タスク一覧



「組込みソフトウェア」のタスク例

タスクプロフィール 「組込みソフトウェア」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
このタスクプロフィールに関する研修・書籍・資格の情報が こちらから検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
システム企画立案 システム化構想の立案 システム化構想基本方針の策定評価項目を表示
現行業務、システムの調査分析評価項目を表示

▼評価項目

現行業務を調査し、業務実態を把握する

業務知識の保有状況(有識者の有無、有識者のスキルセットとカバー範囲、ドキュメントの有無と最新性)を調査し、把握する

現行システムの状況(規模、構成、処理方式、非機能要件、データ量、データ構造、保守状況等)を調査し、把握する

現行の業務やシステムの状況から、開発、改善、改革対象の範囲を把握する

新業務の全体像把握と評価指標の設定評価項目を表示

▼評価項目

システム化の主要テーマ(HW/SW老朽化対応、維持コスト削減、業務のスリム化、新ビジネスや新サービスへの対応、要員不足対応等)を設定する

システム化で対応する業務機能のあるべき姿を描く

あるべき業務機能に求められる主要機能を明らかにする

企画するシステムにおける業務運用の定量的評価指標を設定する

企画するシステムにおける業務運用の定性的評価指標を設定する

投資規模の策定評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費の概算を見積もる

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費の概算を見積もる

ビジネスモデルとシステムアーキテクチャによる企業目標、経営戦略およびIT戦略の実現性を評価する

システム化構想の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化構想書の原案を作成する

有識者を集め、システム化構想書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従ってシステム化構想の承認を得る

システム化計画の推進体制を立案する

推進体制案を関係先と調整し、体制を確立する

システム化構想の支援評価項目を表示

▼評価項目

対象業務のユーザ要件を把握する

適用情報技術の調査を通じて、主要機能実現のためのシステム方式を提言する

業界で利用されているアプリケーションの傾向を調査し、適合性について評価、提言する

システム化計画の策定 システム化計画におけるプロジェクト計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画の策定に必要な環境および工程を洗い出す

システム化計画工程のプロジェクト計画書案を作成する

有識者を集め、プロジェクト計画書案をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、プロジェクト計画の承認を得る

システム計画の基本要件の確認評価項目を表示

▼評価項目

システムに求められる基本機能から、システム化の前提条件を整理する

システムが果たすべき機能、役割、サービスを考慮し、システム化の範囲を図式化する

システム化範囲の基本要件について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

対象業務の課題整理評価項目を表示

▼評価項目

システム化におけるユーザの作業分担範囲を決める

対象業務の流れと情報を整理し、業務上の課題を分析する

業務上の課題の中からシステム化によって解決すべき課題を抽出し文書化する

現状システムの分析と対応方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

対象となるシステムの現状について、機能、性能の両面を把握する

システム障害による影響を分析し、障害対策レベルを設定する

既存システムとの連携(制限事項)を踏まえ、採用する技術の評価、選定を行う

業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

システム化機能の整理とシステム方式の検討評価項目を表示

▼評価項目

主要機能を実現するための情報と処理を定義する

主要機能を実現するシステムアーキテクチャを定義する

主要機能が必要とするデータベースとネットワークの一覧および構成を作成する

システム再構築手法(リビルド、リライト、リホスト、ハードウェア更新)を選択する

パッケージソフト導入や外部資源の活用を検討する

付帯機能、付帯設備に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

システム移行にかかわる方針および基本的要件を定める

システム移行のための概略の計画を策する

環境整備に要する大枠のシステム使用期間と使用量を見積もる

業務とシステムに関する教育・訓練の目的および対象範囲等を設定する

教育・訓練の教育体制、設備、環境および実施スケジュール等を設定する

サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

業務に求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムに求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムの品質に対する基本的な要件を定める

システムの品質保証体制に対する基本的な要件を定める

プロジェクトの目標設定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの実施によって取得できる有形、無形の価値を明らかにし、その評価指標を設定する

業務の定量的・定性的評価指標を設定する

システムの定量的・定性的評価指標を設定する

業務やシステムの評価指標について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

実現可能性の検討評価項目を表示

▼評価項目

開発、運用、保守、移行、環境整備および品質に関する基本要件を定める

過去のシステム運用評価の結果を把握し、システム化計画の運用要件の充足度を確認する

システム運用時に発生する障害やリスクに対する保守体制および保守内容の基本要件を定める

開発の期間、コストおよび作業責任分担等の基本方針を定める

技術的、経済的な実現可能性を検討する

全体開発スケジュールの作成評価項目を表示

▼評価項目

システム導入計画の基本要件に適合したサブシステムに分割する

サブシステムの開発優先順位を決定する

サブシステムの単位スケジュールを基本方針に沿って決定する

システム選定方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

システムアーキテクチャの基本的な機能と構成要件を設定する

システム選定の調査範囲を定義する

システム投資予算枠を決定する

費用とシステム投資効果の予測評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費を予測する

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費を予測する

システム化による費用対効果を算出し、評価する

システム化しなかった場合を考慮して費用対効果を算出し、評価する

システム化構想の実現により、企業目標、経営戦略、IT戦略が実現できるかを検証する

システム化計画の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画書の原案を作成する

有識者を集め、システム化計画書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、システム化計画の承認を得る

要員、納期およびコスト等の制約を把握する

開発プロジェクトの構成とその要員数、役割分担を定義する

業務・システム要件定義 業務要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

新要件を考慮した業務フローをプロセス単位で作成し、ユーザの具体的要求事項を可視化する

新業務フローに基づき要求事項の評価を行い、対応範囲を明らかにする

新業務フローに基づき対応範囲以外の業務との関連性を取りまとめる

対応範囲の業務の入力条件、処理条件、出力条件の業務ルールを概要レベルで取りまとめる

対応範囲の業務の例外処理を洗い出し、明らかにする

システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

システム要件定義・方式設計 システム化要件定義 システム化の対象と目的の決定評価項目を表示
要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

機能に関する要求をシステムとして実現するための機能要件として具体化する

現行システムの課題やユーザニーズを踏まえてユーザビリティ要件を具体化する

機能要件に対する実装方式を提示する

機能要件を実現するための費用を算出する

機能要件に関する制約事項を抽出する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム化要件の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象と目的、要件(機能要件、非機能要件)、制約等をシステム化要件定義書にまとめて関係者に説明する

関係者からのレビュー結果を評価し、システム化要件定義書を改定する

システム化要件定義書がシステム化計画として定めた内容を満たしていることについて関係者の同意を得る

セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

システム方式設計(組込みソフトウェア) システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システムのハードウェア構成を決定する

ハードウェア、ソフトウェアにシステム化要件の機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がハードウェア、ソフトウェアのいずれかに割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性をハードウェアとソフトウェアの両面から評価する

開発準備 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

開発準備(アジャイル) 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

アジャイル開発の準備評価項目を表示

▼評価項目

適用するプラクティスを適用可能な状況、効果、留意点等を踏まえて取捨選択する

要員の習熟度やプロジェクトの不確実性を考慮してイテレーションを設定する

ユーザストーリーの完了判定基準を定め、関係者の同意を得る

組込みソフトウェア開発 安全要件定義 対象プロダクトの仕様とシステム障害の検討評価項目を表示
安全性実現のための要件の検討評価項目を表示

▼評価項目

想定するシステム障害毎に、発生を防ぐまたは発生時の安全性を実現する方式を定める

想定するシステム障害発生時の安全性を実現する安全機能を、システム動作モードに応じて定める

想定するシステム障害発生時の安全性を実現するために、システムの利用・運用方式を定める

想定するシステム障害の発生頻度と影響度、対象プロダクトの仕様に準じて、安全度水準を定める

安全要件仕様書の作成評価項目を表示

▼評価項目

安全機能の要件を、対象とするシステム障害とこれを防ぐメカニズム、安全度水準と共に定める

安全性を担保するための設計手法を定める

要件定義の段階で未確定な安全仕様や設計段階での留意点を明記する

ソフトウェア要件定義 機能要件と非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

マトリクス、業務・処理フロー等を用い、個々の処理を洗い出し、プロセスに分割する

プロセス単位の機能要件を定める

プロセス単位の性能、信頼性、使用性、効率性、保守性、移植性等の非機能要件を定める

検討結果と成果物に基づき、プロセスモデルを作成する

インタフェース要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

ユーザビリティを考慮してヒューマンインタフェースの要件を定める

外部機器とのインタフェースの要件を定める

サブシステム間のインタフェースを定める

ソフトウェア要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

システム要件およびシステム方式設計への追跡可能性を評価する

システム要件との外部一貫性を評価する

ソフトウェア要件の内部一貫性およびテスト可能性を評価する

ソフトウェア方式設計の実現可能性を評価する

運用および保守の実現可能性を評価する

ソフトウェア方式設計 ソフトウェアコンポーネントの方式設計評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア要件定義で定義されたソフトウェアの各機能をコンポーネントに分割する

すべてのソフトウェア要件が分割されたコンポーネントのいずれかに割り当てられることを確認する

分割されたコンポーネント毎に実現方式を設計する

インタフェースの方式設計評価項目を表示

▼評価項目

ヒューマンインタフェースの実現方式を設計する

外部機器とのインタフェースの実現方式を設計する

分割されたコンポーネント間のインタフェースの実現方式を設計する

開発環境構築 開発環境構築計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

稼働予定の環境との同一性や類似性、開発独自の要求等を踏まえて開発環境要件としてまとめる

開発スケジュール(時期、利用リソース)との整合性や費用等の制約に基づき、開発環境の構築計画を作成する

開発するソフトウェアの構成管理、セキュリティ、開発およびリリースに関するルール設定等のリスク要件を意識した構築計画を作成する

開発環境の構築と維持評価項目を表示

▼評価項目

開発環境の構築計画に基づき、必要なリソースを調達して環境を構築する

開発環境の利用時から利用完了まで、必要な環境を維持できるように、リソースの確保と保守を実施する

スケジュールや仕様の変更、稼働環境条件の変更等が発生した場合は、速やかに開発環境や計画への影響を検証し、対処する

ソフトウェア詳細設計 ソフトウェアコンポーネント設計(機能分割・構造化)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア方式設計で定義したコンポーネントをコーディング、コンパイル、テストの実施に最適な単位のユニットに詳細化する

すべてのソフトウェア要件が、コンポーネントからユニットへ割り当てられることを確認する

詳細化されたユニット単位に詳細設計を行う

入出力詳細設計評価項目を表示

▼評価項目

ヒューマンインタフェースの詳細設計を行う

外部機器とのインタフェースの詳細設計を行う

コンポーネント間のインタフェースの詳細設計を行う

ソフトウェアコード作成・単体テスト プログラム構造設計(モジュール分割・モジュール設計)評価項目を表示

▼評価項目

ソフトウェア詳細設計で定義したユニットをもとに、プログラムを構成するすべてのモジュールを定義する

定義されたモジュール間の階層構造を定義する

モジュール間のインタフェースを定義する

類似するモジュール、変数、定数等の共有化を検討する

単体テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

モジュール単位のテスト密度と網羅性を定め、単体テスト計画書を作成する

プログラムの機能と目的を理解した上で、モジュール単位に定められたテスト密度、網羅性に基づいて単体テストケースを洗い出す

単体テストに必要な体制、環境等のリソースを明らかにし、準備作業を含めたスケジュールを作成する

選定した単体テストケース、単体テストの目標、評価基準、問題への対応方法を盛り込んだ単体テスト仕様書を作成する

プログラミング評価項目を表示

▼評価項目

コーディング規約、命名規則、レビュー記録、バージョン管理などの開発標準を遵守してコーディングを行う

設計書(詳細設計書、プログラム仕様書)に基づいたコーディングを行う

作成するプログラムの機能を理解し、APIや再利用、代替プログラムを活用する

処理速度を意識してプログラムを作成する

セキュリティホールへの対策を理解して、セキュアなプログラムを作成する

デバッグの手法やデバッガなどの有効な手段を活用してプログラミング上の欠陥や誤りを発見し、修正を行う

プログラムのデグレードが発生しないための管理方法を理解し、実践する

単体テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

単体テスト計画に則したテストデータやスタブの作成等のテスト準備を実施する

単体テスト計画に則したテストを実施し、テストツールを利用してデバッグする

単体テストの結果から、プログラムが仕様通りに動作することを評価し、テストの完了を判断する

ソフトウェア結合テスト 結合テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ結合テスト計画書を作成する

結合テストの責任者を明らかにし、テスト担当者、修正担当者等のテストチームを編成する

複数の単体プログラムにまたがる一連の処理やそのインタフェースを確認できるテスト仕様書を作成する

ソフトウェア結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

各コンポーネントをソフトウェア設計に則して結合し、動作可能な環境を構築する

ソフトウェア結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

結合テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

結合テスト仕様を満たすテストデータを、データ作成プログラム等も活用しながら準備する

個々の結合テストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

結合テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果のエビデンスを残し、結合テストの実施結果を報告する

システム適格性確認テスト システム適格性確認テスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

システム要件およびシステム方式に準じて、テスト方針を定める

システム要件およびシステム方式に準じて、適格性要求事項を設定する

システム要件およびテスト方針に基づき、テスト仕様、テストケースとテストデータの作成基準、テスト体制等を含むシステム適格性確認テスト計画書をまとめる

必要な資源、スケジュール、評価基準、問題への対応方法をシステム適格性確認テスト計画書に盛り込む

システム適格性確認テストの準備評価項目を表示

▼評価項目

各々の機能の特性に即し、システム要件を網羅したテストケースを設定する

当該ソフトウェア製品の動作を保証するテスト環境を構築する

検証すべきテストケースに適したテストデータをデータ作成プログラム等も活用しながら準備する

システム適格性確認テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

テスト環境に定められた手順で導入し、想定する導入手順や導入後の正常な動作を阻害する再現可能な現象を明らかにする

個々のシステム適格性確認テストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

システム適格性確認テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

性能テストを実施し、再現性のある性能結果をまとめ、課題を洗い出す

システム適格性確認テストで洗い出された課題を解決するために、設計、開発およびテストの再行計画を作成する

安全性テスト 安全性テストの準備評価項目を表示

▼評価項目

安全性要件仕様書に基づき、確認すべき安全機能の事項をリストアップしてテスト項目を作成する

安全性要件仕様書に基づき、システムの利用・運用方式に応じたテスト項目を作成する

システム異常時に利用者やシステム管理者が実施する事項をテスト項目として作成する

テスト結果の判定基準、評価基準を安全要件定義、安全度水準に準じて設定する

安全性テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

安全性テスト仕様書のテスト項目に準じたテスト状態を設定し、動作を確認する

安全性テスト仕様書に記載された合否判定基準に準じてテストの合否を判断し、不具合の原因箇所を特定する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果を取りまとめて、未解決の問題の有無や対応を明記したテスト報告書を作成する

セキュリティテスト セキュリティテスト計画策定 セキュリティテスト計画の作成評価項目を表示
セキュリティテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果として報告すべき内容(不適格と判定されたテスト項目について、発生条件、リスクの大きさ、実施すべき対策の明示等)をテスト実施要領として定める

テスト計画書およびテスト実施要領に基づき、テスト実施体制を決定する(社内体制の構築または外部機関の選定)

テストの実施に必要な環境や条件を明らかにする

セキュリティテスト実施 セキュリティテストの実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト計画書に基づき、テストの実施に必要な環境を準備する

テスト計画書およびテスト実施要領に基づくセキュリティテストを実施(または委託)する

テスト結果の報告を受け、テスト計画およびテスト実施要領に準じた内容であることを確認する

セキュリティテスト結果の対策実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果を評価し、不適格と判定されたテスト項目への対策の必要可否を判断する

対策の内容(設計変更、システム運用方法の変更等)を定める

当該システムに施した対策に対する再テストを行い、判定結果に基づいた対策を定める

セキュリティテストの結果と対策の内容を関連文書(設計書、テスト仕様書、運用手順書等)に反映する

システム評価・改善 ITシステムの評価 ITシステム評価指標による検証評価項目を表示
ITシステム評価報告の成案化評価項目を表示

▼評価項目

ITシステムの評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

業務運用の評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

ITシステムの評価結果、課題、ニーズおよび開発経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

業務運用の評価結果、課題、ニーズおよび運用経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

ITシステムの企画・運用に関する評価結果を報告書に取りまとめ、組織体のルールに基づき承認を得る

新たな価値創造による新規製品・サービス開発 プロトタイピングを通した新規製品の検討 業務モデルの作成評価項目を表示
IoTシステム・サービスのライフサイクル IoTデバイス設計・構築>ソフトウェアコード作成・単体テスト プログラム構造設計(モジュール分割・モジュール設計)評価項目を表示
単体テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

モジュール単位のテスト密度と網羅性を定め、単体テスト計画書を作成する

プログラムの機能と目的を理解した上で、モジュール単位に定められたテスト密度、網羅性に基づいて単体テストケースを洗い出す

単体テストに必要な体制、環境等のリソースを明らかにし、準備作業を含めたスケジュールを作成する

選定した単体テストケース、単体テストの目標、評価基準、問題への対応方法を盛り込んだ単体テスト仕様書を作成する

プログラミング評価項目を表示

▼評価項目

コーディング規約、命名規則、レビュー記録、バージョン管理などの開発標準を遵守してコーディングを行う

設計書(詳細設計書、プログラム仕様書)に基づいたコーディングを行う

作成するプログラムの機能を理解し、APIや再利用、代替プログラムを活用する

処理速度を意識してプログラムを作成する

セキュリティホールへの対策を理解して、セキュアなプログラムを作成する

フェールセーフ、フェールソフトの対策を理解して、セーフティプログラムを作成する

当該プログラムが担うセーフティリスクの除去・軽減の対策を理解してプログラムを作成する

デバッグの手法やデバッガなどの有効な手段を活用してプログラミング上の欠陥や誤りを発見し、修正を行う

プログラムのデグレードが発生しないための管理方法を理解し、実践する

単体テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

単体テスト計画に則したテストデータやスタブの作成等のテスト準備を実施する

単体テスト計画に則したテストを実施し、テストツールを利用してデバッグする

単体テストの結果から、プログラムが仕様通りに動作することを評価し、テストの完了を判断する

IoTデバイス設計・構築>ソフトウェア結合テスト 結合テスト仕様作成評価項目を表示

▼評価項目

必要な資源、スケジュール、評価基準、テスト手順等を盛り込んだ結合テスト計画書を作成する

結合テストの責任者を明らかにし、テスト担当者、修正担当者等のテストチームを編成する

複数の単体プログラムにまたがる一連の処理やそのインタフェースを確認できるテスト仕様書を作成する

ソフトウェア結合評価項目を表示

▼評価項目

本番環境と物理的、論理的に隔離されたテスト環境を構築する

各コンポーネントをソフトウェア設計に則して結合し、動作可能な環境を構築する

ソフトウェア結合環境の制約、制限と動作確認への影響を明らかにする

結合テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

結合テスト仕様を満たすテストデータを、データ作成プログラム等も活用しながら準備する

個々の結合テストの結果を踏まえて、以降のテストの保留や再開等、状況に応じた判断を行う

結合テストで発見した問題の内容と想定される原因、再現方法等を報告する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果のエビデンスを残し、結合テストの実施結果を報告する

セキュリティテスト>セキュリティテスト計画策定 セキュリティテスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

当該システムのセキュリティ要件を踏まえてセキュリティテスト方針を定める

セキュリティテスト方針に基づくテストの対象範囲と実施環境を明らかにする

セキュリティ要件に基づくセキュリティテスト項目と合否判定基準を定める

テストの実施スケジュール、体制、実施環境を含むテスト計画書を作成する

セキュリティテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果として報告すべき内容(不適格と判定されたテスト項目について、発生条件、リスクの大きさ、実施すべき対策の明示等)をテスト実施要領として定める

テスト計画書およびテスト実施要領に基づき、テスト実施体制を決定する(社内体制の構築または外部機関の選定)

テストの実施に必要な環境や条件を明らかにする

セキュリティテスト>セキュリティテスト実施 セキュリティテストの実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト計画書に基づき、テストの実施に必要な環境を準備する

テスト計画書およびテスト実施要領に基づくセキュリティテストを実施(または委託)する

テスト結果の報告を受け、テスト計画およびテスト実施要領に準じた内容であることを確認する

セキュリティテスト結果の対策実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果を評価し、不適格と判定されたテスト項目への対策の必要可否を判断する

対策の内容(設計変更、システム運用方法の変更等)を定める

当該システムに施した対策に対する再テストを行い、判定結果に基づいた対策を定める

セキュリティテストの結果と対策の内容を関連文書(設計書、テスト仕様書、運用手順書等)に反映する

システム評価・改善>ITシステムの評価 ITシステム評価指標による検証評価項目を表示

▼評価項目

ITシステムの定量的・定性的評価指標に基づき、定められた方法とタイミングで測定する

ITシステムの評価指標の実測値と目標値との差異分析を行い、評価する

業務運用の定性的・定性的指標評価指標に基づき、定められた方法とタイミングで測定する

業務運用の評価指標の実測値と目標値との差異分析を行い、評価する

差異分析の結果をもとに、IT活用担当者、ITサービス提供者等の関係者にヒアリングを行い、設定指標の妥当性を評価する

ITシステム評価報告の成案化評価項目を表示

▼評価項目

ITシステムの評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

業務運用の評価結果から、課題の抽出とニーズ分析を行う

ITシステムの評価結果、課題、ニーズおよび開発経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

業務運用の評価結果、課題、ニーズおよび運用経験等を次期のシステム化構想やシステム化計画に反映できるように取りまとめる

ITシステムの企画・運用に関する評価結果を報告書に取りまとめ、組織体のルールに基づき承認を得る

セキュリティ領域 システム企画立案>システム化計画の策定 サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示
システム企画立案>業務・システム要件定義 システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

システム要件定義・方式設計>システム化要件定義 要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム要件定義・方式設計>セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

組込みソフトウェア開発>安全性テスト 安全性テストの準備評価項目を表示

▼評価項目

安全性要件仕様書に基づき、確認すべき安全機能の事項をリストアップしてテスト項目を作成する

安全性要件仕様書に基づき、システムの利用・運用方式に応じたテスト項目を作成する

システム異常時に利用者やシステム管理者が実施する事項をテスト項目として作成する

テスト結果の判定基準、評価基準を安全要件定義、安全度水準に準じて設定する

安全性テストの実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

安全性テスト仕様書のテスト項目に準じたテスト状態を設定し、動作を確認する

安全性テスト仕様書に記載された合否判定基準に準じてテストの合否を判断し、不具合の原因箇所を特定する

解決された不具合の対応結果を、その影響範囲を見極めた上で検証する

テスト結果を取りまとめて、未解決の問題の有無や対応を明記したテスト報告書を作成する

セキュリティテスト>セキュリティテスト計画策定 セキュリティテスト計画の作成評価項目を表示

▼評価項目

当該システムのセキュリティ要件を踏まえてセキュリティテスト方針を定める

セキュリティテスト方針に基づくテストの対象範囲と実施環境を明らかにする

セキュリティ要件に基づくセキュリティテスト項目と合否判定基準を定める

テストの実施スケジュール、体制、実施環境を含むテスト計画書を作成する

セキュリティテストの準備評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果として報告すべき内容(不適格と判定されたテスト項目について、発生条件、リスクの大きさ、実施すべき対策の明示等)をテスト実施要領として定める

テスト計画書およびテスト実施要領に基づき、テスト実施体制を決定する(社内体制の構築または外部機関の選定)

テストの実施に必要な環境や条件を明らかにする

セキュリティテスト>セキュリティテスト実施 セキュリティテストの実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト計画書に基づき、テストの実施に必要な環境を準備する

テスト計画書およびテスト実施要領に基づくセキュリティテストを実施(または委託)する

テスト結果の報告を受け、テスト計画およびテスト実施要領に準じた内容であることを確認する

セキュリティテスト結果の対策実施評価項目を表示

▼評価項目

テスト結果を評価し、不適格と判定されたテスト項目への対策の必要可否を判断する

対策の内容(設計変更、システム運用方法の変更等)を定める

当該システムに施した対策に対する再テストを行い、判定結果に基づいた対策を定める

セキュリティテストの結果と対策の内容を関連文書(設計書、テスト仕様書、運用手順書等)に反映する