧時間の許容時間、データ復旧範囲等、障害対応に関する要件を含む)、実施レベル、考慮点等を明らかにする

各々の情報セキュリティ要件に対する実装方式を提示する

情報セキュリティ要件を実現するための費用を算出する

システムに存在する脆弱性について、その対策と緩和のための取り組みの方針を決定する(アプリケーションの可用性維持からパッチを適用しない場合の対策等を含む)

情報セキュリティ要件に関する制約事項を抽出する

情報セキュリティ規定の作成評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに基づき、企業活動のセキュリティ規定を作成する

セキュリティポリシーに基づき、情報システムのセキュリティ規定を作成する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ規定を説明し、承認を得る

情報セキュリティ計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

情報セキュリティをベースにしたセキュリティ計画を策定する

セキュリティ計画の立案、およびセキュリティ計画を実行するにあたって発生する問題のソリューションを提案する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ計画を説明し、承認を得る

情報セキュリティ基準の策定評価項目を表示

▼評価項目

事業戦略、事業継続計画に基づき、各物理サイトの物理的保護レベルを定義する

セキュリティホール情報やセキュリティ勧告およびパッチの最新情報の分析に基づき、パッチ適用基準を策定する

従業員のソーシャルメディア使用に関するルールを策定する

アウトソース先のセキュリティ基準を策定する

電子データの信頼性を確保するために、第三者機関が発行する電子証明書と自組織が発行する電子証明書をそれぞれ利用する手続きを策定する

情報ネットワークのセキュリティ対策のためのガイダンス文書の発行管理を行う

部門要件定義 現行業務とシステムの把握評価項目を表示

▼評価項目

事業環境、業務環境の情報を収集し、事業課題を分析する

現行業務を調査し、業務実態を把握する

現行システムの状況を調査し、現行システムの稼働状況を把握する

要求事項の整理評価項目を表示

▼評価項目

現行の業務やシステムの状況から、開発、改善、改革対象の範囲を把握する

対象業務の流れと情報を整理し、業務上の課題を分析する

業務上の課題の中からシステム化によって解決すべき課題を抽出し文書化する

業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能および業務プロセスの再構成を行う

対象業務に対する業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

業務要件定義評価項目を表示

▼評価項目

新要件を考慮した業務フローをプロセス単位で作成し、具体的な要求事項を可視化する

新業務フローに基づき要求事項の評価を行い、対応範囲を明らかにする

新業務フローに基づき対応範囲以外の業務との関連性を取りまとめる