タスク一覧



「基盤システム構築」のタスク例

タスク大分類 「基盤システム構築」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
をクリックすると関連する研修・書籍・資格が検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
基盤システム構築 基盤システム設計(共通) 全体設計(基本設計)評価項目を表示
基盤システム設計(プラットフォーム) プラットフォーム設計評価項目を表示

▼評価項目

プラットフォームに対する機能要件、非機能要件、運用要件に基づき製品を選定する

プラットフォームに対する機能要件、非機能要件、運用要件に基づき物理構成を設計する

ハードウェア、オペレーティングシステム、ミドルウェア等のコンポーネントごとのパラメータを設計する

プラットフォーム設計書を作成し、設計が要件を満たし、コンポーネント間の不整合がないことをレビューする

基盤システム設計(データベース) 物理データベース設計評価項目を表示

▼評価項目

データベースに対する機能要件、非機能要件、運用要件に基づき、DBMS製品を選定する

必要となるディスク容量を見積もる

論理的なI/O試算を行い、性能面からボトルネックを検証する

代替データベース、複数ディスクへの分散、データの格納順序、障害対策等を考慮してデータベースの物理的な配置を決定する

レスポンスタイムを想定し、DBMS製品の特性を活かした性能調整(フィールド設計、テーブルの非正規化、インデックスの設定、ファイルアクセス効率の改善等)を行う

機器の故障や災害や事故による障害に備えたデータのバックアップおよび回復の手段を決定する

データベースの運用管理・保守の設計評価項目を表示

▼評価項目

監視対象、監視方法、システム管理要素を特定する

データベースの運用手続きを決定し、データベース運用管理計画を作成する

全社標準およびシステム個別の要求事項を勘案して、データベースの保守方針を決定する

基盤システム設計(ネットワーク) ネットワークシステムの設計評価項目を表示

▼評価項目

サーバ、クライアント等のハードウェアの配置およびプロトコル、トポロジ等のネットワークアーキテクチャを決定し、予想されるネットワークの性能を評価する

セキュリティポリシーを認識し、セキュリティ対策を実現するために必要なネットワーク技術、機器を選定する

機器や回線の故障、災害や事故による障害に備えたバックアップおよび回復の手段を決定する

費用対効果、実現可能性を踏まえた信頼性対策を行う

設計したネットワーク構成が、アップタイム、性能、冗長性、可用性などのネットワーク要件を満たすことを確認する

ユーザの業務への影響の最小化を考慮し、不具合が生じた場合の復旧作業を含めた新ネットワークシステム構築の作業計画を作成する

ネットワークの運用管理・保守の設計評価項目を表示

▼評価項目

監視対象、監視方法、システム管理要素を特定する

ネットワークの運用手続きを決定し、ネットワーク運用管理計画を作成する

全社標準およびシステム個別の要求事項を勘案して、ネットワークの保守方針を決定する

基盤システム設計(システム管理) 運用管理システムの設計評価項目を表示

▼評価項目

運用要件に基づき運用管理ツールを選定する

運用管理設計に基づき、選定した運用管理ツールのパラメータを設計する

運用管理に必要なジョブ制御プログラム(ジョブネット、スクリプト等)を設計する

基盤システム設計(情報セキュリティ) セキュリティの設計評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに則して、情報資産別にアクセス方法を設計する

ネットワーク上のデータの改ざんや攻撃、コンピュータウイルス等の脅威を抑止するための安全策を設計する

ネットワーク以外の攻撃等について、脅威を抑止するための安全策を設計する

セキュリティ監視の範囲および監視結果の情報の保管方法を決定する

実施するセキュリティ対策について、セキュリティアーキテクチャとの整合を図る

特に高度なセキュリティが求められる箇所について、形式手法等を用いて脆弱性が生じにくいソフトウェアの設計・開発を行う

新たな技術や技術改良についてのセキュリティプログラムの実装を識別する

情報保証の観点から、アプリケーション、システム、ネットワークについてのセキュリティ評価を実施し、その結果を文書化する

情報保証において、レビュー結果をもとにセキュリティ、回復力および信頼性に関する対策を提言する

情報セキュリティ要件をもとに、ソフトウェアおよびシステムが備えるべきセキュリティ機能に関するセキュリティ設計仕様書を文書化する

基盤システム構築・テスト(プラットフォーム) プラットフォームの構築評価項目を表示

▼評価項目

サーバやストレージの設置を行い、OS、ドライバソフトウェア、ミドルウェア等のインストールと正常起動を確認する

設計書に基づきコンポーネントのパラメータを設定する

コンポーネント単体の動作テストを実施し、正常動作を確認する

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

コンポーネントを結合し、正常に動作することを確認する

テストを実施し、性能、セキュリティ、バックアップ・リカバリ等が要件に適合することを確認する

性能改善の観点から、必要に応じてチューニングを行う

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(データベース) データベースの構築評価項目を表示

▼評価項目

DBMSのインストール、テーブルやインデックス、ユーザ等の作成、初期データの投入等を行う

設計書に基づきデータベースのパラメータを設定する

求められる性能等の要件を満たすための分析とチューニングを行う

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

データベースアクセステストを実施し、性能、セキュリティ、インテグリティ、バックアップ・リカバリ等が要件に適合することを確認する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(ネットワーク) ネットワークの構築評価項目を表示

▼評価項目

作業計画に基づきネットワーク機器および回線の手配を行う

ネットワーク機器や回線を設置してソフトウェアをインストールし、各々の機器および回線の接続、設定を行う

求められる性能等の要件を満たすための分析とチューニングを行う

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、性能、セキュリティ等が要件に適合することを確認する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(システム管理) 運用管理システムの構築評価項目を表示

▼評価項目

運用管理ツールをインストールし、正常起動を確認する

設計書に基づき運用管理ツールのパラメータを設定する

ジョブ制御プログラム(ジョブネット、スクリプト等)を作成する

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、運用要件に適合することを確認する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(情報セキュリティ) セキュリティの実装評価項目を表示

▼評価項目

情報システムやネットワークの構成要素を識別し、それぞれの構成要素に対してセキュリティ製品を選択し導入する

セキュリティ設計を実装する適当なセキュリティ製品が存在しない場合、必要に応じて独自にソフトウェア開発を行う

セキュリティ設計仕様書に則ったセキュリティ対策を実装する

情報保証の観点から、不適切に実装されたアプリケーション、システム、ネットワークの修正のための取り組みを実施させ、その実施状況を確認する

テスト計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、機密性、完全性、可用性等の要件に適合を確認する

適切な手法やツールを用いて脆弱性の検査を行う

情報保証において、セキュリティ、回復力、信頼性の要件に関するシステムの適合性を測定、評価する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

ISO/IEC 15408の定める手順に基づき、ソフトウェアおよびシステムのセキュリティ評価を行う