タスク一覧



「ビジネスプロデューサ」のタスク例

タスクプロフィール 「ビジネスプロデューサ」で定義されているタスク例です。これらを参考にしながらタスクや役割を定義してください。
また、各タスクの詳細を参照する場合は、「評価項目を表示」ボタンをクリックしてください。
このタスクプロフィールに関する研修・書籍・資格の情報が こちらから検索できます。

タスク大分類 タスク中分類 タスク小分類
事業戦略策定 事業環境の分析 経営方針の確認評価項目を表示
外部環境の分析評価項目を表示

▼評価項目

マクロ環境(自社を取り巻く産業や業界)の変化の要因を調査、把握する

自社が所属する業界や自社製品・サービスの市場規模および今後の見通しを調査、把握する

競合他社の市場シェア、収益性、動向を調査、把握する

内部環境の分析評価項目を表示

▼評価項目

自社の組織体制、現状人員数、配置状況を把握する

自社の収益性、安全性、生産性等の財務状況を把握する

自社の製品やサービスの売上高、利益率、ライフサイクル上のポジションを把握する

調達、生産、物流、サービス等の自社業務の一連の流れを把握する

事業管理のために必要な情報が自社内のどこに、誰によって、どのように管理されているか把握する

事業戦略の策定 基本構想の策定評価項目を表示

▼評価項目

事業環境分析の結果をもとに、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を整理し、分析する

基本理念やビジョン等の自社の思いや自社が置かれている環境をもとに、企業として取り組む範囲(事業領域)を設定する

事業領域のイメージをより具体化し、ビッグピクチャーを描く

分析の結果をもとに、成功のために重要な要因を設定し、事業に対する戦略指針を策定する

ターゲットとする顧客(国内・国外、業種・業態、規模、企業形態等)を設定する

事業戦略の具体的な項目を策定する

事業戦略が競合他社に対して優位性があることを検証する

分析結果と事業戦略の整合性を検証する

アクションプランの策定評価項目を表示

▼評価項目

事業戦略指針に即した具体的なアクション(施策)を洗い出す

アクション(施策)の実施スケジュールを策定する

アクションプランの実現性や実効性を検証する

売上計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

過去の年、月毎の売上実績を確認する

自社が該当する市場の動向(他社の動向、環境等の影響)を確認する

過去のトレンド、市場の動向、自社がとる施策(販促活動等)を考慮して売上計画を策定する

自社がとる施策(販促活動等)の市場への効果、影響を予測し、計画の妥当性を判断する

決算期にあわせて実施施策(販売施策、実行計画等)に対する売上予測を立てる

費用計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスを作るために必要な費用を洗い出し、積算する

製品・サービスを販売するために必要な人員、経費等を洗い出し、積算する

決算期にあわせて、実施施策(販売施策、実行計画等)に対する費用予測を立てる

利益計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

売上、原価、販売管理費等の計画に基づき、利益計画を策定する

現状と将来の利益構造に基づき損益分岐点グラフを作成し、損益の変化を可視化する

損益分岐点を把握し、目標利益を設定する

資金計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

売上、行動、費用、利益等の計画を鑑み、資金調達の必要性を検討し、返済計画を策定する

資金調達を阻害する外的要因を把握し、リスクを洗い出す

自社本来の資金計画(キャッシュフロー)を確認する

資金繰りのシミュレーションを行い、資金調達の妥当性を検証する

予想の貸借対照表を複数年作成し、負債と自己資産のバランスを確認する

事業戦略実行体制の確立 実現可能性の検証評価項目を表示

▼評価項目

売上、費用、利益等の数値計画と販売施策、実行計画等の実施施策との整合性を確認する

事業のあるべき姿と現実とのギャップを確認する

現状と照らし合わせた事業計画の実現性を確認する

計画と実際に乖離が生じた場合の実施可能な対応策が立てられていることを確認する

実施準備評価項目を表示

▼評価項目

実行計画を部門、職位(ポジション)、職務(役割)毎に整理する

部門・職位(ポジション)・職務(役割)別に目標を必達目標と挑戦的なチャレンジ目標に分けて設定する

全社、部門、チーム毎の目標を定期的にチェックするタイミングを明らかにする

事業計画の遂行を管理する体制を構築する

情報の共有とチェックの方法を明らかにする

IT製品・サービス戦略策定 市場動向の調査・分析・予測 市場機会の発見と選択評価項目を表示
ターゲット市場のビジネスチャンス分析評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点でターゲット市場を具体化する

ターゲット市場を、規模、成長性、競合状況、参入コスト等の観点で評価し、絞り込む

ターゲット市場における製品やサービスの需要を見積もる

IT製品・サービス戦略の策定 ビジネス機会の分析評価項目を表示

▼評価項目

市場や競合他社の状況を踏まえて、ターゲット市場に投入する自社製品・サービスを特定する

ターゲット市場に投入する自社製品・サービスの価値を具体化する

ターゲット市場の規模と販売目標値を設定する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

システム企画立案 システム化構想の立案 システム化構想基本方針の策定評価項目を表示
現行業務、システムの調査分析評価項目を表示

▼評価項目

現行業務を調査し、業務実態を把握する

業務知識の保有状況(有識者の有無、有識者のスキルセットとカバー範囲、ドキュメントの有無と最新性)を調査し、把握する

現行システムの状況(規模、構成、処理方式、非機能要件、データ量、データ構造、保守状況等)を調査し、把握する

現行の業務やシステムの状況から、開発、改善、改革対象の範囲を把握する

新業務の全体像把握と評価指標の設定評価項目を表示

▼評価項目

システム化の主要テーマ(HW/SW老朽化対応、維持コスト削減、業務のスリム化、新ビジネスや新サービスへの対応、要員不足対応等)を設定する

システム化で対応する業務機能のあるべき姿を描く

あるべき業務機能に求められる主要機能を明らかにする

企画するシステムにおける業務運用の定量的評価指標を設定する

企画するシステムにおける業務運用の定性的評価指標を設定する

投資規模の策定評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費の概算を見積もる

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費の概算を見積もる

ビジネスモデルとシステムアーキテクチャによる企業目標、経営戦略およびIT戦略の実現性を評価する

システム化構想の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化構想書の原案を作成する

有識者を集め、システム化構想書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従ってシステム化構想の承認を得る

システム化計画の推進体制を立案する

推進体制案を関係先と調整し、体制を確立する

システム化構想の支援評価項目を表示

▼評価項目

対象業務のユーザ要件を把握する

適用情報技術の調査を通じて、主要機能実現のためのシステム方式を提言する

業界で利用されているアプリケーションの傾向を調査し、適合性について評価、提言する

システム化計画の策定 システム化計画におけるプロジェクト計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画の策定に必要な環境および工程を洗い出す

システム化計画工程のプロジェクト計画書案を作成する

有識者を集め、プロジェクト計画書案をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、プロジェクト計画の承認を得る

システム計画の基本要件の確認評価項目を表示

▼評価項目

システムに求められる基本機能から、システム化の前提条件を整理する

システムが果たすべき機能、役割、サービスを考慮し、システム化の範囲を図式化する

システム化範囲の基本要件について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

対象業務の課題整理評価項目を表示

▼評価項目

システム化におけるユーザの作業分担範囲を決める

対象業務の流れと情報を整理し、業務上の課題を分析する

業務上の課題の中からシステム化によって解決すべき課題を抽出し文書化する

現状システムの分析と対応方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

対象となるシステムの現状について、機能、性能の両面を把握する

システム障害による影響を分析し、障害対策レベルを設定する

既存システムとの連携(制限事項)を踏まえ、採用する技術の評価、選定を行う

業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

システム化機能の整理とシステム方式の検討評価項目を表示

▼評価項目

主要機能を実現するための情報と処理を定義する

主要機能を実現するシステムアーキテクチャを定義する

主要機能が必要とするデータベースとネットワークの一覧および構成を作成する

システム再構築手法(リビルド、リライト、リホスト、ハードウェア更新)を選択する

パッケージソフト導入や外部資源の活用を検討する

付帯機能、付帯設備に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

システム移行にかかわる方針および基本的要件を定める

システム移行のための概略の計画を策する

環境整備に要する大枠のシステム使用期間と使用量を見積もる

業務とシステムに関する教育・訓練の目的および対象範囲等を設定する

教育・訓練の教育体制、設備、環境および実施スケジュール等を設定する

サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示

▼評価項目

業務に求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムに求められるサービスレベル、ならびに達成状況を把握するタイミングを定義する

システムの品質に対する基本的な要件を定める

システムの品質保証体制に対する基本的な要件を定める

プロジェクトの目標設定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの実施によって取得できる有形、無形の価値を明らかにし、その評価指標を設定する

業務の定量的・定性的評価指標を設定する

システムの定量的・定性的評価指標を設定する

業務やシステムの評価指標について、経営層やユーザ部門との合意形成を図る

実現可能性の検討評価項目を表示

▼評価項目

開発、運用、保守、移行、環境整備および品質に関する基本要件を定める

過去のシステム運用評価の結果を把握し、システム化計画の運用要件の充足度を確認する

システム運用時に発生する障害やリスクに対する保守体制および保守内容の基本要件を定める

開発の期間、コストおよび作業責任分担等の基本方針を定める

技術的、経済的な実現可能性を検討する

全体開発スケジュールの作成評価項目を表示

▼評価項目

システム導入計画の基本要件に適合したサブシステムに分割する

サブシステムの開発優先順位を決定する

サブシステムの単位スケジュールを基本方針に沿って決定する

システム選定方針の策定評価項目を表示

▼評価項目

システムアーキテクチャの基本的な機能と構成要件を設定する

システム選定の調査範囲を定義する

システム投資予算枠を決定する

費用とシステム投資効果の予測評価項目を表示

▼評価項目

企画するシステムの開発(一次費用)に関する期間、体制、工数、設備費を予測する

企画するシステムの保守運用(継続費用)に関する体制、工数、機器保守費を予測する

システム化による費用対効果を算出し、評価する

システム化しなかった場合を考慮して費用対効果を算出し、評価する

システム化構想の実現により、企業目標、経営戦略、IT戦略が実現できるかを検証する

システム化計画の成案化評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画書の原案を作成する

有識者を集め、システム化計画書をレビューし、成案化する

組織体のルールに従って、システム化計画の承認を得る

要員、納期およびコスト等の制約を把握する

開発プロジェクトの構成とその要員数、役割分担を定義する

業務・システム要件定義 業務要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

新要件を考慮した業務フローをプロセス単位で作成し、ユーザの具体的要求事項を可視化する

新業務フローに基づき要求事項の評価を行い、対応範囲を明らかにする

新業務フローに基づき対応範囲以外の業務との関連性を取りまとめる

対応範囲の業務の入力条件、処理条件、出力条件の業務ルールを概要レベルで取りまとめる

対応範囲の業務の例外処理を洗い出し、明らかにする

システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

ITサービス要件定義 ITサービス要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

顧客が抱えるシステム運用・保守の課題と運用・保守サービスへのニーズを把握し、サービスの要件をまとめる

運用・保守サービス要件を満たすために必要な体制(要員スキル、要員数、勤務パターン)をまとめる

運用・保守サービス要件に応じてサービスメニューを作成し、顧客に提案する

SLAの草案となる運用・保守サービスの内容、提供時間帯、体制、セキュリティ等をまとめる

情報セキュリティ要件定義 情報セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーやコンプライアンス、情報保証上の必要性を情報セキュリティ要件に反映させる

実装すべき情報セキュリティの要件(障害発生時の復旧時間の許容時間、データ復旧範囲等、障害対応に関する要件を含む)、実施レベル、考慮点等を明らかにする

各々の情報セキュリティ要件に対する実装方式を提示する

情報セキュリティ要件を実現するための費用を算出する

システムに存在する脆弱性について、その対策と緩和のための取り組みの方針を決定する(アプリケーションの可用性維持からパッチを適用しない場合の対策等を含む)

情報セキュリティ要件に関する制約事項を抽出する

情報セキュリティ規定の作成評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに基づき、企業活動のセキュリティ規定を作成する

セキュリティポリシーに基づき、情報システムのセキュリティ規定を作成する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ規定を説明し、承認を得る

情報セキュリティ計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

情報セキュリティをベースにしたセキュリティ計画を策定する

セキュリティ計画の立案、およびセキュリティ計画を実行するにあたって発生する問題のソリューションを提案する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ計画を説明し、承認を得る

情報セキュリティ基準の策定評価項目を表示

▼評価項目

事業戦略、事業継続計画に基づき、各物理サイトの物理的保護レベルを定義する

セキュリティホール情報やセキュリティ勧告およびパッチの最新情報の分析に基づき、パッチ適用基準を策定する

従業員のソーシャルメディア使用に関するルールを策定する

アウトソース先のセキュリティ基準を策定する

電子データの信頼性を確保するために、第三者機関が発行する電子証明書と自組織が発行する電子証明書をそれぞれ利用する手続きを策定する

情報ネットワークのセキュリティ対策のためのガイダンス文書の発行管理を行う

システム要件定義・方式設計 システム化要件定義 システム化の対象と目的の決定評価項目を表示
要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

機能に関する要求をシステムとして実現するための機能要件として具体化する

現行システムの課題やユーザニーズを踏まえてユーザビリティ要件を具体化する

機能要件に対する実装方式を提示する

機能要件を実現するための費用を算出する

機能要件に関する制約事項を抽出する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム化要件の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象と目的、要件(機能要件、非機能要件)、制約等をシステム化要件定義書にまとめて関係者に説明する

関係者からのレビュー結果を評価し、システム化要件定義書を改定する

システム化要件定義書がシステム化計画として定めた内容を満たしていることについて関係者の同意を得る

セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

システム方式設計 システム方式の設計評価項目を表示

▼評価項目

システム化要件を実現する最上位レベルの方式(ハードウェア構成、ネットワーク、ソフトウェア構成、手作業)を設計する

システムの構成要素単位に機能要件、非機能要件を割り当てる

外部インタフェースおよびシステムの構成要素間のインタフェースを定義する

アプリケーション、システム、ネットワークの実装のためのセキュリティアーキテクチャを設計する

適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

システム方式設計の文書化とレビュー評価項目を表示

▼評価項目

システム方式およびシステム化要件との対応、インタフェース等をシステム方式設計書にまとめる

すべての機能要件および非機能要件がいずれかのシステムの構成要素に割り当てられていることを検証する

システム方式設計におけるシステム化要件の実現可能性を評価する

システム方式設計における運用および保守の実現可能性を評価する

開発準備 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

開発準備(アジャイル) 開発手法の決定と開発プロセスの定義評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性や開発体制、要員のスキル等を考慮して開発手法を選択する

開発への着手から完成に到るまでの大きなイベントを記述する

開発標準を踏まえて作業の方法や手順、文書化等のルールを定める

開発環境の準備評価項目を表示

▼評価項目

新システムの特性にあった開発言語や開発環境を選択する

プログラムの開発やテストに必要な機器やツールを明らかにする

開発環境を整備するために必要な費用を見積もる

アジャイル開発の準備評価項目を表示

▼評価項目

適用するプラクティスを適用可能な状況、効果、留意点等を踏まえて取捨選択する

要員の習熟度やプロジェクトの不確実性を考慮してイテレーションを設定する

ユーザストーリーの完了判定基準を定め、関係者の同意を得る

プロジェクトマネジメント プロジェクト立ち上げ プロジェクト企画書の作成評価項目を表示
プロジェクト企画書の申請と説明評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト企画書を必要な関係者に配布し、承認の手続きをとる

プロジェクト企画書の説明と質疑応答を行い、必要な関係者の理解を得る

承認手続きを通じて設定された制約が支障とならないことを確認する

プロジェクト企画書の完成評価項目を表示

▼評価項目

組織体における実行可能性を検討する

プロジェクトマネージャを任命し、その役割、任務、権限を明らかにする

プロジェクトマネージャに企画内容をプロジェクトの初期要求として伝える

プロジェクト計画策定 スコープ計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト成果を組織体の経営戦略、事業戦略等に貢献するものとして明らかにする

ユーザに対する品質保証基準としての満足度基準を明らかにする

プロジェクト推進組織が果たすべき役割と任務を明らかにする

成果物、費用、期間、品質、利用者、規模、機能、技術、リスク等のプロジェクト情報を定義し、範囲を明らかにする

プロジェクト推進の前提条件および制約事項を明らかにする

プロジェクト計画および実行時に解決すべき課題を明らかにする

スコープ管理方針を提示する

プロジェクト方針の決定評価項目を表示

▼評価項目

システムの特性に適合したライフサイクルモデルを選定する

システムの特性に適合したシステム開発技法、システム開発環境を選定する

プロジェクト方針の代替案を提示する

スコープの定義評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの目的、目標を明らかにし、関係者に説明する

プロジェクトの前提条件、制約条件を明らかにし、関係者に説明する

プロジェクト全体の作業を概要レベルタスクに分解し、WBSを作成する

概要レベルタスク遂行の優先順位を明らかにし、その基準を関係者に説明する

各タスクの成果物を定義する

スケジュール計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

スケジュール管理が可能な規模の詳細レベルタスクを定義する

主要成果物の完了時期や評価会議の時期等を含むマイルストーンを定義する

詳細レベルタスク間の相互依存関係を考慮した実施順序を設定する

作業実施時間の見積りを見積り基準に照らして設定する

クリティカルパス、リードタイム(作業の着手から完了までの期間)や、遅れの許容範囲を含めた作業実施時間を見積る

スケジュールリスクを明らかにし、スケジュールの代替案を提示する

資源計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトに必要となる主要な資源の利用根拠を明らかにする

必要な資源に関する質、投入・調達の量および時期を定義する

調達先に対する調査、分析、評価を行う

資源計画に関する代替案を提示する

資源投資リスクを明らかにする

組織要員計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト組織の役割と責任を定義する

プロジェクト組織を適正な規模のチームに分割し、チームの役割、クリティカルスキルおよび責任を明らかにする

知識、スキル、経験、生産性、志向、性格等を考慮し、プロジェクトの特徴に適合する適材適所の要員配置を行う

組織要員計画に関する代替案を提示する

組織編制および要員配置リスクを明らかにする

調達計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトスコープから、外部調達すべき範囲と必要性を明らかにする

情報システムベンダの特質、力量、実績等の現状を調査する

調達先に要求すべき特質、力量、実績を明らかにする

プロジェクトの特徴に適合した調達の形態を検討して調達仕様を定義し、文書化する

調達リスクを明らかにする

費用計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトスコープから作業に必要な人員、機器等の資源を洗い出し、必要な金額を積算する

金額および出費の時期を明らかにする

プロジェクトの予算内において、積算した必要金額の調整を行い、実行可能な予算計画を策定する

費用リスクを明らかにする

品質保証計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトに求められる品質特性を理解し、品質方針と達成目標(品質基準)を定める

品質を作り込む手段としての開発プロセス、アーキテクチャ、基準、規約等を選択または決定する

品質保証のための組織構造、責任、プロセス、資源等を明らかにし、品質保証計画を策定する

品質リスクを明らかにする

リスク管理計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトにかかわる主要なリスク(スケジュール、資源計画、組織・要員、調達、費用、品質)を想定する

リスクの発生確率や影響範囲を定量化する

リスクがプロジェクトに与える影響度を計り、対応の優先順位を決定し、対応策を立案する

リスク発生の予防策を計画し、詳細レベルタスクに組み込む

不測事態対応計画を策定する

リスク発生を監視、追跡し、コントロールするための管理表を作成する

コミュニケーション計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

収集と伝達が必要なプロジェクト情報、関係者への伝達手段を定義する

関係者間のコミュニケーションと情報伝達を図るための仕組みやルールを定義する

プロジェクト情報の報告方法を定義する

収集したプロジェクト情報の分類と保管のためのルールを定義する

コミュニケーション計画を策定する

プロジェクト計画書の作成評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトの目的、目標、成果物、推進体制を定める

プロジェクトの実行に際しての前提や制約を明らかにする

プロジェクト状況報告の方法およびその承認ルールを定める

問題発生時の対応策に関する承認ルールを定める

プロジェクトの監視、追跡およびプロジェクト管理の方針を定める

各工程の完了条件およびユーザによる検収条件を定める

プロジェクト計画書を作成し、必要な関係者の承認を得る

プロジェクト追跡と実行管理 プロジェクトの実行管理評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトが計画通りに推移するようコントロールする

計画と実施の差異に対して、必要な是正策を実施する

計画の変更が承認された場合、変更を確実に実施し、その効果を追跡する

プロジェクトの監視と追跡評価項目を表示

▼評価項目

すべてのプロジェクト実行管理要素の監視および追跡方法を明らかにする

監視および追跡の頻度を明らかにし、必要な時期に手順通りに監視および追跡を行う

すべての異常な進行、異常の予兆を発見し、分析する

知識管理評価項目を表示

▼評価項目

コミュニケーションの活性化や信頼関係の構築等を通じて、プロジェクトの関係者のスキル、経験、専門知識の共有の動機付けを行う

情報管理のためのツールや技法を活用し、新たな情報の創出や形式知の共有を促進する

知識管理のためのツールや技法を活用し、新たな知識の創出や暗黙知の共有、プロジェクトの関係者の知識の統合を促進する

問題管理評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト推進中のすべての問題を識別し、適切な情報を収集して分析する

問題の重要性を識別し、影響を推定する

発生した問題に対して、必要に応じて対策を講じる

大きな問題は変更管理の対象として処理する

発生した問題に類似する他の問題の潜在性を検証する

発生したすべての問題および解決の過程を文書化する

工程完了評価評価項目を表示

▼評価項目

スケジュール計画で決められた期日に、工程完了条件項目に沿ってレビューおよび評価を実施する

レビューおよび評価を行うための情報を収集する

工程内で認識した改善事項を、以降の工程で有効活用する

レビューおよび評価結果を文書化する

プロジェクト状況の報告評価項目を表示

▼評価項目

成果物、プロジェクトの進行状況、組織活動、プロジェクト管理の結果を文書化し、報告する

重要な問題の発生とその対応結果を文書化し、報告する

承認された変更管理の実施状況およびその結果を文書化し、報告する

進捗管理評価項目を表示

▼評価項目

最優先で管理すべき作業工程(クリティカルパス)を把握する

マイルストーンにおける目標達成状況を確認する

進捗遅延に対する対策を講じる

プロジェクト全体の進捗に大きな影響を与える遅延に対しては、スケジュール変更を計画し、承認を受けて実施する

資源管理評価項目を表示

▼評価項目

資源を計画通りに投入配置し、活用する

資源の過不足が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクトの全体の進捗に大きな影響を与える資源不足に対しては、資源変更を計画し、承認を受けて実施する

組織要員管理評価項目を表示

▼評価項目

要員とチームにおける効率性、負荷バランス、技術水準、協調体制、意思疎通およびプロジェクト管理方式等に関する評価を行う

各チームの要員に過不足がないかを監視し、過不足が生じた場合は、調達、配置転換等の対応を立案する

要員とチームが役割と責任を果たし、業務を遂行するための施策を講じる

調達管理評価項目を表示

▼評価項目

外部調達選定基準に照らして最適な外部委託先を選定する

契約交渉段階で、プロジェクト計画に適合する条件協議を行う

計画未達の場合、委託企業から解決策提案を受け、その妥当性と実現性を審査し、実行させる

契約スコープ外の作業に関して、契約変更を計画し、承認を受け実施する

費用管理評価項目を表示

▼評価項目

支払いをプロジェクト全体計画通りに実施する

費用超過が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体に大きな影響を与える費用超過に対しては、費用変更を計画し、承認を受けて実施する

品質管理評価項目を表示

▼評価項目

定められた手順に沿って、品質管理を実施する

品質基準に満たない事象が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体の品質に大きな影響が予測される場合、品質保証計画を変更し、承認を受けて実施する

品質保証計画の変更に伴う改善状況を確認する

リスク管理評価項目を表示

▼評価項目

リスク管理対象のすべての要素に対して監視および追跡を継続する

計画されたすべてのリスク予防策を実施し、その効果を確認する

新たに識別したリスクへの予防策、発生時対応計画を策定し、実施する

リスクの発生に伴い、不測事態対応計画を実行して復旧状態を確認し、その過程を評価する

リスク発生に伴うすべての事項を文書化する

コミュニケーション管理評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト情報の収集と報告をプロジェクト計画通りに実施させる

会議体の設定を計画通りに実行させる

コミュニケーションの過不足が認識された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体の進捗に大きな影響を与えるコミュニケーション不足については、コミュニケーション計画を変更し、承認を受けて実施する

ステークホルダ・エンゲージメント管理評価項目を表示

▼評価項目

ステークホルダを適切な段階で関与させ、継続的なコミットメントを獲得、維持する

交渉やコミュニケーションを通してステークホルダの期待をマネジメントする

ステークホルダとの関係におけるリスクや潜在的な懸念に対処し、ステークホルダから提起され得る将来の課題を予測する

ステークホルダとの関係における課題を明らかにし、解決する

ステークホルダのプロジェクトへの関与の度合いや影響を監視し、必要に応じてステークホルダ・エンゲージメント計画を見直す

変更管理評価項目を表示

▼評価項目

起案されたすべての変更要求を受け付け、保存(データベース化)する

プロジェクトの変更要求に関連する付帯的な情報を収集し、変更要求を把握する

プロジェクトの変更要求に対する分析と評価を行い、その対応方針を定める

変更による、スコープ、スケジュール、費用等への影響を推定する

プロジェクトの変更要求と対応策について、関係者と基準に照らして評価し、承認する

変更実施を直接的な関わりを持つ、もしくはその影響を受けるすべての関係者に伝達する

プロジェクト終結 プロジェクト終結の確認評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト計画書に記述されたすべての成果物が揃っているかを確認する

成果物が設定されたユーザ検収条件を満たすことを確認する

プロジェクトの完了条件を満たしているかを確認し、プロジェクト終了状況を把握する

すべての残項目を明らかにする

プロジェクトの完了報告評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト全体の実行要約を文書化する

初期計画と完了時の差異発生の原因を文書化する

実施した変更の効果を文書化する

すべての成果物をユーザおよび製品管理者に引き渡し、検収、承認を得る

プロジェクトの完了状況を関係者に報告する

プロジェクトの終結をすべてのプロジェクト関係者に通知する

プロジェクトの完了評価評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト完了後、プロジェクトの概要、実行結果等を整理し、文書化する

プロジェクト計画、実行過程、管理方法、成果(ノウハウ、知識、経験等)等に関する評価を行う

プロジェクトの実績情報の収集、整理を行う

プロジェクトの実績情報の分析を行う

プロジェクトの実績情報、分析結果を情報共有する

プロジェクト個別の品質マネジメント レビューのマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト計画時に、レビューの対象とする成果物、実施時期、完了判断を定める

レビュー対象の成果物が当該プロセスの要求事項を満たすことを確認し、指摘事項を含むレビュー報告書を作成する

レビューの実施結果を評価し、レビュープロセス自身の改善を行う

テストのマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクト計画時に、プロジェクトが実施するテスト活動に関与する組織とその役割(テストの実施、監視等)を定める

プロジェクトの対象プロダクト(システム、製品)、採用する開発プロセス、品質目標等に応じて、実施するテストレベルを定める

プロジェクトにおけるテスト活動の指針やプロセス、ゴールとそれに至る手段に基づき、実現可能なテスト実施計画を策定する

テスト計画を妨げる要因を識別し、テスト漏れによって発生する損害の発生や影響を最小限とするようにテストを(再)計画、管理する

テストプロセスの進捗状況や実施結果に関する情報を収集する

テストレベルやテスト項目に応じたテスト環境を確保し、その環境をテスト実行のリソースを含めて維持する

品質分析・評価のマネジメント評価項目を表示

▼評価項目

評価対象、評価スケジュール、評価者を定めた品質評価計画を策定する

品質に関するニーズを品質要求定義として、品質特性、副特性を用いて品質目標、測定基準、測定手法を定める

主要な開発プロセスの成果データを取得し、品質目標と比較して分析、評価する

評価結果を総合し、プロダクトの全体品質を評価する

評価データ、分析・評価結果に基づいてプロダクト品質やプロセスの弱点を探り、改善事項として整理する

IT製品・サービス戦略評価・改善 IT製品・サービス戦略の評価 販売実績に基づく評価評価項目を表示
調査・分析に基づく評価評価項目を表示

▼評価項目

ブランドイメージや顧客満足度等の調査を実施し、その結果を分析する

調査結果に基づきIT製品・サービス戦略の評価を行い、課題を抽出する

IT製品・サービスの評価結果と課題を報告書にまとめ、次期の戦略策定にフィードバックする

事業戦略評価・改善 事業戦略の評価 事業計画のモニタリング評価項目を表示
事業戦略評価報告の作成評価項目を表示

▼評価項目

売上、費用、利益等の実績数値に基づき事業計画の達成状況を評価する

評価結果から、事業戦略に関する課題を抽出する

事業戦略の評価結果や課題を次期の事業戦略策定に反映できるように報告書として取りまとめる

マーケティング・セールス 販売戦略の策定 ソリューションモデルの開発評価項目を表示
製品・サービス導入事例の作成評価項目を表示

▼評価項目

新規性、汎用性、規模、顧客のネームバリュー等の観点で適切な導入事例を選定する

事例の公開について、顧客と調整し、了承を得る

導入事例のポイントを整理し、社内外に公開する

プロモーションの計画と実施 プロモーション戦略の策定評価項目を表示

▼評価項目

自社の知名度(製品やサービスの知名度を含む)を効果的に上げるためのブランド戦略を立てる

効果的なプロモーションを行うための手段と媒体(テレビ、ラジオ、新聞、Webサイト、展示会、ダイレクトメール等)を選択する

プロモーションの目標(売上高、知名度等)と予算を設定する

プロモーション活動の実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

ターゲット市場に製品やサービスの価値が正しく理解されるメッセージをデザインする

プロモーション戦略に沿ったプロモーション実行計画を策定し、決められた予算やスケジュール、品質を守りながら実施する

プロモーションの目標が達成できたかを調査し、その結果を分析する

販売チャネル戦略の策定 流通チャネルの選択評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスのターゲット市場やチャネル維持のためのコストとのバランスに応じた最適なチャネル戦略を立てる

自社に最適なチャネルミックス(顧客へのアプローチ手段の組み合わせ)を選定する

チャネルカバレッジ(市場配荷率)を考慮してチャネルを選択する

流通チャネルを通じたセールス実行管理評価項目を表示

▼評価項目

チャネルに対して、製品・サービスの価値を含む販売戦略を刷り込み、同意を得る

チャネルの販売目標を設定し、成果を上げるための施策を立案する

チャネルコンフリクト(チャネル同士の対立)の原因を把握し、改善するための計画を策定する

チャネルとの提携戦略を立案する

販売機会の創出 セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点で市場(顧客)をセグメントに分割する

それぞれのセグメントを、自社の強み・弱み、競合状況等の観点で評価し、ターゲットを選択する

ターゲットとするセグメントに対するセールス活動の実施計画を策定する

顧客データベースやCRMを活用した販売評価項目を表示

▼評価項目

セールスキャンペーン等を通じて獲得した情報から、製品・サービス販売のターゲットとなる見込み顧客を抽出する

最新の市場動向や顧客動向に準じて顧客データベースやCRMの改良要件、活用方法を具体化する

対象市場、対象製品・サービスに応じて、セールスメディアを利用した販売方法を定める

アカウント戦略の策定 顧客分析評価項目を表示

▼評価項目

公開された情報から、顧客の事業内容、主要マーケット、経営方針、財務環境に関する情報を収集し、課題を把握する

顧客が属する業界やターゲットとする市場の動向について、新聞、雑誌等の各種媒体や業界団体、業界関係者等から情報を収集する

公開情報ならびに関係者から情報を収集し、顧客の組織構造、決定プロセス、ステークホルダを把握する

仮説の設定評価項目を表示

▼評価項目

顧客の外部環境、内部環境から顧客の課題やニーズを抽出する

顧客の課題やニーズに適合する製品、サービスおよびその組み合わせを選択する

顧客の課題やニーズに対する製品、サービスおよびその組み合わせのメリットや他社と比較した優位性を明らかにする

ソリューションの企画 顧客の状況把握と課題分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の全体組織構成、IT組織構成、システム運用体制に関する情報を収集し、意思決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客のIT戦略、システムの導入状況や導入計画に関する情報を収集し、分析する

顧客のIT戦略、設備、環境、システムの導入状況や導入計画の問題点や課題を抽出し、解決策を立案する

顧客の課題やニーズを階層的に整理、分析し、提案する製品、サービスおよびその組み合わせの仮説を立てる

顧客が抱える課題解決の阻害要因を分析する

顧客の課題とソリューションビジョンの共有評価項目を表示

▼評価項目

階層的に整理した顧客の課題やニーズに優先順位を付け、顧客に説明し、同意を得る

顧客の課題を解決する(ニーズを満たす)複数のソリューション案を作成する

ソリューションビジョン(ソリューション実現後のイメージ。何がどう変わるか)を顧客に説明し、同意を得る

現行システムの把握と分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の現行システムの目的、機能、能力、コスト、システムアーキテクチャ等、全体的な構成を把握するための調査を行う

顧客の過去のIT投資が適切な効果をあげているかを分析し評価する

顧客の経営状況、基幹業務を分析し、規模や目的に沿った情報システム化ができているか分析する

現状および近い将来に起こり得る顧客の情報システムの機能もしくは性能上の課題を抽出する

ソリューションの組立て リスク計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

想定されるすべてのリスクを洗い出し、発生に伴う影響を評価する

リスク予防策の実施効果を検証する

整理されたリスクの発生確率を想定する

リスク対策が現状どの程度実施されているかどうか調査し、整理する

顧客のIT戦略の立案評価項目を表示

▼評価項目

顧客のビジネス戦略に関連する国内外の最新システムインテグレーション、アプリケーション等の情報を調査する

システムのセキュリティやリスクに関する技術動向調査を行う

顧客の事業戦略に対してIT化が与える影響を顧客の経営層に説明する

顧客のIT戦略を立案する上での基本計画書を作成する

IT戦略の策定時に、あらかじめ評価のための指標を設定し、顧客経営層の同意を得る

提案書の作成評価項目を表示

▼評価項目

技術部門から提示された原価資料を評価し、顧客との役割分担、自社リスク、市場価格動向、顧客状況等から提案する価格と条件を設定する

顧客の課題とその解決策、顧客のバリュー、実現の根拠を述べた提案書を作成する

提案の環境や条件(対象者、要求内容、与えられた時間)を把握して、提案のシナリオを作成する

提案内容の質問に対して、その意図を理解した上で、根拠を添えて回答する

見積りに関する変更要求に応じた再見積りをタイムリーに行う

ソリューションの提案 革新的(最新)製品・サービス情報の提供評価項目を表示

▼評価項目

顧客に取り扱い製品やサービスの特徴を説明し、質問に回答する

取り扱い製品やサービスのデモンストレーションを企画し、実施する

取り扱い製品やサービスが顧客の要求する機能仕様、購入基準を満たしているか調査する

顧客に取り扱い製品やサービスを使用したソリューションの費用対効果を可能な限り定量的に提示する

ソリューションの提案評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

顧客の購買基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

顧客のセキュリティ基準、監査基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

事前ヒアリング評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

その他提案に必要な情報を判断し、情報を収集する

競合または競合他社製品の情報を収集する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

課題解決ソリューションの内容を顧客に説明し、理解を得る

顧客満足度管理 顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

中長期的な顧客支援評価項目を表示

▼評価項目

顧客との中長期的な関係構築の目標を設定する

過去に顧客に提供した製品やサービスの利用状況や問題点を調査、ヒアリングする

顧客にとって有益な最新の市場動向、製品動向等の情報を収集し、提供する

調達・委託 調達・委託先の選定 調達関連情報の収集評価項目を表示
調達・委託方法の検討評価項目を表示

▼評価項目

システム化計画書およびプロジェクトマネジメントの調達計画に基づき、機能要件、技術的要件、運用要件、品質要件、セキュリティ要件、リスク管理要件、予算、納期等の調達要件を明らかにする

明らかにした調達要件を、必須事項、条件付事項、期待事項の優先度を付け、文書化する

委託計画との整合性を確保した委託先選定基準を、客観的な指標として明文化し、企画、開発、運用および保守の責任者の承認を得る

導入方式、運用形態を考慮し、内製または外部調達の区別、シングルベンダまたはマルチベンダ、業務委託または派遣等の方法を検討し、実施方法をまとめる

契約方法、納品、検収等の日常調達業務の作業範囲、契約条件等について、購買部門と調整する

提案評価基準の作成評価項目を表示

▼評価項目

費用計画に基づき、技術検討依頼等で収集した情報をもとに、調達導入費用、維持管理、運用、改修等を含むシステムライフサイクル費用を算出し、調達予算案を作成する

システム化計画に記載した要求事項の達成度や見積り、経営基盤、技術力、アフターサービス等のベンダの適正等を重み付けした提案評価基準を作成する

組織体のルールに基づき、提案評価基準の項目の承認を得る

提案依頼書の作成と発行評価項目を表示

▼評価項目

現状と課題、達成目標、調達内容および範囲、期待効果、予算、業務フロー、情報モデル、開発・運用条件、契約条件等の取引条件、提案提出方法等の情報を記載した提案依頼書を作成する

調達・委託先選定基準や調達規模、内容を考慮し、ベンダの技術的能力、実績、開発力、品質管理能力、財務安定性等を勘案して、提案依頼書提出先をベンダリストにまとめる

組織体のルールに基づき、提案依頼書の内容および提出先の承認を得る

ベンダリストに従って、ベンダに対する説明内容や提供情報等を公平に開示し、提案依頼書を発行する

提案書の比較検討と委託先選定評価項目を表示

▼評価項目

提案依頼書についてのベンダからの質問事項に対し回答を行うとともに、他ベンダへの展開が必要なものについては、公平性の観点から情報を共有する

受領した提案書について、要求した内容と提案内容の整合性を、提案評価基準に従って評価する

要求内容を満たしていない提案に対しては、再提出を促すか対象外とするかを判断する

提案評価結果に基づき、決定理由を明らかにした上で、調達・委託先ベンダを選定する

不採択となったベンダに対し、選定経緯を記録した不採択理由を説明する

委託業務管理 セキュリティの調査評価項目を表示

▼評価項目

組織体のセキュリティポリシー、セキュリティ規定を確認し、情報取扱いルール等、委託先に求めるセキュリティ要件を整理する

委託先にセキュリティ要件を提示し、要件に対する充足度についての報告をもらう

組織体のセキュリティ要件を満たさない事項の報告を受けた際、その是正に関し、対応方法、時期、対応費用の取扱いを含め、委託先と調整を行う

セキュリティ是正の実施完了を確認し、委託先に求めるセキュリティ要件が充足されているか評価する

委託開始時と更新時においてセキュリティが担保されていることを調査する

委託業務の開始・推進評価項目を表示

▼評価項目

委託業務開始前に契約内容を確認する

委託先が契約履行に必要な情報について、資料管理責任者と担当を明らかにし、委託契約料、仕様書に基づいて要求仕様、データ、資料を提供する

委託業務の実施内容を委託先責任者に説明し、把握させる

決められた方法に基づき、委託業務の実施内容を確認するとともに、契約内容の相違点の有無を確認する

委託業務の実施内容と契約内容に相違がある場合、齟齬の発生理由と課題を明らかにし、措置を講じることにより是正を図る

進捗状況の把握と遅延、その他のリスク対策評価項目を表示

▼評価項目

決められたタイミングと手段ならびに報告内容から想定される課題等を委託先に確認しながら、進捗状況を把握する

遅延や品質、コスト等にかかわる問題点の原因を究明し、措置を講じることで是正を図る

誤謬防止、不正防止、機密保護等の対策の実現方法を明らかに、これらの実現状況を把握する

誤謬防止、不正防止、機密保護等の対策の実現状況に応じて、担当者の誓約書を取り交わす等の必要な改善措置を講じる

成果物の検収評価項目を表示

▼評価項目

成果物の検収条件を検収基準として策定し、検収不可の場合の対策方法を含めて、作業委託時に委託先に提示する

予め定めた検収基準に基づき、成果物検収を実施する

検収不可の場合、委託先に対して、定められた手順に則り是正を勧告する

検収結果を報告書に取りまとめ、委託責任者の承認を得る

業務終了後のデータ、資料等の回収と廃棄確認評価項目を表示

▼評価項目

委託先に提示した資料の変換、回収、廃棄等の方法を定義し、委託先を指導する

決められたタイミングと手続きで委託先に提示した資料の回収、廃棄を指示し、実行結果を確認する

委託先からの資料回収、資料廃棄を報告書に取りまとめ、委託責任者の承認を得る

業務結果の分析と評価評価項目を表示

▼評価項目

業務委託終了後、委託業務実績について、品質、納期、費用等の観点で分析を行い、評価報告として取りまとめる

委託業務評価報告書を委託責任者に承認を得る

複数案件の委託業務評価報告を取りまとめ、委託先企業の品質、納期遵守、費用等に関する総合評価を行い、以降の委託先選定時の参考資料を作成する

委託先との今後の付き合い方やベンダ選定基準等への反映を狙い、関係者に評価結果を報告する

新たな価値創造による新規製品・サービス開発 疑似体験等を通した価値あるアイデアの発掘 セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示
顧客分析評価項目を表示

▼評価項目

公開された情報から、顧客の事業内容、主要マーケット、経営方針、財務環境に関する情報を収集し、課題を把握する

顧客が属する業界やターゲットとする市場の動向について、新聞、雑誌等の各種媒体や業界団体、業界関係者等から情報を収集する

公開情報ならびに関係者から情報を収集し、顧客の組織構造、決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

プロトタイピングを通した新規製品の検討 業務モデルの作成評価項目を表示

▼評価項目

経営戦略を実現し、組織が継続的に発展できるビジネスモデルを作成する

ビジネスモデルを実現するために、対象業務および関連する全業務を整理し、業務機能の再構成および業務プロセスを企画する

対象業務と策定した業務プロセスの主要な変更点および業務実施上の具体的課題を整理し、文書化する

業務処理の正確性、完全性、可監査性を考慮して、認可方法、情報のインテグリティ、アクセスコントロール、バックアップ、および監査証跡の記録についての方針を定める

ガバナンスの確立のために、プロセスオーナー、システムオーナー、データオーナーを定義する

ソリューションモデルの開発評価項目を表示

▼評価項目

仮説や実績から典型的な顧客ニーズを設定する

技術検証された製品およびサービスの組み合わせによって顧客ニーズが実現できることを検証する

ソリューションモデル(製品およびサービスの組み合わせ)実現のリソースと体制を具体化する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

新規製品・サービスの事業化計画立案 流通チャネルの選択評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスのターゲット市場やチャネル維持のためのコストとのバランスに応じた最適なチャネル戦略を立てる

自社に最適なチャネルミックス(顧客へのアプローチ手段の組み合わせ)を選定する

チャネルカバレッジ(市場配荷率)を考慮してチャネルを選択する

プロモーション戦略の策定評価項目を表示

▼評価項目

自社の知名度(製品やサービスの知名度を含む)を効果的に上げるためのブランド戦略を立てる

効果的なプロモーションを行うための手段と媒体(テレビ、ラジオ、新聞、Webサイト、展示会、ダイレクトメール等)を選択する

プロモーションの目標(売上高、知名度等)と予算を設定する

営業業務 市場動向の調査・分析・予測 市場機会の発見と選択評価項目を表示
ターゲット市場のビジネスチャンス分析評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点でターゲット市場を具体化する

ターゲット市場を、規模、成長性、競合状況、参入コスト等の観点で評価し、絞り込む

ターゲット市場における製品やサービスの需要を見積もる

IT製品・サービス戦略の策定 ビジネス機会の分析評価項目を表示

▼評価項目

市場や競合他社の状況を踏まえて、ターゲット市場に投入する自社製品・サービスを特定する

ターゲット市場に投入する自社製品・サービスの価値を具体化する

ターゲット市場の規模と販売目標値を設定する

新規製品・サービスの企画評価項目を表示

▼評価項目

市場分析の結果から、自社の強みを活かした取り扱い製品やサービスの開発企画を立案する

市場での自社製品やサービスのポジショニングから、製品・サービスのポートフォリオを描く

市場価格、顧客価値、投資状況、販売計画等から製品・サービスの適正な価格を設定する

製品・サービスの販売(売上、利益、マーケットシェア等)の目標値を設定する

既存製品・サービスのロードマップ更新評価項目を表示

▼評価項目

自社製品・サービスの市場価値を高めるための要件を洗い出し、優先順位を付ける

自社製品・サービスの市場価値を高めるための諸条件を整理する

自社の経営方針・事業戦略や外部環境動向を理解した上で、製品・サービスの中長期のロードマップを作成(更新)する

IT製品・サービス戦略の評価 販売実績に基づく評価評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスの販売の目標(売上、利益、マーケットシェア等)に対する実績を定期的に収集するための仕組みを構築する

定められた方法とタイミングで製品・サービスの販売実績を収集する

販売実績から、IT製品・サービス戦略の評価を行い、課題を抽出する

IT製品・サービスの評価結果と課題を報告書にまとめ、次期の戦略策定や製品・サービスのロードマップ更新にフィードバックする

調査・分析に基づく評価評価項目を表示

▼評価項目

ブランドイメージや顧客満足度等の調査を実施し、その結果を分析する

新技術・新サービスの情報を収集する

自社製品・サービスの競合他社製品・サービスとの比較優位性を検討・評価する

調査結果に基づきIT製品・サービス戦略の評価を行い、課題を抽出する

IT製品・サービスの評価結果と課題を報告書にまとめ、次期の戦略策定にフィードバックする

販売戦略の策定 ソリューションモデルの開発評価項目を表示

▼評価項目

仮説や実績から典型的な顧客ニーズを設定する

技術検証された製品およびサービスの組み合わせによって顧客ニーズが実現できることを検証する

ソリューションモデル(製品およびサービスの組み合わせ)実現のリソースと体制を具体化する

製品・サービス導入事例の作成評価項目を表示

▼評価項目

新規性、汎用性、規模、顧客のネームバリュー等の観点で適切な導入事例を選定する

事例の公開について、顧客と調整し、了承を得る

導入事例のポイントを整理し、社内外に公開する

販売チャネル戦略の策定 流通チャネルの選択評価項目を表示

▼評価項目

製品・サービスのターゲット市場やチャネル維持のためのコストとのバランスに応じた最適なチャネル戦略を立てる

自社に最適なチャネルミックス(顧客へのアプローチ手段の組み合わせ)を選定する

チャネルカバレッジ(市場配荷率)を考慮してチャネルを選択する

流通チャネルを通じたセールス実行管理評価項目を表示

▼評価項目

チャネルに対して、製品・サービスの価値を含む販売戦略を刷り込み、同意を得る

チャネルの販売目標を設定し、成果を上げるための施策を立案する

チャネルコンフリクト(チャネル同士の対立)の原因を把握し、改善するための計画を策定する

チャネルとの提携戦略を立案する

アカウント戦略の策定 仮説の設定評価項目を表示

▼評価項目

顧客の外部環境、内部環境から顧客の課題やニーズを抽出する

顧客の課題やニーズに適合する製品、サービスおよびその組み合わせを選択する

抽出した顧客の課題やニーズの中から重要度の高いものを選び、自社の仮説を設定する

設定した顧客の仮説課題に対するソリューションについて、自社で検証する

ソリューションに適合する製品、サービスおよびその組み合わせを選択する

顧客の課題やニーズに対する製品、サービスおよびその組み合わせのメリットや他社と比較した優位性を明らかにする

ソリューションの企画 顧客の状況把握と課題分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の全体組織構成、IT組織構成、システム運用体制に関する情報を収集し、意思決定プロセス、ステークホルダを把握する

顧客のIT戦略、システムの導入状況や導入計画に関する情報を収集し、分析する

顧客のIT戦略、設備、環境、システムの導入状況や導入計画の問題点や課題を抽出し、解決策を立案する

顧客の課題やニーズを階層的に整理、分析し、提案する製品、サービスおよびその組み合わせの仮説を立てる

顧客が抱える課題解決の阻害要因を分析する

顧客の課題とソリューションビジョンの共有評価項目を表示

▼評価項目

階層的に整理した顧客の課題やニーズに優先順位を付け、顧客に説明し、同意を得る

顧客の課題を解決する(ニーズを満たす)複数のソリューション案を作成する

ソリューションビジョン(ソリューション実現後のイメージ。何がどう変わるか)を顧客に説明し、同意を得る

現行システムの把握と分析評価項目を表示

▼評価項目

顧客の現行システムの目的、機能、能力、コスト、システムアーキテクチャ等、全体的な構成を把握するための調査を行う

顧客の過去のIT投資が適切な効果をあげているかを分析し評価する

顧客の経営状況、基幹業務を分析し、規模や目的に沿った情報システム化ができているか分析する

現状および近い将来に起こり得る顧客の情報システムの機能もしくは性能上の課題を抽出する

プロモーションの計画と実施 プロモーション戦略の策定評価項目を表示

▼評価項目

自社の知名度(製品やサービスの知名度を含む)を効果的に上げるためのブランド戦略を立てる

効果的なプロモーションを行うための手段と媒体(テレビ、ラジオ、新聞、Webサイト、展示会、ダイレクトメール等)を選択する

プロモーションの目標(売上高、知名度等)と予算を設定する

プロモーション活動の実施と評価評価項目を表示

▼評価項目

ターゲット市場に製品やサービスの価値が正しく理解されるメッセージをデザインする

プロモーション戦略に沿ったプロモーション実行計画を策定し、決められた予算やスケジュール、品質を守りながら実施する

プロモーションの目標が達成できたかを調査し、その結果を分析する

販売機会の創出 セグメンテーションとターゲットの選択評価項目を表示

▼評価項目

業種・業態、規模、企業形態、地域等の観点で市場(顧客)をセグメントに分割する

それぞれのセグメントを、自社の強み・弱み、競合状況等の観点で評価し、ターゲットを選択する

自社のリソースに基づく製品やサービスを提供できる業種・業態を発見する

自社のリソースに基づく製品やサービスを提供できる顧客を発見する

ターゲットとするセグメントに対するセールス活動の実施計画を策定する

顧客データベースやCRMを活用した販売評価項目を表示

▼評価項目

セールスキャンペーン等を通じて獲得した情報から、製品・サービス販売のターゲットとなる見込み顧客を抽出する

最新の市場動向や顧客動向に準じて顧客データベースやCRMの改良要件、活用方法を具体化する

対象市場、対象製品・サービスに応じて、セールスメディアを利用した販売方法を定める

ソリューションの組立て リスク計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

想定されるすべてのリスクを洗い出し、発生に伴う影響を評価する

リスク予防策の実施効果を検証する

整理されたリスクの発生確率を想定する

リスク対策が現状どの程度実施されているかどうか調査し、整理する

顧客のIT戦略の立案評価項目を表示

▼評価項目

顧客のビジネス戦略に関連する国内外の最新システムインテグレーション、アプリケーション等の情報を調査する

システムのセキュリティやリスクに関する技術動向調査を行う

顧客の事業戦略に対してIT化が与える影響を顧客の経営層に説明する

顧客のIT戦略を立案する上での基本計画書を作成する

IT戦略の策定時に、あらかじめ評価のための指標を設定し、顧客経営層の同意を得る

ソリューションの提案 事前ヒアリング評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

その他提案に必要な情報を判断し、情報を収集する

競合または競合他社製品の情報を収集する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

課題解決ソリューションの内容を顧客に説明し、理解を得る

顧客満足度管理 顧客満足度の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

提供したソリューションの満足度の調査を企画し、推進する

顧客満足度の調査結果を分析し、「充足しているサービス」、「問題点」等を明らかにする

顧客満足度の分析結果を評価し、その結果に基づき顧客満足度向上計画を策定する

中長期的な顧客支援評価項目を表示

▼評価項目

顧客との中長期的な関係構築の目標を設定する

顧客キーマンと良好な関係を保つために、継続訪問を行う

次の提案へ向けて、顧客から情報を入手し資料化を行う

過去に顧客に提供した製品やサービスの利用状況や問題点を調査、ヒアリングする

顧客にとって有益な最新の市場動向、製品動向等の情報を収集し、提供する

セキュリティ領域 システム企画立案>システム化計画の策定 サービスレベルと品質に対する基本方針の明確化評価項目を表示
システム企画立案>業務・システム要件定義 システム要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

システム化の対象となる人の作業およびシステム機能の実現範囲を定義する

ユーザのニーズや要望をもとに情報管理の観点、単位、形式等を分析する

他システムとの情報授受等のインタフェースを定義する

ユーザがシステムをどのような環境(システム、人の動き)で運用・保守するのかを確認し、運用要件を検討する

ユーザのニーズに適合した性能、可用性、キャパシティ、セキュリティ、ユーザビリティ等に関する要件を検討する

システム企画立案>情報セキュリティ要件定義 情報セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーやコンプライアンス、情報保証上の必要性を情報セキュリティ要件に反映させる

実装すべき情報セキュリティの要件(障害発生時の復旧時間の許容時間、データ復旧範囲等、障害対応に関する要件を含む)、実施レベル、考慮点等を明らかにする

各々の情報セキュリティ要件に対する実装方式を提示する

情報セキュリティ要件を実現するための費用を算出する

システムに存在する脆弱性について、その対策と緩和のための取り組みの方針を決定する(アプリケーションの可用性維持からパッチを適用しない場合の対策等を含む)

情報セキュリティ要件に関する制約事項を抽出する

情報セキュリティ規定の作成評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティポリシーに基づき、企業活動のセキュリティ規定を作成する

セキュリティポリシーに基づき、情報システムのセキュリティ規定を作成する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ規定を説明し、承認を得る

情報セキュリティ計画の立案評価項目を表示

▼評価項目

情報セキュリティをベースにしたセキュリティ計画を策定する

セキュリティ計画の立案、およびセキュリティ計画を実行するにあたって発生する問題のソリューションを提案する

経営層、情報セキュリティ関係担当役員、企画関係者にセキュリティ計画を説明し、承認を得る

情報セキュリティ基準の策定評価項目を表示

▼評価項目

事業戦略、事業継続計画に基づき、各物理サイトの物理的保護レベルを定義する

セキュリティホール情報やセキュリティ勧告およびパッチの最新情報の分析に基づき、パッチ適用基準を策定する

従業員のソーシャルメディア使用に関するルールを策定する

アウトソース先のセキュリティ基準を策定する

電子データの信頼性を確保するために、第三者機関が発行する電子証明書と自組織が発行する電子証明書をそれぞれ利用する手続きを策定する

情報ネットワークのセキュリティ対策のためのガイダンス文書の発行管理を行う

システム要件定義・方式設計>システム化要件定義 要求事項の調査と分析評価項目を表示

▼評価項目

現行システムをシステム利用状況、ユーザビリティ、HW構成、SW構成、データ構成、運用管理等の視点で分析する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲と連携する他機能・システムの把握すべき項目を設定し調査する

システム化要件を明らかにするために、対象範囲の把握すべき項目を設定し調査する

システム化で利用する予定の技術や製品について調査し、機能、制約、リスクを把握する

非機能要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

可用性、性能・拡張性、運用・保守性、移行性、セキュリティ、システム環境・エコロジーに関する要求をシステムとして実現するための非機能要件として具体化する

非機能要件に対する実装方式を提示する

非機能要件を実現するための費用を算出する

非機能要件に関する制約事項を抽出する

システム要件定義・方式設計>セキュリティ要件定義 現状把握評価項目を表示

▼評価項目

組織のセキュリティポリシーを把握し、情報セキュリティに関する組織規程やルール、法令、ガイドラインの内容を確認する

当該システムの制約、前提条件、特性を明らかにする

セキュリティポリシーやシステムの制約、前提条件、特性に基づき、セキュリティリスク(システムの脆弱性、脅威等)の分析を行う

セキュリティ要件の定義評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティリスクを回避するための認証、利用制限、データの秘匿、不正追跡・監視、ネットワーク対策、マルウェア対策、Web対策等の要件項目を明らかにする

各セキュリティ要件項目の具体的な要件と達成指標を定義する

決定したセキュリティ要件を実現するセキュリティ対策を定義し、文書化する

セキュリティ要件の評価評価項目を表示

▼評価項目

セキュリティ要件のセキュリティポリシーへの準拠性を評価する

当該システムにおける機能要件およびセキュリティ以外の非機能要件との一貫性を評価する

当該システムにおけるセキュリティ要件の実現可能性を評価する

当該システムにセキュリティ要件を実装した際の運用・保守の実現可能性を評価する

システム要件定義・方式設計>システム方式設計 適用製品・技術の評価と選定評価項目を表示

▼評価項目

システム方式設計に準じて、利用候補となる技術、製品の性能や適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるパッケージソフトウェアの機能や性能、適合性を評価する

システム方式設計に準じて、利用候補となるPaaS、IaaS等のシステム稼働環境の性能や適合性を評価する

利用する技術、製品、稼働環境等を選定し、その事由と実装リスク、前提条件を明らかにする

プロジェクトマネジメント>プロジェクト計画策定 品質保証計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトに求められる品質特性を理解し、品質方針と達成目標(品質基準)を定める

品質を作り込む手段としての開発プロセス、アーキテクチャ、基準、規約等を選択または決定する

品質保証のための組織構造、責任、プロセス、資源等を明らかにし、品質保証計画を策定する

品質リスクを明らかにする

リスク管理計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

プロジェクトにかかわる主要なリスク(スケジュール、資源計画、組織・要員、調達、費用、品質)を想定する

リスクの発生確率や影響範囲を定量化する

リスクがプロジェクトに与える影響度を計り、対応の優先順位を決定し、対応策を立案する

リスク発生の予防策を計画し、詳細レベルタスクに組み込む

不測事態対応計画を策定する

リスク発生を監視、追跡し、コントロールするための管理表を作成する

プロジェクトマネジメント>プロジェクト追跡と実行管理 品質管理評価項目を表示

▼評価項目

定められた手順に沿って、品質管理を実施する

品質基準に満たない事象が識別された場合、対応策を講じる

プロジェクト全体の品質に大きな影響が予測される場合、品質保証計画を変更し、承認を受けて実施する

品質保証計画の変更に伴う改善状況を確認する

リスク管理評価項目を表示

▼評価項目

リスク管理対象のすべての要素に対して監視および追跡を継続する

計画されたすべてのリスク予防策を実施し、その効果を確認する

新たに識別したリスクへの予防策、発生時対応計画を策定し、実施する

リスクの発生に伴い、不測事態対応計画を実行して復旧状態を確認し、その過程を評価する

リスク発生に伴うすべての事項を文書化する

マーケティング・セールス>ソリューションの組立て リスク計画の策定評価項目を表示

▼評価項目

想定されるすべてのリスクを洗い出し、発生に伴う影響を評価する

リスク予防策の実施効果を検証する

整理されたリスクの発生確率を想定する

リスク対策が現状どの程度実施されているかどうか調査し、整理する

マーケティング・セールス>ソリューションの提案 ソリューションの提案評価項目を表示

▼評価項目

顧客の財務状態(決算指標等)や経営戦略の概要を分析し、自社のソリューションを購入できる時期や価格帯を検証する

顧客の課題や戦略に基づくIT要件の主要なポイントを把握し、自社のソリューションの適合性を分析する

顧客の購買基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

顧客のセキュリティ基準、監査基準をヒアリングし、基準に適合するように可能な限り調整した上で提案する

調達・委託>委託業務管理 セキュリティの調査評価項目を表示

▼評価項目

組織体のセキュリティポリシー、セキュリティ規定を確認し、情報取扱いルール等、委託先に求めるセキュリティ要件を整理する

委託先にセキュリティ要件を提示し、要件に対する充足度についての報告をもらう

組織体のセキュリティ要件を満たさない事項の報告を受けた際、その是正に関し、対応方法、時期、対応費用の取扱いを含め、委託先と調整を行う

セキュリティ是正の実施完了を確認し、委託先に求めるセキュリティ要件が充足されているか評価する

委託開始時と更新時においてセキュリティが担保されていることを調査する

委託業務の開始・推進評価項目を表示

▼評価項目

委託業務開始前に契約内容を確認する

委託先が契約履行に必要な情報について、資料管理責任者と担当を明らかにし、委託契約料、仕様書に基づいて要求仕様、データ、資料を提供する

委託業務の実施内容を委託先責任者に説明し、把握させる

決められた方法に基づき、委託業務の実施内容を確認するとともに、契約内容の相違点の有無を確認する

委託業務の実施内容と契約内容に相違がある場合、齟齬の発生理由と課題を明らかにし、措置を講じることにより是正を図る

進捗状況の把握と遅延、その他のリスク対策評価項目を表示

▼評価項目

決められたタイミングと手段ならびに報告内容から想定される課題等を委託先に確認しながら、進捗状況を把握する

遅延や品質、コスト等にかかわる問題点の原因を究明し、措置を講じることで是正を図る

誤謬防止、不正防止、機密保護等の対策の実現方法を明らかに、これらの実現状況を把握する

誤謬防止、不正防止、機密保護等の対策の実現状況に応じて、担当者の誓約書を取り交わす等の必要な改善措置を講じる

成果物の検収評価項目を表示

▼評価項目

成果物の検収条件を検収基準として策定し、検収不可の場合の対策方法を含めて、作業委託時に委託先に提示する

予め定めた検収基準に基づき、成果物検収を実施する

検収不可の場合、委託先に対して、定められた手順に則り是正を勧告する

検収結果を報告書に取りまとめ、委託責任者の承認を得る

業務終了後のデータ、資料等の回収と廃棄確認評価項目を表示

▼評価項目

委託先に提示した資料の変換、回収、廃棄等の方法を定義し、委託先を指導する

決められたタイミングと手続きで委託先に提示した資料の回収、廃棄を指示し、実行結果を確認する

委託先からの資料回収、資料廃棄を報告書に取りまとめ、委託責任者の承認を得る

業務結果の分析と評価評価項目を表示

▼評価項目

業務委託終了後、委託業務実績について、品質、納期、費用等の観点で分析を行い、評価報告として取りまとめる

委託業務評価報告書を委託責任者に承認を得る

複数案件の委託業務評価報告を取りまとめ、委託先企業の品質、納期遵守、費用等に関する総合評価を行い、以降の委託先選定時の参考資料を作成する

委託先との今後の付き合い方やベンダ選定基準等への反映を狙い、関係者に評価結果を報告する