タスク一覧



「システム要件定義・方式設計」のタスク例

タスク大分類 「システム要件定義・方式設計」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
システム要件定義・方式設計 システム化要件定義 システム化の対象と目的の決定評価項目を表示
要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

機能に関する要求をシステムとして実現するための機能要件として具体化する

現行システムの課題やユーザニーズを踏まえてユーザビリティ要件を具体化する

機能要件に対する実装方式を提示する

機能要件を実現するための費用を算出する

機能要件に関する制約事項を抽出する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム化要件の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象と目的、要件(機能要件、非機能要件)、制約等をシステム化要件定義書にまとめて関係者に説明する

関係者からのレビュー結果を評価し、システム化要件定義書を改定する

システム化要件定義書がシステム化計画として定めた内容を満たしていることについて関係者の同意を得る

システム化要件定義(Webサイト) 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

既存のWebサイトの構造、情報総量、動的データの管理方法を分析する

既存のWebサイトの各ページへのアクセス状況から利用傾向を把握する

Webサイトに対する期待成果や目標に基づく要件を、優先順位をつけて整理する

対象Webサイトの要件定義評価項目を表示

▼評価項目

対象とするWebサイトのビジネスモデルを明らかにする

対象とするWebサイトのターゲットとなる利用者を、利用目的、利用頻度、利用方法等によって特定する

ターゲットとなる利用者に求められるユーザビリティを定義する

対象とするWebサイトに必要なすべてのコンテンツの関連性と必要な更新頻度を定める

システム化要件の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がいずれかのシステムの構成要素に割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性を評価する

システム方式設計における運用および保守の実現可能性を評価する

セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

システム方式設計 システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システム化要件を実現する最上位レベルの方式(ハードウェア構成、ネットワーク、ソフトウェア構成、手作業)を設計する

システムの構成要素単位に機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

アプリケーション、システム、ネットワークの実装のためのセキュリティアーキテクチャを設計する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がいずれかのシステムの構成要素に割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性を評価する

システム方式設計における運用および保守の実現可能性を評価する

システム方式設計(ソフトウェア製品) システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システム化要件を実現する最上位レベルの方式(前提とするハードウェア構成、ネットワーク、当該ソフトウェア製品を含むソフトウェア構成、手作業)を設計する

システムの構成要素単位に機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がいずれかのシステムの構成要素に割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性を評価する

システム方式設計における運用および保守の実現可能性を評価する

システム方式設計(組込みソフトウェア) システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システムのハードウェア構成を決定する

ハードウェア、ソフトウェアにシステム化要件の機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がハードウェア、ソフトウェアのいずれかに割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性をハードウェアとソフトウェアの両面から評価する

システム方式設計(Webサイト) システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システム化要件を実現する最上位レベルの方式(前提とする稼働環境、ソフトウェア構成、手作業)を設計する

システムの構成要素単位に機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がいずれかのシステムの構成要素に割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性を評価する

システム方式設計における運用および保守の実現可能性を評価する

開発準備 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

開発準備(アジャイル) 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

アジャイル開発の準備評価項目を表示

▼評価項目

適用するプラクティスを適用可能な状況、効果、留意点等を踏まえて取捨選択する

要員の習熟度やプロジェクトの不確実性を考慮してイテレーションを設定する

ユーザストーリーの完了判定基準を定め、関係者の同意を得る