タスク一覧



「システム受託開発」のタスク例

タスクプロフィール 「システム受託開発」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
このタスクプロフィールに関する研修・書籍・資格の情報が こちらから検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
IT製品・サービス戦略策定 市場動向の調査・分析・予測 市場機会の発見と選択評価項目を表示
ターゲット市場のビジネスチャンス分析評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点でターゲット市場を具体化する

ターゲット市場を、規模、成長性、競合状況、参入コスト等の観点で評価し、絞り込む

ターゲット市場における製品やサービスの需要を見積もる

IT製品・サービス戦略の策定 ビジネス機会の分析評価項目を表示

▼評価項目

市場や競合他社の状況を踏まえて、ターゲット市場に投入する自社製品・サービスを特定する

ターゲット市場に投入する自社製品・サービスの価値を具体化する

ターゲット市場の規模と販売目標値を設定する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

システム企画立案 システム化構想の立案 システム化構想基本方針の策定評価項目を表示
現行業務、システムの調査分析評価項目を表示

▼評価項目

現行業務を調査し、業務実態を把握する

業務知識の保有状況(有識者の有無、有識者のスキルセットとカバー範囲、ドキュメントの有無と最新性)を調査し、把握する

現行システムの状況(規模、構成、処理方式、非機能要件、データ量、データ構造、保守状況等)を調査し、把握する

現行の業務やシステムの状況から、開発、改善、改革対象の範囲を把握する

新業務の全体像把握と評価指標の設定評価項目を表示

▼評価項目

システム化の主要テーマ(HW/SW老朽化対応、維持コスト削減、業務のスリム化、新ビジネスや新サービスへの対応、要員不足対応等)を設定する

システム化で対応する業務機能のあるべき姿を描く

あるべき業務機能に求められる主要機能を明らかにする

企画するシステムにおける業務運用の定量的評価指標を設定する

企画するシステムにおける業務運用の定性的評価指標を設定する

投資規模の策定評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費の概算を見積もる

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費の概算を見積もる

ビジネスモデルとシステムアーキテクチャによる企業目標、経営戦略およびIT戦略の実現性を評価する

システム化構想の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化構想書の原案を作成する

有識者を集め、システム化構想書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従ってシステム化構想の承認を得る

システム化計画の推進体制を立案する

推進体制案を関係先と調整し、体制を確立する

システム化構想の支援評価項目を表示

▼評価項目

対象業務のユーザ要件を把握する

適用情報技術の調査を通じて、主要機能実現のためのシステム方式を提言する

業界で利用されているアプリケーションの傾向を調査し、適合性について評価、提言する

システム化計画の策定 システム化計画におけるプロジェクト計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画の策定に必要な環境および工程を洗い出す

システム化計画工程のプロジェクト計画書案を作成する

有識者を集め、プロジェクト計画書案をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、プロジェクト計画の承認を得る

システム計画の基本要件の確認評価項目を表示

▼評価項目

システムに求められる基本機能から、システム化の前提条件を整理する

システムが果たすべき機能、役割、サービスを考慮し、システム化の範囲を図式化する

システム化範囲の基本要件について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

対象業務の課題整理評価項目を表示

▼評価項目

システム化におけるユーザの作業分担範囲を決める

対象業務の流れと情報を整理し、業務上の課題を分析する

業務上の課題の中からシステム化によって解決すべき課題を抽出し文書化する

現状システムの分析と対応方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

対象となるシステムの現状について、機能、性能の両面を把握する

システム障害による影響を分析し、障害対策レベルを設定する

既存システムとの連携(制限事項)を踏まえ、採用する技術の評価、選定を行う

業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

システム化機能の整理とシステム方式の検討評価項目を表示

▼評価項目

主要機能を実現するための情報と処理を定義する

主要機能を実現するシステムアーキテクチャを定義する

主要機能が必要とするデータベースとネットワークの一覧および構成を作成する

システム再構築手法(リビルド、リライト、リホスト、ハードウェア更新)を選択する

パッケージソフト導入や外部資源の活用を検討する

付帯機能、付帯設備に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

システム移行にかかわる方針および基本的要件を定める

システム移行のための概略の計画を策する

環境整備に要する大枠のシステム使用期間と使用量を見積もる

業務とシステムに関する教育・訓練の目的および対象範囲等を設定する

教育・訓練の教育体制、設備、環境および実施スケジュール等を設定する

サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

業務に求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムに求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムの品質に対する基本的な要件を定める

システムの品質保証体制に対する基本的な要件を定める

プロジェクトの目標設定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの実施によって取得できる有形、無形の価値を明らかにし、その評価指標を設定する

業務の定量的・定性的評価指標を設定する

システムの定量的・定性的評価指標を設定する

業務やシステムの評価指標について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

実現可能性の検討評価項目を表示

▼評価項目

開発、運用、保守、移行、環境整備および品質に関する基本要件を定める

過去のシステム運用評価の結果を把握し、システム化計画の運用要件の充足度を確認する

システム運用時に発生する障害やリスクに対する保守体制および保守内容の基本要件を定める

開発の期間、コストおよび作業責任分担等の基本方針を定める

技術的、経済的な実現可能性を検討する

全体開発スケジュールの作成評価項目を表示

▼評価項目

システム導入計画の基本要件に適合したサブシステムに分割する

サブシステムの開発優先順位を決定する

サブシステムの単位スケジュールを基本方針に沿って決定する

システム選定方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

システムアーキテクチャの基本的な機能と構成要件を設定する

システム選定の調査範囲を定義する

システム投資予算枠を決定する

費用とシステム投資効果の予測評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費を予測する

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費を予測する

システム化による費用対効果を算出し、評価する

システム化しなかった場合を考慮して費用対効果を算出し、評価する

システム化構想の実現により、企業目標、経営戦略、IT戦略が実現できるかを検証する

システム化計画の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画書の原案を作成する

有識者を集め、システム化計画書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、システム化計画の承認を得る

要員、納期およびコスト等の制約を把握する

開発プロジェクトの構成とその要員数、役割分担を定義する

業務・システム要件定義 業務要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

新要件を考慮した業務フローをプロセス単位で作成し、ユーザの具体的要求事項を可視化する

新業務フローに基づき要求事項の評価を行い、対応範囲を明らかにする

新業務フローに基づき対応範囲以外の業務との関連性を取りまとめる

対応範囲の業務の入力条件、処理条件、出力条件の業務ルールを概要レベルで取りまとめる

対応範囲の業務の例外処理を洗い出し、明らかにする

システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

情報セキュリティ要件定義 情報セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーやコンプライアンス、情報保証上の必要性を情報セキュリティ要件に反映させる

実装すべき情報セキュリティの要件(障害発生時の復旧時間の許容時間、データ復旧範囲等、障害対応に関する要件を含む)、実施レベル、考慮点等を明らかにする

各々の情報セキュリティ要件に対する実装方式を提示する

情報セキュリティ要件を実現するための費用を算出する

システムに存在する脆弱性について、その対策と緩和のための取り組みの方針を決定する(アプリケーションの可用性維持からパッチを適用しない場合の対策等を含む)

情報セキュリティ要件に関する制約事項を抽出する

情報セキュリティ規定の作成評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに基づき、企業活動のセキュリティ規定を作成する

セキュリティポリシーに基づき、情報システムのセキュリティ規定を作成する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ規定を説明し、承認を得る

情報セキュリティ計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

情報セキュリティをベースにしたセキュリティ計画を策定する

セキュリティ計画の立案、およびセキュリティ計画を実行するにあたって発生する問題のソリューションを提案する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ計画を説明し、承認を得る

情報セキュリティ基準の策定評価項目を表示

▼評価項目

事業戦略、事業継続計画に基づき、各物理サイトの物理的保護レベルを定義する

セキュリティホール情報やセキュリティ勧告およびパッチの最新情報の分析に基づき、パッチ適用基準を策定する

従業員のソーシャルメディア使用に関するルールを策定する

アウトソース先のセキュリティ基準を策定する

電子データの信頼性を確保するために、第三者機関が発行する電子証明書と自組織が発行する電子証明書をそれぞれ利用する手続きを策定する

情報ネットワークのセキュリティ対策のためのガイダンス文書の発行管理を行う

部門要件定義 現行業務とシステムの把握評価項目を表示

▼評価項目

事業環境、業務環境の情報を収集し、事業課題を分析する

現行業務を調査し、業務実態を把握する

現行システムの状況を調査し、現行システムの稼働状況を把握する

要求事項の整理評価項目を表示

▼評価項目

現行の業務やシステムの状況から、開発、改善、改革対象の範囲を把握する

対象業務の流れと情報を整理し、業務上の課題を分析する

業務上の課題の中からシステム化によって解決すべき課題を抽出し文書化する

業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能および業務プロセスの再構成を行う

対象業務に対する業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

業務要件定義評価項目を表示

▼評価項目

新要件を考慮した業務フローをプロセス単位で作成し、具体的な要求事項を可視化する

新業務フローに基づき要求事項の評価を行い、対応範囲を明らかにする

新業務フローに基づき対応範囲以外の業務との関連性を取りまとめる

UIデザイン コンセプト設定 ニーズ・ウォンツの設定評価項目を表示
コンセプトの明確化評価項目を表示

▼評価項目

制作物の求められる結果について、顧客に対してインタビューを行い、実現方法を策定する

製品やサービスの特徴を把握し、ポジショニング戦略を立てる

価値基準やモチベーションを明確にしたターゲットユーザを定義する

ターゲットユーザに訴求したいメッセージに適合したトーン&マナー(デザインの属性、キャラクター)を定義する

競合する企業および、製品やサービスと差別化を行うCI(コーポレートアイデンティティ)、VI(ビジュアルアイデンティティ)計画を策定する

要件定義評価項目を表示

▼評価項目

デザインの要件定義(誰に対してどんな製品およびサービスを提供するのかを具体化する)を行う

製品やサービスを導入する効果(目標)を設定する

取り組む範囲を具体的に項目化し、実現するための実践的な計画を策定する

ターゲットユーザや利用環境を考慮し、利用する技術を選定する

利用する技術におけるリスクや前提条件等を把握し、要件として設定する

ユーザビリティへの配慮評価項目を表示

▼評価項目

ターゲットユーザが機能を理解しやすい設計を行う

ターゲットユーザのリテラシに合わせた設計を行う

ターゲットユーザの活動の中で利用しやすい設計を行う

アクセシビリティへの配慮評価項目を表示

▼評価項目

高齢者の利用を想定して、色、コントラスト、図や文字の大きさ、音等に配慮した設計を行う

視覚障害者の利用を想定して、色、コントラスト、文字やコンテンツの大きさ等に配慮した設計を行う

聴覚障害者の利用を想定して、音等に配慮した設計を行う

利用者の目的や利用環境を想定して、閃光等に配慮した設計を行う

ユニバーサルデザインへの配慮評価項目を表示

▼評価項目

使用者を限定せず公平に柔軟に工夫された設計を行う

可読性、視認性を考慮した書体(種類、大きさ、コントラスト、文字間行間)を選定する

重要なコンテンツの認識、読み進める順番等、視線動線を設計する

色覚特性を考慮し、情報の内容と重要性を伝えることができる配色を行う

ユーザの誤認識や操作ミスを誘発しない設計を行う

年齢、性別、身体状況、国籍、言語などの違いに関係なく利用することを想定した設計を行う

基本設計評価項目を表示

▼評価項目

ターゲットユーザのニーズを定義し、デザイン(構成、コンテンツ、パーツ等)要件、範囲を設定する

現行システムの課題やユーザのニーズを踏まえてユーザビリティ要件を具体化する

ターゲットユーザに応じたアクセシビリティの適用範囲を設定する

ターゲットユーザに応じたユーザビリティ、ユニバーサルデザインの適用範囲を設定する

プレゼンテーション評価項目を表示

▼評価項目

コンセプトをまとめ、顧客へプレゼンテーションを実施する

提案内容への質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

プレゼンテーションの結果を振り返り、コンセプトに反映する

計画・情報設計 ガイドラインの策定評価項目を表示

▼評価項目

カラープラン(色相、明度、彩度)を決定する

レイアウト(近接、整列、反復、コントラスト)を決定する

書体(種類、大きさ、コントラスト、ジャンプ率、文字間行間)を決定する

シンボルマーク、ロゴタイプの使い方を決定する

要件定義に基づいたワイヤーフレーム、プロトタイプを作成する

用字用語、文法表現を統一する

ガイドラインおよびデザイン指示書を文書化する

コンテンツ配置計画評価項目を表示

▼評価項目

構成するコンテンツを洗い出し、コンセプトに沿って優先度を決定する

コンテンツをグルーピングし、配置計画を決定する

動線(視線)を考慮したコンテンツ配置を行う

チームビルディング評価項目を表示

▼評価項目

コンセプト、ガイドラインの要件をチームへ伝え、作業範囲を明確にする

デザインコンペなどを企画し、コンセプトやブランディングイメージに合ったデザイナーを選定する

顧客とデザインチームの情報共有方法を決める

計画・情報設計レビュー評価項目を表示

▼評価項目

ガイドラインおよびデザイン指示書を関係者へ説明し、承認を得る

ガイドラインおよびデザイン指示書への質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

計画・情報設計レビューの結果を振り返り、ガイドライン、コンテンツ配置計画に反映する

デザイン制作 ビジュアルデザインの作成評価項目を表示

▼評価項目

コンセプトをもとに、イメージをビジュアル(絵コンテ、カンプ、モックアップ)で具体化する

顧客からのフィードバックとブラッシュアップを繰り返し、ビジュアルデザインを確定させる

CI(コーポレートアイデンティティ)、VI(ビジュアルアイデンティティ)を考慮し、クライアントのブランドを具体的に表現するようオリジナルデザインを作成する

制作に利用するソフトウェアのバージョンや保存形式等を決定する

HTML/CSSコーディング評価項目を表示

▼評価項目

コーディングガイドラインを策定し、コーディングルールを設定する

ガイドライン、処理速度や画面構造を理解した上で、コーディングを行う

要件定義で定められたターゲットユーザの利用環境を考慮し、テスト計画書を作成する

コーディングガイドライン、テスト計画書に応じたテストを行う

ガイドラインの徹底評価項目を表示

▼評価項目

ガイドラインに沿ったデザイン制作が行われているか、定期的な評価を行う

要件や仕様に変更があった場合、ガイドラインから逸脱しないようチーム全体に説明や指示を行う

策定したガイドラインは、関係者にわかりやすく適切に公開する

デザイン制作レビュー評価項目を表示

▼評価項目

制作したデザインを顧客へ提示し、レビューを行い、承認を得る

制作したデザインへの質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

デザイン制作レビューの結果を振り返り、ビジュアルデザイン、HTML/CSSコーディング、ガイドラインに反映する

成果物評価 成果物評価評価項目を表示

▼評価項目

ガイドラインに沿ったデザインとなっているか評価する

コーディングガイドラインに沿って制作されているか評価する

ガイドラインに沿った用字用語、文法表現となっているか評価する

要件定義で定められたターゲットユーザの利用環境に応じたテスト内容が実施されているか評価する

評価項目を確認し、出荷(納品)可能であるか判断する

知的財産の確立 知的財産の確立評価項目を表示

▼評価項目

知的財産権の侵害を行っていないか判断する

知的財産権保護の調査、登録申請手続きを行う

契約時の知的財産権等の所有を決定する

知的財産を保全するため、取扱規則を定める

リリース後の評価改善 改善サイクルの実施評価項目を表示

▼評価項目

顧客の意見やターゲットユーザの利用データから成果を評価し、改善を行う

評価方針(チェック項目、チェックツール、チェックプロセス(いつ、誰が、どのチェックを行うか))を設定する

改善項目を顧客へ報告し、改善提案を行い、承認を得る

ターゲットユーザの利用環境の変化をデザインに反映させ、改善を行う

システム要件定義・方式設計 システム化要件定義 システム化の対象と目的の決定評価項目を表示
要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

機能に関する要求をシステムとして実現するための機能要件として具体化する

現行システムの課題やユーザニーズを踏まえてユーザビリティ要件を具体化する

機能要件に対する実装方式を提示する

機能要件を実現するための費用を算出する

機能要件に関する制約事項を抽出する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム化要件の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象と目的、要件(機能要件、非機能要件)、制約等をシステム化要件定義書にまとめて関係者に説明する

関係者からのレビュー結果を評価し、システム化要件定義書を改定する

システム化要件定義書がシステム化計画として定めた内容を満たしていることについて関係者の同意を得る

セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

システム方式設計 システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システム化要件を実現する最上位レベルの方式(ハードウェア構成、ネットワーク、ソフトウェア構成、手作業)を設計する

システムの構成要素単位に機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

アプリケーション、システム、ネットワークの実装のためのセキュリティアーキテクチャを設計する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がいずれかのシステムの構成要素に割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性を評価する

システム方式設計における運用および保守の実現可能性を評価する

開発準備 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

開発準備(アジャイル) 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

アジャイル開発の準備評価項目を表示

▼評価項目

適用するプラクティスを適用可能な状況、効果、留意点等を踏まえて取捨選択する

要員の習熟度やプロジェクトの不確実性を考慮してイテレーションを設定する

ユーザストーリーの完了判定基準を定め、関係者の同意を得る

運用設計 システム運用設計 方針と基準の策定評価項目を表示
システム運用設計とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

業務の組織、要員、運用体制、運用フロー等の業務運用に基づきシステム運用方式をまとめる

障害監視対象を明らかにし、システム監視方法を設計する

システム運用管理要件を踏まえ、システム監視方式を設計する

システム運用管理要件を踏まえ、バックアップ・リストア方式を設計する

災害発生を想定し、リスク分散や復旧の手順を設計する

運用手順書(定常時、障害時、保守、更新、構成変更)を作成し、レビューする

対象とするシステムの運用計画に、必要なセキュリティレベルを確保するために実施すべき情報セキュリティ対策を反映させる

ITサービス設計 運用・保守サービスの設計評価項目を表示

▼評価項目

運用・保守サービスの要件に基づき、サービスの内容とサービスレベルを運用・保守プランとして具体化する

運用・保守プランの実行方法と体制を具体化し、コストを算出する

運用・保守業務規定、実行に必要なマニュアル等のドキュメントを取りまとめる

システムを構成するソフトウェア(製品、アプリケーション)、ネットワーク、ハードウェア等の責任分界と連絡方法を明らかにする

サービスの内容、提供時間帯、体制、セキュリティ、サービスレベル指標とその目標値等を定めたSLAを作成し、顧客と合意する

移行設計 移行設計 移行の要件と方針の明確化評価項目を表示
移行対象の明確化評価項目を表示

▼評価項目

移行対象(業務、システム、データ、その他の設備)を明らかにする

データのコンバート等、対象毎の移行方法と手順を定める

移行データやシステム動作等、対象毎の移行結果の検証方法を定める

移行テスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

移行ツールのテストの方針と方法を定める

移行テスト環境の作成方針、システム構成、作成スケジュール等を定める

移行リハーサルの方法、実施形態、対象、範囲等を定め、移行リハーサル計画を立案する

移行のスケジュールと体制の明確化評価項目を表示

▼評価項目

限られた時間の中で並行して複数の作業を実施するためのスケジュールを作成する

ユーザ(業務担当者)を含む移行の体制と役割分担を定める

移行のスケジュールと体制、役割分担を関係者に説明し、合意形成する

基盤システム構築 基盤システム設計(共通) 全体設計(基本設計)評価項目を表示
基盤システム設計(プラットフォーム) プラットフォーム設計評価項目を表示

▼評価項目

プラットフォームに対する機能要件、非機能要件、運用要件に基づき製品を選定する

プラットフォームに対する機能要件、非機能要件、運用要件に基づき物理構成を設計する

ハードウェア、オペレーティングシステム、ミドルウェア等のコンポーネントごとのパラメータを設計する

プラットフォーム設計書を作成し、設計が要件を満たし、コンポーネント間の不整合がないことをレビューする

基盤システム設計(データベース) 物理データベース設計評価項目を表示

▼評価項目

データベースに対する機能要件、非機能要件、運用要件に基づき、DBMS製品を選定する

必要となるディスク容量を見積もる

論理的なI/O試算を行い、性能面からボトルネックを検証する

代替データベース、複数ディスクへの分散、データの格納順序、障害対策等を考慮してデータベースの物理的な配置を決定する

レスポンスタイムを想定し、DBMS製品の特性を活かした性能調整(フィールド設計、テーブルの非正規化、インデックスの設定、ファイルアクセス効率の改善等)を行う

機器の故障や災害や事故による障害に備えたデータのバックアップおよび回復の手段を決定する

データベースの運用管理・保守の設計評価項目を表示

▼評価項目

監視対象、監視方法、システム管理要素を特定する

データベースの運用手続きを決定し、データベース運用管理計画を作成する

全社標準およびシステム個別の要求事項を勘案して、データベースの保守方針を決定する

基盤システム設計(ネットワーク) ネットワークシステムの設計評価項目を表示

▼評価項目

サーバ、クライアント等のハードウェアの配置およびプロトコル、トポロジ等のネットワークアーキテクチャを決定し、予想されるネットワークの性能を評価する

セキュリティポリシーを認識し、セキュリティ対策を実現するために必要なネットワーク技術、機器を選定する

機器や回線の故障、災害や事故による障害に備えたバックアップおよび回復の手段を決定する

費用対効果、実現可能性を踏まえた信頼性対策を行う

設計したネットワーク構成が、アップタイム、性能、冗長性、可用性などのネットワーク要件を満たすことを確認する

ユーザの業務への影響の最小化を考慮し、不具合が生じた場合の復旧作業を含めた新ネットワークシステム構築の作業計画を作成する

ネットワークの運用管理・保守の設計評価項目を表示

▼評価項目

監視対象、監視方法、システム管理要素を特定する

ネットワークの運用手続きを決定し、ネットワーク運用管理計画を作成する

全社標準およびシステム個別の要求事項を勘案して、ネットワークの保守方針を決定する

基盤システム設計(システム管理) 運用管理システムの設計評価項目を表示

▼評価項目

運用要件に基づき運用管理ツールを選定する

運用管理設計に基づき、選定した運用管理ツールのパラメータを設計する

運用管理に必要なジョブ制御プログラム(ジョブネット、スクリプト等)を設計する

基盤システム設計(情報セキュリティ) セキュリティの設計評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに則して、情報資産別にアクセス方法を設計する

ネットワーク上のデータの改ざんや攻撃、コンピュータウイルス等の脅威を抑止するための安全策を設計する

ネットワーク以外の攻撃等について、脅威を抑止するための安全策を設計する

セキュリティ監視の範囲および監視結果の情報の保管方法を決定する

実施するセキュリティ対策について、セキュリティアーキテクチャとの整合を図る

特に高度なセキュリティが求められる箇所について、形式手法等を用いて脆弱性が生じにくいソフトウェアの設計・開発を行う

新たな技術や技術改良についてのセキュリティプログラムの実装を識別する

情報保証の観点から、アプリケーション、システム、ネットワークについてのセキュリティ評価を実施し、その結果を文書化する

情報保証において、レビュー結果をもとにセキュリティ、回復力および信頼性に関する対策を提言する

情報セキュリティ要件をもとに、ソフトウェアおよびシステムが備えるべきセキュリティ機能に関するセキュリティ設計仕様書を文書化する

基盤システム構築・テスト(プラットフォーム) プラットフォームの構築評価項目を表示

▼評価項目

サーバやストレージの設置を行い、OS、ドライバソフトウェア、ミドルウェア等のインストールと正常起動を確認する

設計書に基づきコンポーネントのパラメータを設定する

コンポーネント単体の動作テストを実施し、正常動作を確認する

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

コンポーネントを結合し、正常に動作することを確認する

テストを実施し、性能、セキュリティ、バックアップ・リカバリ等が要件に適合することを確認する

性能改善の観点から、必要に応じてチューニングを行う

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(データベース) データベースの構築評価項目を表示

▼評価項目

DBMSのインストール、テーブルやインデックス、ユーザ等の作成、初期データの投入等を行う

設計書に基づきデータベースのパラメータを設定する

求められる性能等の要件を満たすための分析とチューニングを行う

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

データベースアクセステストを実施し、性能、セキュリティ、インテグリティ、バックアップ・リカバリ等が要件に適合することを確認する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(ネットワーク) ネットワークの構築評価項目を表示

▼評価項目

作業計画に基づきネットワーク機器および回線の手配を行う

ネットワーク機器や回線を設置してソフトウェアをインストールし、各々の機器および回線の接続、設定を行う

求められる性能等の要件を満たすための分析とチューニングを行う

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、性能、セキュリティ等が要件に適合することを確認する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(システム管理) 運用管理システムの構築評価項目を表示

▼評価項目

運用管理ツールをインストールし、正常起動を確認する

設計書に基づき運用管理ツールのパラメータを設定する

ジョブ制御プログラム(ジョブネット、スクリプト等)を作成する

テストの計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、運用要件に適合することを確認する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

基盤システム構築・テスト(情報セキュリティ) セキュリティの実装評価項目を表示

▼評価項目

情報システムやネットワークの構成要素を識別し、それぞれの構成要素に対してセキュリティ製品を選択し導入する

セキュリティ設計を実装する適当なセキュリティ製品が存在しない場合、必要に応じて独自にソフトウェア開発を行う

セキュリティ設計仕様書に則ったセキュリティ対策を実装する

情報保証の観点から、不適切に実装されたアプリケーション、システム、ネットワークの修正のための取り組みを実施させ、その実施状況を確認する

テスト計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、機密性、完全性、可用性等の要件に適合を確認する

適切な手法やツールを用いて脆弱性の検査を行う

情報保証において、セキュリティ、回復力、信頼性の要件に関するシステムの適合性を測定、評価する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

ISO/IEC 15408の定める手順に基づき、ソフトウェアおよびシステムのセキュリティ評価を行う

アプリケーションシステム開発 ソフトウェア要件定義 機能要件と非機能要件の定義評価項目を表示
インタフェース要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

データの受け渡しを行う他の業務および受け渡しを行うデータを抽出する

データの受け渡しの方向(入力、出力、入出力)、手段、方法、タイミングを検討する

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全方式を検討する

サブシステム間や他システムとのインタフェースの要件を定める

ユーザビリティを考慮してユーザインタフェースの要件を定める

概念データモデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

システム化対象範囲のすべてのデータを分析し、管理すべきデータを抽出する

ビジネスルールを踏まえて、システム化対象範囲のデータ構造をER図にまとめる

データ(エンティティ)とビジネスプロセス(機能)との関連をCRUD図にまとめ、データライフサイクルを検証する

ソフトウェア要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

システム要件およびシステム方式設計への追跡可能性を評価する

システム要件との外部一貫性を評価する

ソフトウェア要件の内部一貫性およびテスト可能性を評価する

ソフトウェア方式設計の実現可能性を評価する

運用および保守の実現可能性を評価する

パッケージ利用時のフィット&ギャップ分析評価項目を表示

▼評価項目

機能要件に対するパッケージ機能の網羅性を検証する

外部インタフェース要件に対するパッケージの外部インタフェースの網羅性を検証する

概念データモデルに対するパッケージデータモデルの適合性を検証する

機能、外部インタフェース、データ構造の適合性と網羅性の検証結果により、パッケージの利用可否を判断する

パッケージを利用する場合は、カスタマイズやアドオンの範囲および各要件変更箇所を決定し、ソフトウェア要件定義に反映する

ソフトウェア方式設計 ソフトウェアコンポーネントの方式設計評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア要件定義で定義されたビジネスプロセスをコンポーネントに分割する

すべてのソフトウェア要件が分割されたコンポーネントのいずれかに割り当てられることを確認する

分割されたコンポーネント毎に実現方式を設計する

インタフェースの方式設計評価項目を表示

▼評価項目

分割されたコンポーネント間のインタフェースの実現方式を設計する

分割されたコンポーネントのユーザインタフェースの実現方式を設計する

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全方式の手続きを設計する

論理データベース設計(論理データモデルの作成)評価項目を表示

▼評価項目

概念データモデルで確定した対象範囲について、既存のデータベースやファイル、帳票、画面等、関連する情報から項目レベルでデータを捕捉し、整理する

整理されたデータ項目と概念データモデルをもとに、ビジネスの視点でより詳細なER図(論理データモデル)を作成し、データを正規化する

ビジネスルールと論理データモデルを照らし合わせて、モデルの整合性や安定性を検証する

システムの処理とデータとの関連をCRUD図にまとめ、構造面からボトルネックを検証する

コード設計評価項目を表示

▼評価項目

コード化の対象とするデータを選定する

コード化する目的と利用範囲を明らかにする

データ量や管理のしやすさを想定した上でコードを決定する

コード体系を決定し、コード表を作成する

データサービスを活用した設計評価項目を表示

▼評価項目

各種データ提供者の提供する外部データの適合性を検討する

外部データサービスとの連携方式およびデータ構造、インタフェースの標準化と共有化を検討する

外部データサービスと連携するプログラムおよびモジュールの共有化を検討する

検討結果をもとにデータサービスを活用した方式設計を行う

パッケージのカスタマイズ方針の決定評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア要件定義で定義されたカスタマイズの範囲をもとに、カスタマイズの内容を決定する

ソフトウェア要件定義で定義されたアドオンの範囲をもとに、アドオンの機能を決定する

パッケージおよびアドオン機能とのデータ連携、インタフェースの標準化と共有化を検討する

検討結果をもとに、アドオン機能に関する方式設計を行う

開発環境構築 開発環境構築計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

稼働予定の環境との同一性や類似性、開発独自の要求等を踏まえて開発環境要件としてまとめる

開発スケジュール(時期、利用リソース)との整合性や費用等の制約に基づき、開発環境の構築計画を作成する

開発するソフトウェアの構成管理、セキュリティ、開発およびリリースに関するルール設定等のリスク要件を意識した構築計画を作成する

開発環境の構築と維持評価項目を表示

▼評価項目

開発環境の構築計画に基づき、必要なリソースを調達して環境を構築する

開発環境の利用時から利用完了まで、必要な環境を維持できるように、リソースの確保と保守を実施する

スケジュールや仕様の変更、稼働環境条件の変更等が発生した場合は、速やかに開発環境や計画への影響を検証し、対処する

アプリケーション共通基盤設計・構築 アプリケーション共通基盤の設計評価項目を表示

▼評価項目

アプリケーション共通基盤(アプリケーションフレームワーク、実装ガイドライン、サンプルプログラム、開発ツール等)の機能要件を明らかにする

アプリケーション共通基盤とその他との機能の分界を明らかにする

機能要件と分界に基づき、アプリケーション共通基盤を設計する

アプリケーションシステムの可用性、性能、拡張性、セキュリティ等の要件を実現するアプリケーション共通基盤を設計する

アプリケーション共通基盤の構築・テスト評価項目を表示

▼評価項目

設計を踏まえ、アプリケーション共通基盤を構築する

開発環境上でアプリケーション共通基盤の検証を行う

アプリケーション共通基盤の維持、管理を行う

アプリケーション構築の支援評価項目を表示

▼評価項目

アプリケーション共通基盤に関する開発者向けマニュアルを作成する

開発環境と利用方法、条件を説明し、適切な利用ができるように指導する

アプリケーション共通基盤の各機能とインタフェースを説明し、仕様に則した利用ができるように指導する

アプリケーション共通基盤の運用管理において、適格性および安全性を確保する

業務プロセス設計 業務プロセスの設計評価項目を表示

▼評価項目

実装を意識して、ソフトウェア要件定義で作成したプロセスモデルを見直す

ユーザビリティを考慮して業務プロセスを設計する

業務プロセスの粒度(抽象度、詳細度)を揃える

プロセスモデルと論理データモデルとの整合性を確保する

プロセス単位に、担当者および関係者や組織とソフトウェアの責任分担を明らかにし、それぞれの振る舞いをまとめる

ソフトウェア詳細設計 ソフトウェアコンポーネント設計(機能分割・構造化)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア方式設計で定義したコンポーネントをコーディング、コンパイル、テストの実施に最適な単位のユニットに詳細化する

すべてのソフトウェア要件が、コンポーネントからユニットへ割り当てられることを確認する

詳細化されたユニット単位に詳細設計を行う

入出力詳細設計評価項目を表示

▼評価項目

コンポーネント間のインタフェースの詳細設計を行う

コンポーネント毎のユーザインタフェースの詳細設計を行う

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全処理の詳細設計を行う

パッケージカスタマイズ・アドオン設計評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア方式設計で定義したカスタマイズの内容に基づき、パラメータの設定を決定する

ソフトウェア方式設計で定義したアドオン機能の詳細設計を行う

パッケージおよびアドオン機能とのインタフェースの詳細設計を行う

データサービスの活用評価項目を表示

▼評価項目

外部データサービスとの連携方式およびデータ構造、インタフェースの詳細設計を行う

外部データサービスと連携するプログラムおよびモジュールを共有化し、詳細設計を行う

外部データの取り込みや加工のロジックを決定し、詳細設計を行う

ソフトウェアコード作成・単体テスト プログラム構造設計(モジュール分割・モジュール設計)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア詳細設計で定義したユニットをもとに、プログラムを構成するすべてのモジュールを定義する

定義されたモジュール間の階層構造を定義する

モジュール間のインタフェースを定義する

類似するモジュール、変数、定数等の共有化を検討する

単体テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

モジュール単位のテスト密度と網羅性を定め、単体テスト計画書を作成する

プログラムの機能と目的を理解した上で、モジュール単位に定められたテスト密度、網羅性に基づいて単体テストケースを洗い出す

単体テストに必要な体制、環境等のリソースを明らかにし、準備作業を含めたスケジュールを作成する

選定した単体テストケース、単体テストの目標、評価基準、問題への対応方法を盛り込んだ単体テスト仕様書を作成する

プログラミング評価項目を表示

▼評価項目

コーディング規約、命名規則、レビュー記録、バージョン管理などの開発標準を遵守してコーディングを行う

設計書(詳細設計書、プログラム仕様書)に基づいたコーディングを行う

作成するプログラムの機能を理解し、APIや再利用、代替プログラムを活用する

データ構造を理解し、データアクセス技術(SQL)を活用してプログラムを作成する

処理速度を意識してプログラムを作成する

セキュリティホールへの対策を理解して、セキュアなプログラムを作成する

デバッグの手法やデバッガなどの有効な手段を活用してプログラミング上の欠陥や誤りを発見し、修正を行う

プログラムのデグレードが発生しないための管理方法を理解し、実践する

単体テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

単体テスト計画に則したテストデータやスタブの作成等のテスト準備を実施する

単体テスト計画に則したテストを実施し、テストツールを利用してデバッグする

単体テストの結果から、プログラムが仕様通りに動作することを評価し、テストの完了を判断する

ソフトウェア結合テスト 結合テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ結合テスト計画書を作成する

結合テストの責任者を明らかにし、テスト担当者、修正担当者等のテストチームを編成する

複数の単体プログラムにまたがる一連の処理やそのインタフェースを確認できるテスト仕様書を作成する

ソフトウェア結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

各コンポーネントをソフトウェア設計に則して結合し、動作可能な環境を構築する

ソフトウェア結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

結合テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

結合テスト仕様を満たすテストデータを、データ作成プログラム等も活用しながら準備する

個々の結合テストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

結合テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果のエビデンスを残し、結合テストの実施結果を報告する

システムテスト システムテスト計画策定 システムテスト計画の作成評価項目を表示
システムテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

各々の機能の特性に即し、システム要件を網羅したテストケースを設定する

性能要件として定められた事項に適したテスト環境、状態を定義し、目標性能と共にテストケースを設定する

システムテスト計画書に基づき、テストに必要な資源(ツール、コンピュータ資源、要員、体制等)を手配する

検証すべきテストケースに適したテストデータをデータ作成プログラム等も活用しながら準備する

システムテスト実施 システム結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

システム構成仕様に基づき、システムを構成するすべてのコンポーネントを結合し、動作可能な環境を作成する

システム結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

システムテストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

個々のシステムテストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

システムテストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

性能テストを実施し、再現性のある性能結果をまとめ、課題を洗い出す

システムの高負荷状態をシミュレーションや実環境で実現して負荷テストを実施し、結果を集計、分析して問題を明らかにする

システムテストで洗い出された課題を解決するために、設計、開発およびテストの再行計画を作成する

運用テスト 運用テストの準備評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ運用テスト計画書を作成する

業務サイクル(日次、週次、月次、随時、四半期、半期、年次)を仮定したテスト仕様書を作成する

最大限、実データを利用して、運用テスト仕様を満たすテストデータを準備する

運用テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

運用手順書に準じて運用テストを行い、その結果を結果データと共に報告する

運用テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

解決された不具合の対応結果を検証する

運用テストの結果に基づき、運用手順書の改定や教育・訓練を推進する

セキュリティテスト セキュリティテスト計画策定 セキュリティテスト計画の作成評価項目を表示
セキュリティテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果として報告すべき内容(不適格と判定されたテスト項目について、発生条件、リスクの大きさ、実施すべき対策の明示等)をテスト実施要領として定める

テスト計画書およびテスト実施要領に基づき、テスト実施体制を決定する(社内体制の構築または外部機関の選定)

テストの実施に必要な環境や条件を明らかにする

セキュリティテスト実施 セキュリティテストの実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト計画書に基づき、テストの実施に必要な環境を準備する

テスト計画書およびテスト実施要領に基づくセキュリティテストを実施(または委託)する

テスト結果の報告を受け、テスト計画およびテスト実施要領に準じた内容であることを確認する

セキュリティテスト結果の対策実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果を評価し、不適格と判定されたテスト項目への対策の必要可否を判断する

対策の内容(設計変更、システム運用方法の変更等)を定める

当該システムに施した対策に対する再テストを行い、判定結果に基づいた対策を定める

セキュリティテストの結果と対策の内容を関連文書(設計書、テスト仕様書、運用手順書等)に反映する

移行・導入(システムリリース) 受入れテスト 受入れテスト計画の作成評価項目を表示
受入れテストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

受入テストを実施し、テスト成績を記録する

開発側と連携し、テスト中に発生した問題の対応策を決める

システムの機能と操作を把握し、テストシナリオに則したテストを実施する

テスト結果を評価し、本番導入のための条件を具体的に指し示し、開発側と合意形成する

受入れテストの支援評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ受入れテスト計画書のたたき台を作成する

ユーザから提供されたテストデータをもとに、受入テスト環境を準備する

ユーザがテストを行う際、システムの操作方法や既存システムとの違い等を説明しながらテストを支援する

テストの進行状況についての情報をユーザと共有し、ユーザの課題解決を支援する

移行 移行の準備評価項目を表示

▼評価項目

移行の対象、移行テスト環境、本環境との相違を踏まえたテストデータ、検証項目、テスト用プログラム等を準備する

ユーザや現場担当者に移行計画を説明し、判断や協力を仰ぐ等の事前準備を行う

連携するシステムの担当者と調整し、連携箇所の移行・確認作業を計画する

事前に移行テスト(移行のリハーサル)を計画、実施し、移行計画を改善する

移行リハーサルの実施評価項目を表示

▼評価項目

移行の実施計画に従い、手順を検証する

切り戻しのポイントと条件、手順を検証する

移行の所用時間を測り、ボトルネックを確認する

システムの移行だけでなく、業務の移行も正しく行われることを検証する

移行に要した時間、発生したトラブル、改善項目を記録し、移行計画を改善する

移行の実施評価項目を表示

▼評価項目

移行計画に基づいた作業を実施し、作業状況や発生した課題を随時報告する

移行データやシステムの動作に対して、移行計画に基づいた検証を行う

移行計画やタイムスケジュールに基づいた移行を推進する

問題が発生した際、計画に基づいた作業の中止、切り戻し等の判断や、定められた連絡体制に基づいた連絡と対策の提示を行う

移行計画に基づき、移行完了を判断する

引継ぎに必要なドキュメントを作成し、運用担当へ引き渡す

導入 教育準備と実施評価項目を表示

▼評価項目

システムの運用、保守、利用のための教育プログラムを作成する

教育プログラムを効果的に実施するためのマニュアルや教材を用意する

教育プログラムを実施し、技術移転の成果を測定して必要な補足教育を計画、実施する

マニュアルの作成評価項目を表示

▼評価項目

ユーザのニーズに基づき、導入したシステムの利用、運用、保守にかかわるマニュアル体系を整備する

目的や対象者、マニュアルが使用される状況等に合致したマニュアルを作成もしくは入手する

システム要件と開発ドキュメント、テスト結果と照らし合わせて、作成したマニュアルを精査する

本稼働評価項目を表示

▼評価項目

システムテスト、受入れテスト、移行テストの結果、および運用に必要な教育やマニュアル整備の状況に基づき、本稼働の可否を判断する

関係者に本稼働のスケジュール、連絡体制、障害発生時の対応方法等を周知する

安定稼働までの監視体制を構築し、稼働状況を監視・検証する

ソフトウェア保守 保守の方針と計画の策定 保守および更新・構成変更の方針策定評価項目を表示
保守計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

保守計画(体制、スケジュール等)を作成し、運用および保守の責任者の承認を得る

情報資産のシステムライフサイクルを把握し、資産の償却期間を考慮した保守計画を作成する

開発環境の構築等、開発業務から引き継いだテスト環境を利用するための準備を行う

変更されたコンポーネントの受入れ基準を明らかにし、テストの内容やレビュー方法を運用および開発責任者と合意する

問題の調査と分析 問題の把握評価項目を表示

▼評価項目

報告された問題に関する事実、現象と発生環境を分析し、派生する他の現象や原因の候補を洗い出す

原因を特定するための情報とその入手方法を明らかにし、可能な方法を実行する

収集した情報から問題の原因を絞り込み(または特定し)、問題の拡大を回避する方法や代替策を明らかにする

保守内容、影響範囲の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

保守の要求事項を確認し、影響範囲や費用対効果を調査、分析して、保守要件として具体化する

保守対象ドキュメント、プログラム、データ等の分析結果を記録する

変更依頼を作成し、ユーザおよび保守の責任者の承認を得る

プロジェクトマネジメント プロジェクト立ち上げ プロジェクト企画書の作成評価項目を表示
プロジェクト企画書の申請と説明評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト企画書を必要な関係者に配布し、承認の手続きをとる

プロジェクト企画書の説明と質疑応答を行い、必要な関係者の理解を得る

承認手続きを通じて設定された制約が支障とならないことを確認する

プロジェクト企画書の完成評価項目を表示

▼評価項目

組織体における実行可能性を検討する

プロジェクトマネージャを任命し、その役割、任務、権限を明らかにする

プロジェクトマネージャに企画内容をプロジェクトの初期要求として伝える

プロジェクト計画策定 スコープ計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト成果を組織体の経営戦略、事業戦略等に貢献するものとして明らかにする

ユーザに対する品質保証基準としての満足度基準を明らかにする

プロジェクト推進組織が果たすべき役割と任務を明らかにする

成果物、費用、期間、品質、利用者、規模、機能、技術、リスク等のプロジェクト情報を定義し、範囲を明らかにする

プロジェクト推進の前提条件および制約事項を明らかにする

プロジェクト計画および実行時に解決すべき課題を明らかにする

スコープ管理方針を提示する

プロジェクト方針の決定評価項目を表示

▼評価項目

システムの特性に適合したライフサイクルモデルを選定する

システムの特性に適合したシステム開発技法、システム開発環境を選定する

プロジェクト方針の代替案を提示する

スコープの定義評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの目的、目標を明らかにし、関係者に説明する

プロジェクトの前提条件、制約条件を明らかにし、関係者に説明する

プロジェクト全体の作業を概要レベルタスクに分解し、WBSを作成する

概要レベルタスク遂行の優先順位を明らかにし、その基準を関係者に説明する

各タスクの成果物を定義する

スケジュール計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

スケジュール管理が可能な規模の詳細レベルタスクを定義する

主要成果物の完了時期や評価会議の時期等を含むマイルストーンを定義する

詳細レベルタスク間の相互依存関係を考慮した実施順序を設定する

作業実施時間の見積りを見積り基準に照らして設定する

クリティカルパス、リードタイム(作業の着手から完了までの期間)や、遅れの許容範囲を含めた作業実施時間を見積る

スケジュールリスクを明らかにし、スケジュールの代替案を提示する

資源計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトに必要となる主要な資源の利用根拠を明らかにする

必要な資源に関する質、投入・調達の量および時期を定義する

調達先に対する調査、分析、評価を行う

資源計画に関する代替案を提示する

資源投資リスクを明らかにする

組織要員計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト組織の役割と責任を定義する

プロジェクト組織を適正な規模のチームに分割し、チームの役割、クリティカルスキルおよび責任を明らかにする

知識、スキル、経験、生産性、志向、性格等を考慮し、プロジェクトの特徴に適合する適材適所の要員配置を行う

組織要員計画に関する代替案を提示する

組織編制および要員配置リスクを明らかにする

調達計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトスコープから、外部調達すべき範囲と必要性を明らかにする

情報システムベンダの特質、力量、実績等の現状を調査する

調達先に要求すべき特質、力量、実績を明らかにする

プロジェクトの特徴に適合した調達の形態を検討して調達仕様を定義し、文書化する

調達リスクを明らかにする

費用計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトスコープから作業に必要な人員、機器等の資源を洗い出し、必要な金額を積算する

金額および出費の時期を明らかにする

プロジェクトの予算内において、積算した必要金額の調整を行い、実行可能な予算計画を策定する

費用リスクを明らかにする

品質保証計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトに求められる品質特性を理解し、品質方針と達成目標(品質基準)を定める

品質を作り込む手段としての開発プロセス、アーキテクチャ、基準、規約等を選択または決定する

品質保証のための組織構造、責任、プロセス、資源等を明らかにし、品質保証計画を策定する

品質リスクを明らかにする

リスク管理計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトにかかわる主要なリスク(スケジュール、資源計画、組織・要員、調達、費用、品質)を想定する

リスクの発生確率や影響範囲を定量化する

リスクがプロジェクトに与える影響度を計り、対応の優先順位を決定し、対応策を立案する

リスク発生の予防策を計画し、詳細レベルタスクに組み込む

不測事態対応計画を策定する

リスク発生を監視、追跡し、コントロールするための管理表を作成する

コミュニケーション計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

収集と伝達が必要なプロジェクト情報、関係者への伝達手段を定義する

関係者間のコミュニケーションと情報伝達を図るための仕組みやルールを定義する

プロジェクト情報の報告方法を定義する

収集したプロジェクト情報の分類と保管のためのルールを定義する

コミュニケーション計画を策定する

プロジェクト計画書の作成評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの目的、目標、成果物、推進体制を定める

プロジェクトの実行に際しての前提や制約を明らかにする

プロジェクト状況報告の方法およびその承認ルールを定める

問題発生時の対応策に関する承認ルールを定める

プロジェクトの監視、追跡およびプロジェクト管理の方針を定める

各工程の完了条件およびユーザによる検収条件を定める

プロジェクト計画書を作成し、必要な関係者の承認を得る

プロジェクト追跡と実行管理 プロジェクトの実行管理評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトが計画通りに推移するようコントロールする

計画と実施の差異に対して、必要な是正策を実施する

計画の変更が承認された場合、変更を確実に実施し、その効果を追跡する

プロジェクトの監視と追跡評価項目を表示

▼評価項目

すべてのプロジェクト実行管理要素の監視および追跡方法を明らかにする

監視および追跡の頻度を明らかにし、必要な時期に手順通りに監視および追跡を行う

すべての異常な進行、異常の予兆を発見し、分析する

知識管理評価項目を表示

▼評価項目

コミュニケーションの活性化や信頼関係の構築等を通じて、プロジェクトの関係者のスキル、経験、専門知識の共有の動機付けを行う

情報管理のためのツールや技法を活用し、新たな情報の創出や形式知の共有を促進する

知識管理のためのツールや技法を活用し、新たな知識の創出や暗黙知の共有、プロジェクトの関係者の知識の統合を促進する

問題管理評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト推進中のすべての問題を識別し、適切な情報を収集して分析する

問題の重要性を識別し、影響を推定する

発生した問題に対して、必要に応じて対策を講じる

大きな問題は変更管理の対象として処理する

発生した問題に類似する他の問題の潜在性を検証する

発生したすべての問題および解決の過程を文書化する

工程完了評価評価項目を表示

▼評価項目

スケジュール計画で決められた期日に、工程完了条件項目に沿ってレビューおよび評価を実施する

レビューおよび評価を行うための情報を収集する

工程内で認識した改善事項を、以降の工程で有効活用する

レビューおよび評価結果を文書化する

プロジェクト状況の報告評価項目を表示

▼評価項目

成果物、プロジェクトの進行状況、組織活動、プロジェクト管理の結果を文書化し、報告する

重要な問題の発生とその対応結果を文書化し、報告する

承認された変更管理の実施状況およびその結果を文書化し、報告する

進捗管理評価項目を表示

▼評価項目

最優先で管理すべき作業工程(クリティカルパス)を把握する

マイルストーンにおける目標達成状況を確認する

進捗遅延に対する対策を講じる

プロジェクト全体の進捗に大きな影響を与える遅延に対しては、スケジュール変更を計画し、承認を受けて実施する

資源管理評価項目を表示

▼評価項目

資源を計画通りに投入配置し、活用する

資源の過不足が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクトの全体の進捗に大きな影響を与える資源不足に対しては、資源変更を計画し、承認を受けて実施する

組織要員管理評価項目を表示

▼評価項目

要員とチームにおける効率性、負荷バランス、技術水準、協調体制、意思疎通およびプロジェクト管理方式等に関する評価を行う

各チームの要員に過不足がないかを監視し、過不足が生じた場合は、調達、配置転換等の対応を立案する

要員とチームが役割と責任を果たし、業務を遂行するための施策を講じる

調達管理評価項目を表示

▼評価項目

外部調達選定基準に照らして最適な外部委託先を選定する

契約交渉段階で、プロジェクト計画に適合する条件協議を行う

計画未達の場合、委託企業から解決策提案を受け、その妥当性と実現性を審査し、実行させる

契約スコープ外の作業に関して、契約変更を計画し、承認を受け実施する

費用管理評価項目を表示

▼評価項目

支払いをプロジェクト全体計画通りに実施する

費用超過が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体に大きな影響を与える費用超過に対しては、費用変更を計画し、承認を受けて実施する

品質管理評価項目を表示

▼評価項目

定められた手順に沿って、品質管理を実施する

品質基準に満たない事象が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体の品質に大きな影響が予測される場合、品質保証計画を変更し、承認を受けて実施する

品質保証計画の変更に伴う改善状況を確認する

リスク管理評価項目を表示

▼評価項目

リスク管理対象のすべての要素に対して監視および追跡を継続する

計画されたすべてのリスク予防策を実施し、その効果を確認する

新たに識別したリスクへの予防策、発生時対応計画を策定し、実施する

リスクの発生に伴い、不測事態対応計画を実行して復旧状態を確認し、その過程を評価する

リスク発生に伴うすべての事項を文書化する

コミュニケーション管理評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト情報の収集と報告をプロジェクト計画通りに実施させる

会議体の設定を計画通りに実行させる

コミュニケーションの過不足が認識された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体の進捗に大きな影響を与えるコミュニケーション不足については、コミュニケーション計画を変更し、承認を受けて実施する

ステークホルダ・エンゲージメント管理評価項目を表示

▼評価項目

ステークホルダを適切な段階で関与させ、継続的なコミットメントを獲得、維持する

交渉やコミュニケーションを通してステークホルダの期待をマネジメントする

ステークホルダとの関係におけるリスクや潜在的な懸念に対処し、ステークホルダから提起され得る将来の課題を予測する

ステークホルダとの関係における課題を明らかにし、解決する

ステークホルダのプロジェクトへの関与の度合いや影響を監視し、必要に応じてステークホルダ・エンゲージメント計画を見直す

変更管理評価項目を表示

▼評価項目

起案されたすべての変更要求を受け付け、保存(データベース化)する

プロジェクトの変更要求に関連する付帯的な情報を収集し、変更要求を把握する

プロジェクトの変更要求に対する分析と評価を行い、その対応方針を定める

変更による、スコープ、スケジュール、費用等への影響を推定する

プロジェクトの変更要求と対応策について、関係者と基準に照らして評価し、承認する

変更実施を直接的な関わりを持つ、もしくはその影響を受けるすべての関係者に伝達する

プロジェクト終結 プロジェクト終結の確認評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト計画書に記述されたすべての成果物が揃っているかを確認する

成果物が設定されたユーザ検収条件を満たすことを確認する

プロジェクトの完了条件を満たしているかを確認し、プロジェクト終了状況を把握する

すべての残項目を明らかにする

プロジェクトの完了報告評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト全体の実行要約を文書化する

初期計画と完了時の差異発生の原因を文書化する

実施した変更の効果を文書化する

すべての成果物をユーザおよび製品管理者に引き渡し、検収、承認を得る

プロジェクトの完了状況を関係者に報告する

プロジェクトの終結をすべてのプロジェクト関係者に通知する

プロジェクトの完了評価評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト完了後、プロジェクトの概要、実行結果等を整理し、文書化する

プロジェクト計画、実行過程、管理方法、成果(ノウハウ、知識、経験等)等に関する評価を行う

プロジェクトの実績情報の収集、整理を行う

プロジェクトの実績情報の分析を行う

プロジェクトの実績情報、分析結果を情報共有する

プロジェクト個別の品質マネジメント レビューのマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト計画時に、レビューの対象とする成果物、実施時期、完了判断を定める

レビュー対象の成果物が当該プロセスの要求事項を満たすことを確認し、指摘事項を含むレビュー報告書を作成する

レビューの実施結果を評価し、レビュープロセス自身の改善を行う

テストのマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト計画時に、プロジェクトが実施するテスト活動に関与する組織とその役割(テストの実施、監視等)を定める

プロジェクトの対象プロダクト(システム、製品)、採用する開発プロセス、品質目標等に応じて、実施するテストレベルを定める

プロジェクトにおけるテスト活動の指針やプロセス、ゴールとそれに至る手段に基づき、実現可能なテスト実施計画を策定する

テスト計画を妨げる要因を識別し、テスト漏れによって発生する損害の発生や影響を最小限とするようにテストを(再)計画、管理する

テストプロセスの進捗状況や実施結果に関する情報を収集する

テストレベルやテスト項目に応じたテスト環境を確保し、その環境をテスト実行のリソースを含めて維持する

品質分析・評価のマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

評価対象、評価スケジュール、評価者を定めた品質評価計画を策定する

品質に関するニーズを品質要求定義として、品質特性、副特性を用いて品質目標、測定基準、測定手法を定める

主要な開発プロセスの成果データを取得し、品質目標と比較して分析、評価する

評価結果を総合し、プロダクトの全体品質を評価する

評価データ、分析・評価結果に基づいてプロダクト品質やプロセスの弱点を探り、改善事項として整理する

システム評価・改善 ITシステムの評価 ITシステム評価指標による検証評価項目を表示
ITシステム評価報告の成案化評価項目を表示

▼評価項目

ITシステムの評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

業務運用の評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

ITシステムの評価結果、課題、ニーズおよび開発経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

業務運用の評価結果、課題、ニーズおよび運用経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

ITシステムの企画・運用に関する評価結果を報告書に取りまとめ、組織体のルールに基づき承認を得る

IT製品・サービス戦略評価・改善 IT製品・サービス戦略の評価 販売実績に基づく評価評価項目を表示
調査・分析に基づく評価評価項目を表示

▼評価項目

ブランドイメージや顧客満足度等の調査を実施し、その結果を分析する

調査結果に基づきIT製品・サービス戦略の評価を行い、課題を抽出する

IT製品・サービスの評価結果と課題を報告書にまとめ、次期の戦略策定にフィードバックする

品質マネジメント 品質管理のコントロール 品質マネジメントシステムの運用評価項目を表示
品質標準および品質管理実践基準の定義評価項目を表示

▼評価項目

品質標準や品質管理の実践基準に関する技術動向や業界のベストプラクティスを把握する

システムのライフサイクルを通じた開発、保守、運用、調達の品質に関する標準を定義する

主要な工程ごとの品質標準に対する測定基準と承認基準を設定する

設定した品質標準および品質管理実践基準を、関係者の合意を経て関係組織に導入する

品質の測定、モニタリングおよび改善評価項目を表示

▼評価項目

品質マネジメントシステムのコンプライアンスおよび品質マネジメントシステムが提供する価値をモニタするための測定項目を設定する

各プロジェクト、プロセスへの品質標準、品質管理実践基準の導入状況をモニタリングし、準拠性の評価と例外の妥当性を判断する

品質標準および品質管理実践基準の非準拠等の例外の要因を特定し、プロセス標準や実施内容との調整を図りながら改善する

組織全体の品質マネジメント 検査のマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア開発の各工程での検査要領(検査方針、体制、方法、環境や日程)を明らかにし、検査計画書を作成する

ソフトウェア開発の成果物の各種ドキュメント(設計書、マニュアル、テスト計画書等)を検査し、合否を判定する

各テスト工程完了時に、テスト工程での摘出不良件数や摘出傾向の監査やサンプリング検査を行い、検査の合格に不十分な点の対策を開発担当に実施させる

ユーザ(利用者)の立場でプロダクト検査内容を作成、実施し、合否を判定する

契約管理 契約締結管理 委託/受託業務の内容と責任分担の明確化評価項目を表示
法的要件を満たした契約内容の作成評価項目を表示

▼評価項目

(相手方/当方が)作成したプログラム、データおよびドキュメントの知的財産権の帰属を明らかにして、契約書に反映する

必要な特約条項および免責条項を明らかにして、契約書に反映する

損害賠償に関する会社方針を確認し、損害賠償条項を契約書に反映する

該当案件の再委託にかかわる方針を明らかにし、再委託条項を契約書に反映する

再委託先の機密保持の適用条件を契約書に明記する

監査に関する会社方針を確認し、監査条項を契約書に反映する

監査の対象範囲、適用する基準および結果の取り扱いを明らかにする

契約の締結評価項目を表示

▼評価項目

契約上の責任、役割、条件、関連する法令、組織体の規定に関する事項が網羅されているか、契約内容を確認する

契約条項の内容を理解し、優先して交渉する条項、譲歩ができる条項等の区別を行う

契約交渉を行い、相手方の指摘や主張の内容や狙いを確認し、法務部門と連携して受入可否の判断を行う

当方の主張、相手方の主張を調整し、合意形成を行う

委託/受託契約ルール遵守評価項目を表示

▼評価項目

委託契約ルールまたは受託契約ルールを定める

委託/受託契約ルールに基づいた契約書を作成し、委託/受託の責任者の承認を得る

契約書の内容を関係者に周知徹底する

供給/委託先の選択・交渉評価項目を表示

▼評価項目

供給・委託先の選択ルールに基づき、その手順を明らかにする

供給・委託先を決定し、その理由を根拠となる情報と共に関係者に説明する

購買要件、条件を明らかにし、供給・委託先に提示の上で合意形成を図る

選定した供給・委託先との契約内容を確定するために、必要に応じて法務部門や外部専門家の指導を受けながら、知的所有権、ライセンス条件等を含めた契約内容を交渉する

費用の支払い方法、支払い条件を確定し、日常業務の経理部門に対して、経費発生額と時期を通知し、資金計画を要請する

口座開設評価項目を表示

▼評価項目

新規取引の場合には口座開設の申し込みを行う

顧客口座開設に必要な書類を作成し、社内の決済を得る

顧客サイドに口座開設の承認が下りたことを確認する

機密情報管理評価項目を表示

▼評価項目

機密情報保持契約の内容を理解し、顧客との間で契約を締結する

顧客から預かった情報資産の受け入れ日、保管期限等を管理する

顧客から預かった情報資産の保管期限が過ぎた場合、ルールに従い廃棄する

契約変更管理 追加変更発生時の対応評価項目を表示

▼評価項目

該当案件の契約書および仕様書の委託業務内容を確認する

既契約外として追加、変更される作業の内容を明らかにする

当初契約以外の作業を別契約として取りまとめ、覚書を締結する

契約の変更要求の受付と影響分析評価項目を表示

▼評価項目

契約の変更要求を受付け、既契約内容の確認を行う

変更要求の影響範囲とリスクを具体的に整理する

影響範囲とリスクに基づき、対応方針を定め、合意の条件を設定する

契約変更の協議と締結評価項目を表示

▼評価項目

当方の主張、相手方の主張を調整し、合意形成を行う

合意した内容で変更契約を締結する

契約の変更内容、変更時期を関係者に徹底し、説明する

システム監査 システム監査計画の策定 基本計画書の作成評価項目を表示
個別計画書の作成評価項目を表示

▼評価項目

基本計画書を受けて、個々の監査の目標を設定する

基本計画書を受けて、点検・評価の実施、報告、フォローアップまでの全プロセスを計画する

個別計画書に個々の監査の目的、対象、範囲、目標、手続き、スケジュール、実施責任者および業務分担、被監査部門の責任者および担当者、他の監査との連係・調整、必要コスト等を盛り込む

システム監査の実施 予備調査評価項目を表示

▼評価項目

被監査部門に対して個別計画書の内容を通知し、協力を要請する

関連資料の収集、関係者へのインタビュー、現地調査等により、監査対象業務・システムの概要およびコントロールの実態を把握する

現実の状態とあるべき状態の間のギャップと問題点を認識する

現状把握に際して、個別計画書に記載された監査目的に対して組織体が目標とすべきレベルを事前に明らかにする

個別計画書作成時に予測できなかった問題点が存在する可能性がある場合、監査時に確認すべき項目として取りまとめる

監査手続書の作成評価項目を表示

▼評価項目

本調査で実施する具体的な監査手続きを検討し、監査手続書を作成する

予備調査の結果を踏まえ、監査手続書に個別計画書作成時に予測できなかった問題点を確認できる手続きを盛り込む

次回以降の監査の参考として利用できるように、監査手続書の内容を精査する

本調査評価項目を表示

▼評価項目

現地に赴き、自らの目で確認、評価する

現地調査時に、監査結果の裏付けとなる証拠資料を入手する

適切な対象者、日程、質問事項等を事前に準備し、インタビューを実施する

監査手続書に基づいて資料を入手し、レビューする

実施結果の記録(監査調書の作成)評価項目を表示

▼評価項目

本調査で入手した監査証拠に基づき、監査調書を作成する

監査調書の内容に事実誤認がないか、被監査部門に確認する

監査調書に発見事項とともに監査担当者の判断等を記載する

監査報告書案の作成評価項目を表示

▼評価項目

監査調書に基づいて、総合評価、指摘事項、改善勧告の原案をまとめる

指摘事項として、発見事項の内容、それを問題と判断するに至った根拠、問題を生じさせている原因、及ぼしている影響、他の指摘事項との関連性を記載する

改善内容は可能な限り具体的、詳細なものとし、被監査部門との意見交換を行い、改善策の実現可能性について確認する

報告書を被監査部門へ提示し、誤認確認を行う

システム監査結果の報告 監査報告の実施評価項目を表示

▼評価項目

被監査部門の責任者による監査報告書案の最終確認を行い、経営層に提出する

関係者を一堂に会して監査報告会を開催する

改善作業のスケジュールや担当者を決定し、関係者の同意を得る

フォローアップの実施評価項目を表示

▼評価項目

次回以降の監査での確認方法を被監査部門に指示する

監査報告会の開催や改善作業の実行計画書および改善報告書等により実施状況を把握する

指摘事項や改善勧告事項への実施状況のフォローアップ時に課題が発生した際に対応指示を行う

年次監査報告書の作成評価項目を表示

▼評価項目

基本計画書に対応して、当該年度に実施した結果を年次監査報告書としてまとめる

当該年度に発生した課題や監査上での気づきに関し、次年度の基本計画に反映できるよう取りまとめる

必要に応じ、監査中期計画の対象、実施内容、実施時期等を見直す

システム監査対応 監査実施対応評価項目を表示

▼評価項目

予備調査で求められる監査対象業務・システムの概要、コントロールの状況についての資料を準備する

現地調査で求められる証拠資料について、必要な範囲を見極め提供する

インタビューの実施日程を確認し、質問事項の確認内容を理解し、回答する

監査調書をレビューし、事実誤認がないことを確認する

監査報告書案の改善事項勧告の実現可能性を監査部門に提言する

J-SOX等、外部監査に対応する

マーケティング・セールス 販売機会の創出 セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示
顧客データベースやCRMを活用した販売評価項目を表示

▼評価項目

セールスキャンペーン等を通じて獲得した情報から、製品・サービス販売のターゲットとなる見込み顧客を抽出する

最新の市場動向や顧客動向に準じて顧客データベースやCRMの改良要件、活用方法を具体化する

対象市場、対象製品・サービスに応じて、セールスメディアを利用した販売方法を定める

アカウント戦略の策定 顧客分析評価項目を表示

▼評価項目

公開された情報から、顧客の事業内容、主要マーケット、経営方針、財務環境に関する情報を収集し、課題を把握する

顧客が属する業界やターゲットとする市場の動向について、新聞、雑誌等の各種媒体や業界団体、業界関係者等から情報を収集する

公開情報ならびに関係者から情報を収集し、顧客の組織構造、決定プロセス、ステークホルダを把握する

仮説の設定評価項目を表示

▼評価項目

顧客の外部環境、内部環境から顧客の課題やニーズを抽出する

顧客の課題やニーズに適合する製品、サービスおよびその組み合わせを選択する

顧客の課題やニーズに対する製品、サービスおよびその組み合わせのメリットや他社と比較した優位性を明らかにする

ソリューションの企画 顧客の状況把握と課題分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の全体組織構成、IT組織構成、システム運用体制に関する情報を収集し、意思決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客のIT戦略、システムの導入状況や導入計画に関する情報を収集し、分析する

顧客のIT戦略、設備、環境、システムの導入状況や導入計画の問題点や課題を抽出し、解決策を立案する

顧客の課題やニーズを階層的に整理、分析し、提案する製品、サービスおよびその組み合わせの仮説を立てる

顧客が抱える課題解決の阻害要因を分析する

顧客の課題とソリューションビジョンの共有評価項目を表示

▼評価項目

階層的に整理した顧客の課題やニーズに優先順位を付け、顧客に説明し、同意を得る

顧客の課題を解決する(ニーズを満たす)複数のソリューション案を作成する

ソリューションビジョン(ソリューション実現後のイメージ。何がどう変わるか)を顧客に説明し、同意を得る

現行システムの把握と分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の現行システムの目的、機能、能力、コスト、システムアーキテクチャ等、全体的な構成を把握するための調査を行う

顧客の過去のIT投資が適切な効果をあげているかを分析し評価する

顧客の経営状況、基幹業務を分析し、規模や目的に沿った情報システム化ができているか分析する

現状および近い将来に起こり得る顧客の情報システムの機能もしくは性能上の課題を抽出する

ソリューションの組立て リスク計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

想定されるすべてのリスクを洗い出し、発生に伴う影響を評価する

リスク予防策の実施効果を検証する

整理されたリスクの発生確率を想定する

リスク対策が現状どの程度実施されているかどうか調査し、整理する

顧客のIT戦略の立案評価項目を表示

▼評価項目

顧客のビジネス戦略に関連する国内外の最新システムインテグレーション、アプリケーション等の情報を調査する

システムのセキュリティやリスクに関する技術動向調査を行う

顧客の事業戦略に対してIT化が与える影響を顧客の経営層に説明する

顧客のIT戦略を立案する上での基本計画書を作成する

IT戦略の策定時に、あらかじめ評価のための指標を設定し、顧客経営層の同意を得る

提案書の作成評価項目を表示

▼評価項目

技術部門から提示された原価資料を評価し、顧客との役割分担、自社リスク、市場価格動向、顧客状況等から提案する価格と条件を設定する

顧客の課題とその解決策、顧客のバリュー、実現の根拠を述べた提案書を作成する

提案の環境や条件(対象者、要求内容、与えられた時間)を把握して、提案のシナリオを作成する

提案内容の質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

見積りに関する変更要求に応じた再見積りをタイムリーに行う

ソリューションの提案 革新的(最新)製品・サービス情報の提供評価項目を表示

▼評価項目

顧客に取り扱い製品やサービスの特徴を説明し、質問に回答する

取り扱い製品やサービスのデモンストレーションを企画し、実施する

取り扱い製品やサービスが顧客の要求する機能仕様、購入基準を満たしているか調査する

顧客に取り扱い製品やサービスを使用したソリューションの費用対効果を可能な限り定量的に提示する

ソリューションの提案評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

顧客の購買基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

顧客のセキュリティ基準、監査基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

事前ヒアリング評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

その他提案に必要な情報を判断し、情報を収集する

競合または競合他社製品の情報を収集する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

課題解決ソリューションの内容を顧客に説明し、理解を得る

顧客満足度管理 顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

中長期的な顧客支援評価項目を表示

▼評価項目

顧客との中長期的な関係構築の目標を設定する

過去に顧客に提供した製品やサービスの利用状況や問題点を調査、ヒアリングする

顧客にとって有益な最新の市場動向、製品動向等の情報を収集し、提供する

再利用 再利用資産管理 再利用資産管理の準備評価項目を表示
再利用資産の保管と管理評価項目を表示

▼評価項目

再利用を目的とした資産作成の規定に準じて各プロセスから提示された資産を受領し管理する

共同レビューを実施して提示された資産の価値を査定し、再利用のために関係者に通知する

再利用による効果を収集、分析し、再利用を目的とした資産作成のための規定を改定する

再利用施策管理 再利用施策の計画評価項目を表示

▼評価項目

既存の再利用資産の内容、プロジェクトの予算、期待成果に基づき再利用資産の活用方針を決定する

再利用を実践する対象を識別する

再利用の実態効果を測定するための基準を設定する

再利用資産の活用方針に基づき、再利用計画を策定する

再利用施策の実施評価項目を表示

▼評価項目

再利用計画を実行し、その進捗を監視する

定められた基準に基づき再利用の効果を測定する

再利用の状況と効果を収集して再利用計画を評価し、次期の再利用計画への助言・提言を行う

標準の策定・維持・管理 標準の策定 標準体系の策定評価項目を表示
ベースモデルの選定評価項目を表示

▼評価項目

業界標準、国内標準、国際標準の内容を理解する

組織体に導入するために最適なベースモデルまたはその組み合わせを選定する

テクニカル・アーキテクチャー・リファレンスを作成し、関係者の同意を得る

標準の作成評価項目を表示

▼評価項目

標準に必要な事項を抽出し、規定内容を決定して文書化する

規定する内容が現状のIT環境、開発工程等に与える影響を調査、分析する

他の標準との関連の整理、標準間での矛盾の有無等を確認する

標準の維持管理 実状調査評価項目を表示

▼評価項目

標準化されたプロセスや手順、管理基準等の適用状況を調査する

準拠性レビューの結果を調査、分析する

標準策定時と現状との経営方針、企業目標、IT戦略等の変化を把握する

標準の見直し評価項目を表示

▼評価項目

標準の見直しを検討すべきポイントを抽出する

標準の見直し対象範囲を明らかにする

標準の見直しを検討し、他の標準との関連を再整理して矛盾点、影響等を確認する

新ビジネス・新技術の調査・分析と技術支援 最新技術の研究・検証 調査対象の設定と情報収集評価項目を表示
最新技術の評価・検証評価項目を表示

▼評価項目

収集した技術情報を分析し、そのトレンドや影響の大きさ、速さ等を要素とした技術マップを作成する

最新技術について、単独の性能、効果、特性と実活用を踏まえた組合せの性能、効果、特性を検証する

最新技術の特性や接続性を踏まえて典型的な既存技術との組合せの性能、効果、特性を検証する

最新技術の特性、性能、コスト効果を分析し、現在や近い将来の用途を洗い出す

技術支援 技術伝承活動と技術支援評価項目を表示

▼評価項目

最新技術や組織内で希な技術の用途、活用方法、効果、リスクを伝承する

現場で発生する技術課題に対して、解決手段や解決のためのアプローチ等を助言し、解決に誘導する

事例が希な技術課題に対して、解決のための体制、環境、リソースを確保し、解決に誘導する

新たな価値創造による新規製品・サービス開発 疑似体験等を通した価値あるアイデアの発掘 調査対象の設定と情報収集評価項目を表示
セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点で市場(顧客)をセグメントに分割する

それぞれのセグメントを、自社の強み・弱み、競合状況等の観点で評価し、ターゲットを選択する

ターゲットとするセグメントに対するセールス活動の実施計画を策定する

顧客分析評価項目を表示

▼評価項目

公開された情報から、顧客の事業内容、主要マーケット、経営方針、財務環境に関する情報を収集し、課題を把握する

顧客が属する業界やターゲットとする市場の動向について、新聞、雑誌等の各種媒体や業界団体、業界関係者等から情報を収集する

公開情報ならびに関係者から情報を収集し、顧客の組織構造、決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

プロトタイピングを通した新規製品の検討 業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

営業業務 市場動向の調査・分析・予測 市場機会の発見と選択評価項目を表示
ターゲット市場のビジネスチャンス分析評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点でターゲット市場を具体化する

ターゲット市場を、規模、成長性、競合状況、参入コスト等の観点で評価し、絞り込む

ターゲット市場における製品やサービスの需要を見積もる

IT製品・サービス戦略の策定 ビジネス機会の分析評価項目を表示

▼評価項目

市場や競合他社の状況を踏まえて、ターゲット市場に投入する自社製品・サービスを特定する

ターゲット市場に投入する自社製品・サービスの価値を具体化する

ターゲット市場の規模と販売目標値を設定する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

IT製品・サービス戦略の評価 販売実績に基づく評価評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスの販売の目標(売上、利益、マーケットシェア等)に対する実績を定期的に収集するための仕組みを構築する

定められた方法とタイミングで製品・サービスの販売実績を収集する

販売実績から、IT製品・サービス戦略の評価を行い、課題を抽出する

IT製品・サービスの評価結果と課題を報告書にまとめ、次期の戦略策定や製品・サービスのロードマップ更新にフィードバックする

調査・分析に基づく評価評価項目を表示

▼評価項目

ブランドイメージや顧客満足度等の調査を実施し、その結果を分析する

新技術・新サービスの情報を収集する

自社製品・サービスの競合他社製品・サービスとの比較優位性を検討・評価する

調査結果に基づきIT製品・サービス戦略の評価を行い、課題を抽出する

IT製品・サービスの評価結果と課題を報告書にまとめ、次期の戦略策定にフィードバックする

アカウント戦略の策定 仮説の設定評価項目を表示

▼評価項目

顧客の外部環境、内部環境から顧客の課題やニーズを抽出する

顧客の課題やニーズに適合する製品、サービスおよびその組み合わせを選択する

抽出した顧客の課題やニーズの中から重要度の高いものを選び、自社の仮説を設定する

設定した顧客の仮説課題に対するソリューションについて、自社で検証する

ソリューションに適合する製品、サービスおよびその組み合わせを選択する

顧客の課題やニーズに対する製品、サービスおよびその組み合わせのメリットや他社と比較した優位性を明らかにする

ソリューションの企画 顧客の状況把握と課題分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の全体組織構成、IT組織構成、システム運用体制に関する情報を収集し、意思決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客のIT戦略、システムの導入状況や導入計画に関する情報を収集し、分析する

顧客のIT戦略、設備、環境、システムの導入状況や導入計画の問題点や課題を抽出し、解決策を立案する

顧客の課題やニーズを階層的に整理、分析し、提案する製品、サービスおよびその組み合わせの仮説を立てる

顧客が抱える課題解決の阻害要因を分析する

顧客の課題とソリューションビジョンの共有評価項目を表示

▼評価項目

階層的に整理した顧客の課題やニーズに優先順位を付け、顧客に説明し、同意を得る

顧客の課題を解決する(ニーズを満たす)複数のソリューション案を作成する

ソリューションビジョン(ソリューション実現後のイメージ。何がどう変わるか)を顧客に説明し、同意を得る

現行システムの把握と分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の現行システムの目的、機能、能力、コスト、システムアーキテクチャ等、全体的な構成を把握するための調査を行う

顧客の過去のIT投資が適切な効果をあげているかを分析し評価する

顧客の経営状況、基幹業務を分析し、規模や目的に沿った情報システム化ができているか分析する

現状および近い将来に起こり得る顧客の情報システムの機能もしくは性能上の課題を抽出する

販売機会の創出 セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点で市場(顧客)をセグメントに分割する

それぞれのセグメントを、自社の強み・弱み、競合状況等の観点で評価し、ターゲットを選択する

自社のリソースに基づく製品やサービスを提供できる業種・業態を発見する

自社のリソースに基づく製品やサービスを提供できる顧客を発見する

ターゲットとするセグメントに対するセールス活動の実施計画を策定する

顧客データベースやCRMを活用した販売評価項目を表示

▼評価項目

セールスキャンペーン等を通じて獲得した情報から、製品・サービス販売のターゲットとなる見込み顧客を抽出する

最新の市場動向や顧客動向に準じて顧客データベースやCRMの改良要件、活用方法を具体化する

対象市場、対象製品・サービスに応じて、セールスメディアを利用した販売方法を定める

ソリューションの組立て リスク計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

想定されるすべてのリスクを洗い出し、発生に伴う影響を評価する

リスク予防策の実施効果を検証する

整理されたリスクの発生確率を想定する

リスク対策が現状どの程度実施されているかどうか調査し、整理する

顧客のIT戦略の立案評価項目を表示

▼評価項目

顧客のビジネス戦略に関連する国内外の最新システムインテグレーション、アプリケーション等の情報を調査する

システムのセキュリティやリスクに関する技術動向調査を行う

顧客の事業戦略に対してIT化が与える影響を顧客の経営層に説明する

顧客のIT戦略を立案する上での基本計画書を作成する

IT戦略の策定時に、あらかじめ評価のための指標を設定し、顧客経営層の同意を得る

ソリューションの提案 事前ヒアリング評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

その他提案に必要な情報を判断し、情報を収集する

競合または競合他社製品の情報を収集する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

課題解決ソリューションの内容を顧客に説明し、理解を得る

顧客満足度管理 顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

中長期的な顧客支援評価項目を表示

▼評価項目

顧客との中長期的な関係構築の目標を設定する

顧客キーマンと良好な関係を保つために、継続訪問を行う

次の提案へ向けて、顧客から情報を入手し資料化を行う

過去に顧客に提供した製品やサービスの利用状況や問題点を調査、ヒアリングする

顧客にとって有益な最新の市場動向、製品動向等の情報を収集し、提供する

契約締結管理 委託/受託業務の内容と責任分担の明確化評価項目を表示

▼評価項目

該当案件の委託/受託業務内容および責任分担を契約書、仕様書に明記する

委託/受託業務の完了条件や検収条件を契約書に明記し、相手方と合意する

追加作業についての取り扱いを契約書に明記する

口座開設評価項目を表示

▼評価項目

新規取引の場合には口座開設の申し込みを行う

顧客口座開設に必要な書類を作成し、社内の決済を得る

顧客サイドに口座開設の承認が下りたことを確認する

法的要件を満たした契約内容の作成評価項目を表示

▼評価項目

(相手方/当方が)作成したプログラム、データおよびドキュメントの知的財産権の帰属を明らかにして、契約書に反映する

必要な特約条項および免責条項を明らかにして、契約書に反映する

損害賠償に関する会社方針を確認し、損害賠償条項を契約書に反映する

該当案件の再委託にかかわる方針を明らかにし、再委託条項を契約書に反映する

再委託先の機密保持の適用条件を契約書に明記する

監査に関する会社方針を確認し、監査条項を契約書に反映する

監査の対象範囲、適用する基準および結果の取り扱いを明らかにする

契約の締結評価項目を表示

▼評価項目

契約上の責任、役割、条件、関連する法令、組織体の規定に関する事項が網羅されているか、契約内容を確認する

契約条項の内容を理解し、優先して交渉する条項、譲歩ができる条項等の区別を行う

契約交渉を行い、相手方の指摘や主張の内容や狙いを確認し、法務部門と連携して受入可否の判断を行う

当方の主張、相手方の主張を調整し、合意形成を行う

顧客に契約書の内容を説明し、理解を得、契約を締結する

委託/受託契約ルール遵守評価項目を表示

▼評価項目

委託契約ルールまたは受託契約ルールを定める

委託/受託契約ルールに基づいた契約書を作成し、委託/受託の責任者の承認を得る

契約書の内容を関係者に周知徹底する

供給/委託先の選択・交渉評価項目を表示

▼評価項目

供給・委託先の選択ルールに基づき、その手順を明らかにする

供給・委託先を決定し、その理由を根拠となる情報と共に関係者に説明する

購買要件、条件を明らかにし、供給・委託先に提示の上で合意形成を図る

選定した供給・委託先との契約内容を確定するために、必要に応じて法務部門や外部専門家の指導を受けながら、知的所有権、ライセンス条件等を含めた契約内容を交渉する

費用の支払い方法、支払い条件を確定し、日常業務の経理部門に対して、経費発生額と時期を通知し、資金計画を要請する

機密情報管理評価項目を表示

▼評価項目

機密情報保持契約の内容を理解し、顧客との間で契約を締結する

顧客から預かった情報資産の受け入れ日、保管期限等を管理する

顧客から預かった情報資産の保管期限が過ぎた場合、ルールに従い廃棄する

契約変更管理 追加変更発生時の対応評価項目を表示

▼評価項目

該当案件の契約書および仕様書の委託業務内容を確認する

既契約外として追加、変更される作業の内容を明らかにする

当初契約以外の作業を別契約として取りまとめ、覚書を締結する

契約の変更要求の受付と影響分析評価項目を表示

▼評価項目

契約の変更要求を受付け、既契約内容の確認を行う

変更要求の影響範囲とリスクを具体的に整理する

影響範囲とリスクに基づき、対応方針を定め、合意の条件を設定する

契約変更の協議と締結評価項目を表示

▼評価項目

当方の主張、相手方の主張を調整し、合意形成を行う

合意した内容で変更契約を締結する

契約の変更内容、変更時期を関係者に徹底し、説明する

IoTシステム・サービスのライフサイクル IoTゲートウェイ設計・構築>ソフトウェア詳細設計 ソフトウェアコンポーネント設計(機能分割・構造化)評価項目を表示
入出力詳細設計評価項目を表示

▼評価項目

コンポーネント間のインタフェースの詳細設計を行う

コンポーネント毎のユーザインタフェースの詳細設計を行う

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全処理の詳細設計を行う

IoTゲートウェイ設計・構築>ソフトウェアコード作成・単体テスト プログラム構造設計(モジュール分割・モジュール設計)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア詳細設計で定義したユニットをもとに、プログラムを構成するすべてのモジュールを定義する

定義されたモジュール間の階層構造を定義する

モジュール間のインタフェースを定義する

類似するモジュール、変数、定数等の共有化を検討する

単体テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

モジュール単位のテスト密度と網羅性を定め、単体テスト計画書を作成する

プログラムの機能と目的を理解した上で、モジュール単位に定められたテスト密度、網羅性に基づいて単体テストケースを洗い出す

単体テストに必要な体制、環境等のリソースを明らかにし、準備作業を含めたスケジュールを作成する

選定した単体テストケース、単体テストの目標、評価基準、問題への対応方法を盛り込んだ単体テスト仕様書を作成する

プログラミング評価項目を表示

▼評価項目

コーディング規約、命名規則、レビュー記録、バージョン管理などの開発標準を遵守してコーディングを行う

設計書(詳細設計書、プログラム仕様書)に基づいたコーディングを行う

作成するプログラムの機能を理解し、APIや再利用、代替プログラムを活用する

データ構造を理解し、データアクセス技術(SQL)を活用してプログラムを作成する

処理速度を意識してプログラムを作成する

セキュリティホールへの対策を理解して、セキュアなプログラムを作成する

フェールセーフ、フェールソフトの対策を理解して、セーフティプログラムを作成する

デバッグの手法やデバッガなどの有効な手段を活用してプログラミング上の欠陥や誤りを発見し、修正を行う

プログラムのデグレードが発生しないための管理方法を理解し、実践する

単体テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

単体テスト計画に則したテストデータやスタブの作成等のテスト準備を実施する

単体テスト計画に則したテストを実施し、テストツールを利用してデバッグする

単体テストの結果から、プログラムが仕様通りに動作することを評価し、テストの完了を判断する

結合テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ結合テスト計画書を作成する

結合テストの責任者を明らかにし、テスト担当者、修正担当者等のテストチームを編成する

複数の単体プログラムにまたがる一連の処理やそのインタフェースを確認できるテスト仕様書を作成する

IoTゲートウェイ設計・構築>ソフトウェア結合テスト ソフトウェア結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

各コンポーネントをソフトウェア設計に則して結合し、動作可能な環境を構築する

ソフトウェア結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

結合テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

結合テスト仕様を満たすテストデータを、データ作成プログラム等も活用しながら準備する

個々の結合テストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

結合テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果のエビデンスを残し、結合テストの実施結果を報告する

IoTサーバ設計・構築>ソフトウェア要件定義 機能要件と非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

業務の進め方や業務同士の連携等、ビジネスプロセスに関する要件を定める

ビジネスプロセス単位の機能要件を定める

ビジネスプロセス単位の性能、信頼性、使用性、効率性、保守性、移植性等の非機能要件を定める

検討結果と成果物に基づき、プロセスモデルを作成する

インタフェース要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

データの受け渡しを行う他の業務および受け渡しを行うデータを抽出する

データの受け渡しの方向(入力、出力、入出力)、手段、方法、タイミングを検討する

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全方式を検討する

サブシステム間や他システムとのインタフェースの要件を定める

ユーザビリティを考慮してユーザインタフェースの要件を定める

概念データモデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

システム化対象範囲のすべてのデータを分析し、管理すべきデータを抽出する

ビジネスルールを踏まえて、システム化対象範囲のデータ構造をER図にまとめる

データ(エンティティ)とビジネスプロセス(機能)との関連をCRUD図にまとめ、データライフサイクルを検証する

ソフトウェア要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

システム要件およびシステム方式設計への追跡可能性を評価する

システム要件との外部一貫性を評価する

ソフトウェア要件の内部一貫性およびテスト可能性を評価する

ソフトウェア方式設計の実現可能性を評価する

運用および保守の実現可能性を評価する

パッケージ利用時のフィット&ギャップ分析評価項目を表示

▼評価項目

機能要件に対するパッケージ機能の網羅性を検証する

外部インタフェース要件に対するパッケージの外部インタフェースの網羅性を検証する

概念データモデルに対するパッケージデータモデルの適合性を検証する

機能、外部インタフェース、データ構造の適合性と網羅性の検証結果により、パッケージの利用可否を判断する

パッケージを利用する場合は、カスタマイズやアドオンの範囲および各要件変更箇所を決定し、ソフトウェア要件定義に反映する

IoTサーバ設計・構築>ソフトウェア方式設計 ソフトウェアコンポーネントの方式設計評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア要件定義で定義されたビジネスプロセスをコンポーネントに分割する

すべてのソフトウェア要件が分割されたコンポーネントのいずれかに割り当てられることを確認する

分割されたコンポーネント毎に実現方式を設計する

インタフェースの方式設計評価項目を表示

▼評価項目

分割されたコンポーネント間のインタフェースの実現方式を設計する

分割されたコンポーネントのユーザインタフェースの実現方式を設計する

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全方式の手続きを設計する

論理データベース設計(論理データモデルの作成)評価項目を表示

▼評価項目

概念データモデルで確定した対象範囲について、既存のデータベースやファイル、帳票、画面等、関連する情報から項目レベルでデータを捕捉し、整理する

整理されたデータ項目と概念データモデルをもとに、ビジネスの視点でより詳細なER図(論理データモデル)を作成し、データを正規化する

ビジネスルールと論理データモデルを照らし合わせて、モデルの整合性や安定性を検証する

システムの処理とデータとの関連をCRUD図にまとめ、構造面からボトルネックを検証する

コード設計評価項目を表示

▼評価項目

コード化の対象とするデータを選定する

コード化する目的と利用範囲を明らかにする

データ量や管理のしやすさを想定した上でコードを決定する

コード体系を決定し、コード表を作成する

データサービスを活用した設計評価項目を表示

▼評価項目

各種データ提供者の提供する外部データの適合性を検討する

外部データサービスとの連携方式およびデータ構造、インタフェースの標準化と共有化を検討する

外部データサービスと連携するプログラムおよびモジュールの共有化を検討する

検討結果をもとにデータサービスを活用した方式設計を行う

パッケージのカスタマイズ方針の決定評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア要件定義で定義されたカスタマイズの範囲をもとに、カスタマイズの内容を決定する

ソフトウェア要件定義で定義されたアドオンの範囲をもとに、アドオンの機能を決定する

パッケージおよびアドオン機能とのデータ連携、インタフェースの標準化と共有化を検討する

検討結果をもとに、アドオン機能に関する方式設計を行う

IoTサーバ設計・構築>開発環境構築 開発環境構築計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

稼働予定の環境との同一性や類似性、開発独自の要求等を踏まえて開発環境要件としてまとめる

開発スケジュール(時期、利用リソース)との整合性や費用等の制約に基づき、開発環境の構築計画を作成する

開発するソフトウェアの構成管理、セキュリティ、開発およびリリースに関するルール設定等のリスク要件を意識した構築計画を作成する

開発環境の構築と維持評価項目を表示

▼評価項目

開発環境の構築計画に基づき、必要なリソースを調達して環境を構築する

開発環境の利用時から利用完了まで、必要な環境を維持できるように、リソースの確保と保守を実施する

スケジュールや仕様の変更、稼働環境条件の変更等が発生した場合は、速やかに開発環境や計画への影響を検証し、対処する

IoTサーバ設計・構築>ソフトウェア詳細設計 ソフトウェアコンポーネント設計(機能分割・構造化)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア方式設計で定義したコンポーネントをコーディング、コンパイル、テストの実施に最適な単位のユニットに詳細化する

すべてのソフトウェア要件が、コンポーネントからユニットへ割り当てられることを確認する

詳細化されたユニット単位に詳細設計を行う

入出力詳細設計評価項目を表示

▼評価項目

コンポーネント間のインタフェースの詳細設計を行う

コンポーネント毎のユーザインタフェースの詳細設計を行う

バックアップ、リカバリに関するデータファイル保全処理の詳細設計を行う

IoTサーバ設計・構築>ソフトウェアコード作成・単体テスト プログラム構造設計(モジュール分割・モジュール設計)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア詳細設計で定義したユニットをもとに、プログラムを構成するすべてのモジュールを定義する

定義されたモジュール間の階層構造を定義する

モジュール間のインタフェースを定義する

類似するモジュール、変数、定数等の共有化を検討する

単体テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

モジュール単位のテスト密度と網羅性を定め、単体テスト計画書を作成する

プログラムの機能と目的を理解した上で、モジュール単位に定められたテスト密度、網羅性に基づいて単体テストケースを洗い出す

単体テストに必要な体制、環境等のリソースを明らかにし、準備作業を含めたスケジュールを作成する

選定した単体テストケース、単体テストの目標、評価基準、問題への対応方法を盛り込んだ単体テスト仕様書を作成する

プログラミング評価項目を表示

▼評価項目

コーディング規約、命名規則、レビュー記録、バージョン管理などの開発標準を遵守してコーディングを行う

設計書(詳細設計書、プログラム仕様書)に基づいたコーディングを行う

作成するプログラムの機能を理解し、APIや再利用、代替プログラムを活用する

データ構造を理解し、データアクセス技術(SQL)を活用してプログラムを作成する

処理速度を意識してプログラムを作成する

セキュリティホールへの対策を理解して、セキュアなプログラムを作成する

デバッグの手法やデバッガなどの有効な手段を活用してプログラミング上の欠陥や誤りを発見し、修正を行う

プログラムのデグレードが発生しないための管理方法を理解し、実践する

単体テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

単体テスト計画に則したテストデータやスタブの作成等のテスト準備を実施する

単体テスト計画に則したテストを実施し、テストツールを利用してデバッグする

単体テストの結果から、プログラムが仕様通りに動作することを評価し、テストの完了を判断する

IoTサーバ設計・構築>ソフトウェア結合テスト 結合テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ結合テスト計画書を作成する

結合テストの責任者を明らかにし、テスト担当者、修正担当者等のテストチームを編成する

複数の単体プログラムにまたがる一連の処理やそのインタフェースを確認できるテスト仕様書を作成する

ソフトウェア結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

各コンポーネントをソフトウェア設計に則して結合し、動作可能な環境を構築する

ソフトウェア結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

結合テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

結合テスト仕様を満たすテストデータを、データ作成プログラム等も活用しながら準備する

個々の結合テストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

結合テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果のエビデンスを残し、結合テストの実施結果を報告する

システムテスト>システムテスト計画策定 システムテスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

システム要件およびシステム方式に準じて、テスト方針を定める

システム要件およびシステム方式に準じて、システムの適格性要求事項を設定する

システム要件およびテスト方針に基づき、テスト仕様、テストケースとテストデータの作成基準、テスト体制等を含むシステムテスト計画書をまとめる

必要な資源、スケジュール、評価基準、問題への対応方法をシステムテスト計画に盛り込む

システムテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

各々の機能の特性に即し、システム要件を網羅したテストケースを設定する

性能要件として定められた事項に適したテスト環境、状態を定義し、目標性能と共にテストケースを設定する

システムテスト計画書に基づき、テストに必要な資源(ツール、コンピュータ資源、要員、体制等)を手配する

検証すべきテストケースに適したテストデータをデータ作成プログラム等も活用しながら準備する

システムテスト>システムテスト実施 システム結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

システム構成仕様に基づき、システムを構成するすべてのコンポーネントを結合し、動作可能な環境を作成する

システム結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

システムテストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

個々のシステムテストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

システムテストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

性能テストを実施し、再現性のある性能結果をまとめ、課題を洗い出す

システムの高負荷状態をシミュレーションや実環境で実現して負荷テストを実施し、結果を集計、分析して問題を明らかにする

システムテストで洗い出された課題を解決するために、設計、開発およびテストの再行計画を作成する

セキュリティテスト>セキュリティテスト計画策定 セキュリティテスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

当該システムのセキュリティ要件を踏まえてセキュリティテスト方針を定める

セキュリティテスト方針に基づくテストの対象範囲と実施環境を明らかにする

セキュリティ要件に基づくセキュリティテスト項目と合否判定基準を定める

テストの実施スケジュール、体制、実施環境を含むテスト計画書を作成する

セキュリティテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果として報告すべき内容(不適格と判定されたテスト項目について、発生条件、リスクの大きさ、実施すべき対策の明示等)をテスト実施要領として定める

テスト計画書およびテスト実施要領に基づき、テスト実施体制を決定する(社内体制の構築または外部機関の選定)

テストの実施に必要な環境や条件を明らかにする

セキュリティテスト>セキュリティテスト実施 セキュリティテストの実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト計画書に基づき、テストの実施に必要な環境を準備する

テスト計画書およびテスト実施要領に基づくセキュリティテストを実施(または委託)する

テスト結果の報告を受け、テスト計画およびテスト実施要領に準じた内容であることを確認する

セキュリティテスト結果の対策実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果を評価し、不適格と判定されたテスト項目への対策の必要可否を判断する

対策の内容(設計変更、システム運用方法の変更等)を定める

当該システムに施した対策に対する再テストを行い、判定結果に基づいた対策を定める

セキュリティテストの結果と対策の内容を関連文書(設計書、テスト仕様書、運用手順書等)に反映する

移行設計 移行の要件と方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

移行の期間、環境、リソース等の制約条件を明らかにする

移行作業において問題が発生した場合の方針(連絡体制、中止・既存システムへの切戻し、部分的な稼動等)を明らかにする

移行作業の実施中に、業務や他のシステムに与える影響やリスクを明らかにし、関係者に説明して合意形成する

移行対象の明確化評価項目を表示

▼評価項目

移行対象(業務、システム、データ、その他の設備)を明らかにする

データのコンバート等、対象毎の移行方法と手順を定める

移行データやシステム動作等、対象毎の移行結果の検証方法を定める

移行テスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

移行ツールのテストの方針と方法を定める

移行テスト環境の作成方針、システム構成、作成スケジュール等を定める

移行リハーサルの方法、実施形態、対象、範囲等を定め、移行リハーサル計画を立案する

移行のスケジュールと体制の明確化評価項目を表示

▼評価項目

限られた時間の中で並行して複数の作業を実施するためのスケジュールを作成する

ユーザ(業務担当者)を含む移行の体制と役割分担を定める

移行のスケジュールと体制、役割分担を関係者に説明し、合意形成する

移行・導入(システムリリース) 移行の準備評価項目を表示

▼評価項目

移行の対象、移行テスト環境、本環境との相違を踏まえたテストデータ、検証項目、テスト用プログラム等を準備する

ユーザや現場担当者に移行計画を説明し、判断や協力を仰ぐ等の事前準備を行う

連携するシステムの担当者と調整し、連携箇所の移行・確認作業を計画する

事前に移行テスト(移行のリハーサル)を計画、実施し、移行計画を改善する

移行リハーサルの実施評価項目を表示

▼評価項目

移行の実施計画に従い、手順を検証する

切り戻しのポイントと条件、手順を検証する

移行の所用時間を測り、ボトルネックを確認する

システムの移行だけでなく、業務の移行も正しく行われることを検証する

移行に要した時間、発生したトラブル、改善項目を記録し、移行計画を改善する

移行の実施評価項目を表示

▼評価項目

移行計画に基づいた作業を実施し、作業状況や発生した課題を随時報告する

移行データやシステムの動作に対して、移行計画に基づいた検証を行う

移行計画やタイムスケジュールに基づいた移行を推進する

問題が発生した際、計画に基づいた作業の中止、切り戻し等の判断や、定められた連絡体制に基づいた連絡と対策の提示を行う

移行計画に基づき、移行完了を判断する

引継ぎに必要なドキュメントを作成し、運用担当へ引き渡す

導入 教育準備と実施評価項目を表示

▼評価項目

システムの運用、保守、利用のための教育プログラムを作成する

教育プログラムを効果的に実施するためのマニュアルや教材を用意する

教育プログラムを実施し、技術移転の成果を測定して必要な補足教育を計画、実施する

マニュアルの作成評価項目を表示

▼評価項目

ユーザのニーズに基づき、導入したシステムの利用、運用、保守にかかわるマニュアル体系を整備する

目的や対象者、マニュアルが使用される状況等に合致したマニュアルを作成もしくは入手する

システム要件と開発ドキュメント、テスト結果と照らし合わせて、作成したマニュアルを精査する

本稼働評価項目を表示

▼評価項目

システムテスト、受入れテスト、移行テストの結果、および運用に必要な教育やマニュアル整備の状況に基づき、本稼働の可否を判断する

関係者に本稼働のスケジュール、連絡体制、障害発生時の対応方法等を周知する

安定稼働までの監視体制を構築し、稼働状況を監視・検証する

システム評価・改善>ITシステムの評価 ITシステム評価指標による検証評価項目を表示

▼評価項目

ITシステムの定量的・定性的評価指標に基づき、定められた方法とタイミングで測定する

ITシステムの評価指標の実測値と目標値との差異分析を行い、評価する

業務運用の定性的・定性的指標評価指標に基づき、定められた方法とタイミングで測定する

業務運用の評価指標の実測値と目標値との差異分析を行い、評価する

差異分析の結果をもとに、IT活用担当者、ITサービス提供者等の関係者にヒアリングを行い、設定指標の妥当性を評価する

ITシステム評価報告の成案化評価項目を表示

▼評価項目

ITシステムの評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

業務運用の評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

ITシステムの評価結果、課題、ニーズおよび開発経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

業務運用の評価結果、課題、ニーズおよび運用経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

ITシステムの企画・運用に関する評価結果を報告書に取りまとめ、組織体のルールに基づき承認を得る

セキュリティ領域 システム企画立案>システム化計画の策定 サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示
システム企画立案>業務・システム要件定義 システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

システム企画立案>情報セキュリティ要件定義 情報セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーやコンプライアンス、情報保証上の必要性を情報セキュリティ要件に反映させる

実装すべき情報セキュリティの要件(障害発生時の復旧時間の許容時間、データ復旧範囲等、障害対応に関する要件を含む)、実施レベル、考慮点等を明らかにする

各々の情報セキュリティ要件に対する実装方式を提示する

情報セキュリティ要件を実現するための費用を算出する

システムに存在する脆弱性について、その対策と緩和のための取り組みの方針を決定する(アプリケーションの可用性維持からパッチを適用しない場合の対策等を含む)

情報セキュリティ要件に関する制約事項を抽出する

情報セキュリティ規定の作成評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに基づき、企業活動のセキュリティ規定を作成する

セキュリティポリシーに基づき、情報システムのセキュリティ規定を作成する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ規定を説明し、承認を得る

情報セキュリティ計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

情報セキュリティをベースにしたセキュリティ計画を策定する

セキュリティ計画の立案、およびセキュリティ計画を実行するにあたって発生する問題のソリューションを提案する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ計画を説明し、承認を得る

情報セキュリティ基準の策定評価項目を表示

▼評価項目

事業戦略、事業継続計画に基づき、各物理サイトの物理的保護レベルを定義する

セキュリティホール情報やセキュリティ勧告およびパッチの最新情報の分析に基づき、パッチ適用基準を策定する

従業員のソーシャルメディア使用に関するルールを策定する

アウトソース先のセキュリティ基準を策定する

電子データの信頼性を確保するために、第三者機関が発行する電子証明書と自組織が発行する電子証明書をそれぞれ利用する手続きを策定する

情報ネットワークのセキュリティ対策のためのガイダンス文書の発行管理を行う

システム要件定義・方式設計>システム化要件定義 要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム要件定義・方式設計>セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

システム要件定義・方式設計>システム方式設計 適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

運用設計>システム運用設計 システム運用設計とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

業務の組織、要員、運用体制、運用フロー等の業務運用に基づきシステム運用方式をまとめる

障害監視対象を明らかにし、システム監視方法を設計する

システム運用管理要件を踏まえ、システム監視方式を設計する

システム運用管理要件を踏まえ、バックアップ・リストア方式を設計する

災害発生を想定し、リスク分散や復旧の手順を設計する

運用手順書(定常時、障害時、保守、更新、構成変更)を作成し、レビューする

対象とするシステムの運用計画に、必要なセキュリティレベルを確保するために実施すべき情報セキュリティ対策を反映させる

基盤システム構築>基盤システム設計(共通) 全体設計(基本設計)評価項目を表示

▼評価項目

システム基盤の設計・構築の各工程で利用する技術標準や作成すべきドキュメントを決定する

システム基盤に対する機能要件、非機能要件、運用要件を満たす構成要素の組み合わせを検討し、基本モデルを選定する

システム基盤に起因するアプリケーション構築上の制約を提言する

基盤システム構築>基盤システム設計(情報セキュリティ) セキュリティの設計評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに則して、情報資産別にアクセス方法を設計する

ネットワーク上のデータの改ざんや攻撃、コンピュータウイルス等の脅威を抑止するための安全策を設計する

ネットワーク以外の攻撃等について、脅威を抑止するための安全策を設計する

セキュリティ監視の範囲および監視結果の情報の保管方法を決定する

実施するセキュリティ対策について、セキュリティアーキテクチャとの整合を図る

特に高度なセキュリティが求められる箇所について、形式手法等を用いて脆弱性が生じにくいソフトウェアの設計・開発を行う

新たな技術や技術改良についてのセキュリティプログラムの実装を識別する

情報保証の観点から、アプリケーション、システム、ネットワークについてのセキュリティ評価を実施し、その結果を文書化する

情報保証において、レビュー結果をもとにセキュリティ、回復力および信頼性に関する対策を提言する

情報セキュリティ要件をもとに、ソフトウェアおよびシステムが備えるべきセキュリティ機能に関するセキュリティ設計仕様書を文書化する

基盤システム構築>基盤システム構築・テスト(情報セキュリティ) セキュリティの実装評価項目を表示

▼評価項目

情報システムやネットワークの構成要素を識別し、それぞれの構成要素に対してセキュリティ製品を選択し導入する

セキュリティ設計を実装する適当なセキュリティ製品が存在しない場合、必要に応じて独自にソフトウェア開発を行う

セキュリティ設計仕様書に則ったセキュリティ対策を実装する

情報保証の観点から、不適切に実装されたアプリケーション、システム、ネットワークの修正のための取り組みを実施させ、その実施状況を確認する

テスト計画と実施評価項目を表示

▼評価項目

テストの要求事項と適用範囲を明らかにし、テスト仕様書を作成する

テストを実施し、機密性、完全性、可用性等の要件に適合を確認する

適切な手法やツールを用いて脆弱性の検査を行う

情報保証において、セキュリティ、回復力、信頼性の要件に関するシステムの適合性を測定、評価する

テスト結果を評価し、支障があった場合にはプロジェクト関係者と連携をとって対応を検討し、改善する

ISO/IEC 15408の定める手順に基づき、ソフトウェアおよびシステムのセキュリティ評価を行う

セキュリティテスト>セキュリティテスト計画策定 セキュリティテスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

当該システムのセキュリティ要件を踏まえてセキュリティテスト方針を定める

セキュリティテスト方針に基づくテストの対象範囲と実施環境を明らかにする

セキュリティ要件に基づくセキュリティテスト項目と合否判定基準を定める

テストの実施スケジュール、体制、実施環境を含むテスト計画書を作成する

セキュリティテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果として報告すべき内容(不適格と判定されたテスト項目について、発生条件、リスクの大きさ、実施すべき対策の明示等)をテスト実施要領として定める

テスト計画書およびテスト実施要領に基づき、テスト実施体制を決定する(社内体制の構築または外部機関の選定)

テストの実施に必要な環境や条件を明らかにする

セキュリティテスト>セキュリティテスト実施 セキュリティテストの実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト計画書に基づき、テストの実施に必要な環境を準備する

テスト計画書およびテスト実施要領に基づくセキュリティテストを実施(または委託)する

テスト結果の報告を受け、テスト計画およびテスト実施要領に準じた内容であることを確認する

セキュリティテスト結果の対策実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果を評価し、不適格と判定されたテスト項目への対策の必要可否を判断する

対策の内容(設計変更、システム運用方法の変更等)を定める

当該システムに施した対策に対する再テストを行い、判定結果に基づいた対策を定める

セキュリティテストの結果と対策の内容を関連文書(設計書、テスト仕様書、運用手順書等)に反映する

移行・導入(システムリリース)>受入れテスト 受入れテストの支援評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ受入れテスト計画書のたたき台を作成する

ユーザから提供されたテストデータをもとに、受入テスト環境を準備する

ユーザがテストを行う際、システムの操作方法や既存システムとの違い等を説明しながらテストを支援する

テストの進行状況についての情報をユーザと共有し、ユーザの課題解決を支援する

プロジェクトマネジメント>プロジェクト計画策定 品質保証計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトに求められる品質特性を理解し、品質方針と達成目標(品質基準)を定める

品質を作り込む手段としての開発プロセス、アーキテクチャ、基準、規約等を選択または決定する

品質保証のための組織構造、責任、プロセス、資源等を明らかにし、品質保証計画を策定する

品質リスクを明らかにする

リスク管理計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトにかかわる主要なリスク(スケジュール、資源計画、組織・要員、調達、費用、品質)を想定する

リスクの発生確率や影響範囲を定量化する

リスクがプロジェクトに与える影響度を計り、対応の優先順位を決定し、対応策を立案する

リスク発生の予防策を計画し、詳細レベルタスクに組み込む

不測事態対応計画を策定する

リスク発生を監視、追跡し、コントロールするための管理表を作成する

プロジェクトマネジメント>プロジェクト追跡と実行管理 品質管理評価項目を表示

▼評価項目

定められた手順に沿って、品質管理を実施する

品質基準に満たない事象が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体の品質に大きな影響が予測される場合、品質保証計画を変更し、承認を受けて実施する

品質保証計画の変更に伴う改善状況を確認する

リスク管理評価項目を表示

▼評価項目

リスク管理対象のすべての要素に対して監視および追跡を継続する

計画されたすべてのリスク予防策を実施し、その効果を確認する

新たに識別したリスクへの予防策、発生時対応計画を策定し、実施する

リスクの発生に伴い、不測事態対応計画を実行して復旧状態を確認し、その過程を評価する

リスク発生に伴うすべての事項を文書化する

品質マネジメント>品質管理のコントロール 品質マネジメントシステムの運用評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトマネージャまたは組織体の品質活動を通じて、組織体が生み出すプロダクトの品質とそれらを生むプロセスの改善活動を実行する

品質とプロセスの改善目標や改善範囲を設定し、関係者に周知徹底する

障害発生を契機として改善のサイクルを主導し、活動を根付かせる

品質標準および品質管理実践基準の定義評価項目を表示

▼評価項目

品質標準や品質管理の実践基準に関する技術動向や業界のベストプラクティスを把握する

システムのライフサイクルを通じた開発、保守、運用、調達の品質に関する標準を定義する

主要な工程ごとの品質標準に対する測定基準と承認基準を設定する

設定した品質標準および品質管理実践基準を、関係者の合意を経て関係組織に導入する

品質の測定、モニタリングおよび改善評価項目を表示

▼評価項目

品質マネジメントシステムのコンプライアンスおよび品質マネジメントシステムが提供する価値をモニタするための測定項目を設定する

各プロジェクト、プロセスへの品質標準、品質管理実践基準の導入状況をモニタリングし、準拠性の評価と例外の妥当性を判断する

品質標準および品質管理実践基準の非準拠等の例外の要因を特定し、プロセス標準や実施内容との調整を図りながら改善する

品質マネジメント>組織全体の品質マネジメント 検査のマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア開発の各工程での検査要領(検査方針、体制、方法、環境や日程)を明らかにし、検査計画書を作成する

ソフトウェア開発の成果物の各種ドキュメント(設計書、マニュアル、テスト計画書等)を検査し、合否を判定する

各テスト工程完了時に、テスト工程での摘出不良件数や摘出傾向の監査やサンプリング検査を行い、検査の合格に不十分な点の対策を開発担当に実施させる

ユーザ(利用者)の立場でプロダクト検査内容を作成、実施し、合否を判定する

契約管理>契約締結管理 委託/受託業務の内容と責任分担の明確化評価項目を表示

▼評価項目

該当案件の委託/受託業務内容および責任分担を契約書、仕様書に明記する

委託/受託業務の完了条件や検収条件を契約書に明記し、相手方と合意する

追加作業についての取り扱いを契約書に明記する

法的要件を満たした契約内容の作成評価項目を表示

▼評価項目

(相手方/当方が)作成したプログラム、データおよびドキュメントの知的財産権の帰属を明らかにして、契約書に反映する

必要な特約条項および免責条項を明らかにして、契約書に反映する

損害賠償に関する会社方針を確認し、損害賠償条項を契約書に反映する

該当案件の再委託にかかわる方針を明らかにし、再委託条項を契約書に反映する

再委託先の機密保持の適用条件を契約書に明記する

監査に関する会社方針を確認し、監査条項を契約書に反映する

監査の対象範囲、適用する基準および結果の取り扱いを明らかにする

契約の締結評価項目を表示

▼評価項目

契約上の責任、役割、条件、関連する法令、組織体の規定に関する事項が網羅されているか、契約内容を確認する

契約条項の内容を理解し、優先して交渉する条項、譲歩ができる条項等の区別を行う

契約交渉を行い、相手方の指摘や主張の内容や狙いを確認し、法務部門と連携して受入可否の判断を行う

当方の主張、相手方の主張を調整し、合意形成を行う

委託/受託契約ルール遵守評価項目を表示

▼評価項目

委託契約ルールまたは受託契約ルールを定める

委託/受託契約ルールに基づいた契約書を作成し、委託/受託の責任者の承認を得る

契約書の内容を関係者に周知徹底する

供給/委託先の選択・交渉評価項目を表示

▼評価項目

供給・委託先の選択ルールに基づき、その手順を明らかにする

供給・委託先を決定し、その理由を根拠となる情報と共に関係者に説明する

購買要件、条件を明らかにし、供給・委託先に提示の上で合意形成を図る

選定した供給・委託先との契約内容を確定するために、必要に応じて法務部門や外部専門家の指導を受けながら、知的所有権、ライセンス条件等を含めた契約内容を交渉する

費用の支払い方法、支払い条件を確定し、日常業務の経理部門に対して、経費発生額と時期を通知し、資金計画を要請する

契約管理>契約変更管理 追加変更発生時の対応評価項目を表示

▼評価項目

該当案件の契約書および仕様書の委託業務内容を確認する

既契約外として追加、変更される作業の内容を明らかにする

当初契約以外の作業を別契約として取りまとめ、覚書を締結する

契約の変更要求の受付と影響分析評価項目を表示

▼評価項目

契約の変更要求を受付け、既契約内容の確認を行う

変更要求の影響範囲とリスクを具体的に整理する

影響範囲とリスクに基づき、対応方針を定め、合意の条件を設定する

契約変更の協議と締結評価項目を表示

▼評価項目

当方の主張、相手方の主張を調整し、合意形成を行う

合意した内容で変更契約を締結する

契約の変更内容、変更時期を関係者に徹底し、説明する

システム監査>システム監査計画の策定 基本計画書の作成評価項目を表示

▼評価項目

経営目標の実現に向けて、第三者の視点からシステムの安全性・信頼性・効率性、ITガバナンスの向上、情報の安全性・完全性等の点検・評価を行うための中長期計画書を作成する

中長期計画を経営層に申請し、承認を受ける

中長期計画書を受けて、年度単位の基本計画方針を作成する

当年度の監査の目的、対象、重点テーマ、実施体制、実施スケジュール等を盛り込んだ基本計画書を作成する

J-SOX監査等、外部監査に関する実施計画を策定する

個別計画書の作成評価項目を表示

▼評価項目

基本計画書を受けて、個々の監査の目標を設定する

基本計画書を受けて、点検・評価の実施、報告、フォローアップまでの全プロセスを計画する

個別計画書に個々の監査の目的、対象、範囲、目標、手続き、スケジュール、実施責任者および業務分担、被監査部門の責任者および担当者、他の監査との連係・調整、必要コスト等を盛り込む

システム監査>システム監査の実施 予備調査評価項目を表示

▼評価項目

被監査部門に対して個別計画書の内容を通知し、協力を要請する

関連資料の収集、関係者へのインタビュー、現地調査等により、監査対象業務・システムの概要およびコントロールの実態を把握する

現実の状態とあるべき状態の間のギャップと問題点を認識する

現状把握に際して、個別計画書に記載された監査目的に対して組織体が目標とすべきレベルを事前に明らかにする

個別計画書作成時に予測できなかった問題点が存在する可能性がある場合、監査時に確認すべき項目として取りまとめる

監査手続書の作成評価項目を表示

▼評価項目

本調査で実施する具体的な監査手続きを検討し、監査手続書を作成する

予備調査の結果を踏まえ、監査手続書に個別計画書作成時に予測できなかった問題点を確認できる手続きを盛り込む

次回以降の監査の参考として利用できるように、監査手続書の内容を精査する

本調査評価項目を表示

▼評価項目

現地に赴き、自らの目で確認、評価する

現地調査時に、監査結果の裏付けとなる証拠資料を入手する

適切な対象者、日程、質問事項等を事前に準備し、インタビューを実施する

監査手続書に基づいて資料を入手し、レビューする

実施結果の記録(監査調書の作成)評価項目を表示

▼評価項目

本調査で入手した監査証拠に基づき、監査調書を作成する

監査調書の内容に事実誤認がないか、被監査部門に確認する

監査調書に発見事項とともに監査担当者の判断等を記載する

監査報告書案の作成評価項目を表示

▼評価項目

監査調書に基づいて、総合評価、指摘事項、改善勧告の原案をまとめる

指摘事項として、発見事項の内容、それを問題と判断するに至った根拠、問題を生じさせている原因、及ぼしている影響、他の指摘事項との関連性を記載する

改善内容は可能な限り具体的、詳細なものとし、被監査部門との意見交換を行い、改善策の実現可能性について確認する

報告書を被監査部門へ提示し、誤認確認を行う

システム監査>システム監査結果の報告 監査報告の実施評価項目を表示

▼評価項目

被監査部門の責任者による監査報告書案の最終確認を行い、経営層に提出する

関係者を一堂に会して監査報告会を開催する

改善作業のスケジュールや担当者を決定し、関係者の同意を得る

フォローアップの実施評価項目を表示

▼評価項目

次回以降の監査での確認方法を被監査部門に指示する

監査報告会の開催や改善作業の実行計画書および改善報告書等により実施状況を把握する

指摘事項や改善勧告事項への実施状況のフォローアップ時に課題が発生した際に対応指示を行う

年次監査報告書の作成評価項目を表示

▼評価項目

基本計画書に対応して、当該年度に実施した結果を年次監査報告書としてまとめる

当該年度に発生した課題や監査上での気づきに関し、次年度の基本計画に反映できるよう取りまとめる

必要に応じ、監査中期計画の対象、実施内容、実施時期等を見直す

システム監査>システム監査対応 監査実施対応評価項目を表示

▼評価項目

予備調査で求められる監査対象業務・システムの概要、コントロールの状況についての資料を準備する

現地調査で求められる証拠資料について、必要な範囲を見極め提供する

インタビューの実施日程を確認し、質問事項の確認内容を理解し、回答する

監査調書をレビューし、事実誤認がないことを確認する

監査報告書案の改善事項勧告の実現可能性を監査部門に提言する

J-SOX等、外部監査に対応する

マーケティング・セールス>ソリューションの組立て リスク計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

想定されるすべてのリスクを洗い出し、発生に伴う影響を評価する

リスク予防策の実施効果を検証する

整理されたリスクの発生確率を想定する

リスク対策が現状どの程度実施されているかどうか調査し、整理する

マーケティング・セールス>ソリューションの提案 ソリューションの提案評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

顧客の購買基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

顧客のセキュリティ基準、監査基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

再利用>再利用資産管理 再利用資産管理の準備評価項目を表示

▼評価項目

再利用を目的として、企画・開発・保守のプロセスで作成される資産(ソフトウェア、技術資料等の成果物)の体系と様式を規定する

再利用資産の保管と検索の仕組みを作成し、維持する

再利用を目的とした資産作成のための規定を作成し、関係者の同意を得る

再利用資産の保管と管理評価項目を表示

▼評価項目

再利用を目的とした資産作成の規定に準じて各プロセスから提示された資産を受領し管理する

共同レビューを実施して提示された資産の価値を査定し、再利用のために関係者に通知する

再利用による効果を収集、分析し、再利用を目的とした資産作成のための規定を改定する

再利用>再利用施策管理 再利用施策の計画評価項目を表示

▼評価項目

既存の再利用資産の内容、プロジェクトの予算、期待成果に基づき再利用資産の活用方針を決定する

再利用を実践する対象を識別する

再利用の実態効果を測定するための基準を設定する

再利用資産の活用方針に基づき、再利用計画を策定する

再利用施策の実施評価項目を表示

▼評価項目

再利用計画を実行し、その進捗を監視する

定められた基準に基づき再利用の効果を測定する

再利用の状況と効果を収集して再利用計画を評価し、次期の再利用計画への助言・提言を行う

標準の策定・維持・管理>標準の維持管理 実状調査評価項目を表示

▼評価項目

標準化されたプロセスや手順、管理基準等の適用状況を調査する

準拠性レビューの結果を調査、分析する

標準策定時と現状との経営方針、企業目標、IT戦略等の変化を把握する

標準の見直し評価項目を表示

▼評価項目

標準の見直しを検討すべきポイントを抽出する

標準の見直し対象範囲を明らかにする

標準の見直しを検討し、他の標準との関連を再整理して矛盾点、影響等を確認する

新ビジネス・新技術の調査・分析と技術支援>最新技術の研究・検証 調査対象の設定と情報収集評価項目を表示

▼評価項目

情報技術動向の調査方針を明らかにする

ビジネスへの影響を踏まえて、重点的に評価・検討すべき技術領域、手法・製品を特定する

重点的に評価・検討すべき最新技術の獲得方法を選択し、必要な情報を必要な時期までに収集する

最新技術の評価・検証評価項目を表示

▼評価項目

収集した技術情報を分析し、そのトレンドや影響の大きさ、速さ等を要素とした技術マップを作成する

最新技術について、単独の性能、効果、特性と実活用を踏まえた組合せの性能、効果、特性を検証する

最新技術の特性や接続性を踏まえて典型的な既存技術との組合せの性能、効果、特性を検証する

最新技術の特性、性能、コスト効果を分析し、現在や近い将来の用途を洗い出す