タスク一覧



「UIデザイン」のタスク例

タスク大分類 「UIデザイン」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
UIデザイン コンセプト設定 ニーズ・ウォンツの設定評価項目を表示
コンセプトの明確化評価項目を表示

▼評価項目

制作物の求められる結果について、顧客に対してインタビューを行い、実現方法を策定する

製品やサービスの特徴を把握し、ポジショニング戦略を立てる

価値基準やモチベーションを明確にしたターゲットユーザを定義する

ターゲットユーザに訴求したいメッセージに適合したトーン&マナー(デザインの属性、キャラクター)を定義する

競合する企業および、製品やサービスと差別化を行うCI(コーポレートアイデンティティ)、VI(ビジュアルアイデンティティ)計画を策定する

要件定義評価項目を表示

▼評価項目

デザインの要件定義(誰に対してどんな製品およびサービスを提供するのかを具体化する)を行う

製品やサービスを導入する効果(目標)を設定する

取り組む範囲を具体的に項目化し、実現するための実践的な計画を策定する

ターゲットユーザや利用環境を考慮し、利用する技術を選定する

利用する技術におけるリスクや前提条件等を把握し、要件として設定する

ユーザビリティへの配慮評価項目を表示

▼評価項目

ターゲットユーザが機能を理解しやすい設計を行う

ターゲットユーザのリテラシに合わせた設計を行う

ターゲットユーザの活動の中で利用しやすい設計を行う

アクセシビリティへの配慮評価項目を表示

▼評価項目

高齢者の利用を想定して、色、コントラスト、図や文字の大きさ、音等に配慮した設計を行う

視覚障害者の利用を想定して、色、コントラスト、文字やコンテンツの大きさ等に配慮した設計を行う

聴覚障害者の利用を想定して、音等に配慮した設計を行う

利用者の目的や利用環境を想定して、閃光等に配慮した設計を行う

ユニバーサルデザインへの配慮評価項目を表示

▼評価項目

使用者を限定せず公平に柔軟に工夫された設計を行う

可読性、視認性を考慮した書体(種類、大きさ、コントラスト、文字間行間)を選定する

重要なコンテンツの認識、読み進める順番等、視線動線を設計する

色覚特性を考慮し、情報の内容と重要性を伝えることができる配色を行う

ユーザの誤認識や操作ミスを誘発しない設計を行う

年齢、性別、身体状況、国籍、言語などの違いに関係なく利用することを想定した設計を行う

基本設計評価項目を表示

▼評価項目

ターゲットユーザのニーズを定義し、デザイン(構成、コンテンツ、パーツ等)要件、範囲を設定する

現行システムの課題やユーザのニーズを踏まえてユーザビリティ要件を具体化する

ターゲットユーザに応じたアクセシビリティの適用範囲を設定する

ターゲットユーザに応じたユーザビリティ、ユニバーサルデザインの適用範囲を設定する

プレゼンテーション評価項目を表示

▼評価項目

コンセプトをまとめ、顧客へプレゼンテーションを実施する

提案内容への質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

プレゼンテーションの結果を振り返り、コンセプトに反映する

計画・情報設計 ガイドラインの策定評価項目を表示

▼評価項目

カラープラン(色相、明度、彩度)を決定する

レイアウト(近接、整列、反復、コントラスト)を決定する

書体(種類、大きさ、コントラスト、ジャンプ率、文字間行間)を決定する

シンボルマーク、ロゴタイプの使い方を決定する

要件定義に基づいたワイヤーフレーム、プロトタイプを作成する

用字用語、文法表現を統一する

ガイドラインおよびデザイン指示書を文書化する

コンテンツ配置計画評価項目を表示

▼評価項目

構成するコンテンツを洗い出し、コンセプトに沿って優先度を決定する

コンテンツをグルーピングし、配置計画を決定する

動線(視線)を考慮したコンテンツ配置を行う

チームビルディング評価項目を表示

▼評価項目

コンセプト、ガイドラインの要件をチームへ伝え、作業範囲を明確にする

デザインコンペなどを企画し、コンセプトやブランディングイメージに合ったデザイナーを選定する

顧客とデザインチームの情報共有方法を決める

計画・情報設計レビュー評価項目を表示

▼評価項目

ガイドラインおよびデザイン指示書を関係者へ説明し、承認を得る

ガイドラインおよびデザイン指示書への質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

計画・情報設計レビューの結果を振り返り、ガイドライン、コンテンツ配置計画に反映する

デザイン制作 ビジュアルデザインの作成評価項目を表示

▼評価項目

コンセプトをもとに、イメージをビジュアル(絵コンテ、カンプ、モックアップ)で具体化する

顧客からのフィードバックとブラッシュアップを繰り返し、ビジュアルデザインを確定させる

CI(コーポレートアイデンティティ)、VI(ビジュアルアイデンティティ)を考慮し、クライアントのブランドを具体的に表現するようオリジナルデザインを作成する

制作に利用するソフトウェアのバージョンや保存形式等を決定する

HTML/CSSコーディング評価項目を表示

▼評価項目

コーディングガイドラインを策定し、コーディングルールを設定する

ガイドライン、処理速度や画面構造を理解した上で、コーディングを行う

要件定義で定められたターゲットユーザの利用環境を考慮し、テスト計画書を作成する

コーディングガイドライン、テスト計画書に応じたテストを行う

ガイドラインの徹底評価項目を表示

▼評価項目

ガイドラインに沿ったデザイン制作が行われているか、定期的な評価を行う

要件や仕様に変更があった場合、ガイドラインから逸脱しないようチーム全体に説明や指示を行う

策定したガイドラインは、関係者にわかりやすく適切に公開する

デザイン制作レビュー評価項目を表示

▼評価項目

制作したデザインを顧客へ提示し、レビューを行い、承認を得る

制作したデザインへの質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

デザイン制作レビューの結果を振り返り、ビジュアルデザイン、HTML/CSSコーディング、ガイドラインに反映する

成果物評価 成果物評価評価項目を表示

▼評価項目

ガイドラインに沿ったデザインとなっているか評価する

コーディングガイドラインに沿って制作されているか評価する

ガイドラインに沿った用字用語、文法表現となっているか評価する

要件定義で定められたターゲットユーザの利用環境に応じたテスト内容が実施されているか評価する

評価項目を確認し、出荷(納品)可能であるか判断する

知的財産の確立 知的財産の確立評価項目を表示

▼評価項目

知的財産権の侵害を行っていないか判断する

知的財産権保護の調査、登録申請手続きを行う

契約時の知的財産権等の所有を決定する

知的財産を保全するため、取扱規則を定める

リリース後の評価改善 改善サイクルの実施評価項目を表示

▼評価項目

顧客の意見やターゲットユーザの利用データから成果を評価し、改善を行う

評価方針(チェック項目、チェックツール、チェックプロセス(いつ、誰が、どのチェックを行うか))を設定する

改善項目を顧客へ報告し、改善提案を行い、承認を得る

ターゲットユーザの利用環境の変化をデザインに反映させ、改善を行う