iCD活用システム(ダウンロード版)

iCD活用システムを社内で構築

iCD活用システムは、iCDの活用をサポートする無料のシステムです。 Webを介したシステムのほか、各社の社内イントラネットで運用できるiCD活用システム(ダウンロード版)を提供しています。





iCD活用システム(ダウンロード版)の動作環境について

本システムは、以下の環境で動作確認を行いました。(2018年10月現在)
ソフトウェア構成やバージョン等は、ご利用の環境に合わせて選定ください。

動作確認ソフトウェア構成(iCD2017/2018対応)※1
OS Linux version 3.10.0-693.5.2.el7.x86_64
(mockbuild@x86-041.build.eng.bos.redhat.com) (gcc version 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-16) (GCC) )
WEBサーバ Apache/2.4.6 (Red Hat Enterprise Linux)
アプリケーションサーバ Apache Tomcat/8.5.33
Java実行環境 Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_181-b13)
テンプレートエンジン(101NEO version 3.0.5.5) ※2
その他のクラスライブラリ ※2
RDBMS PostgreSQL (x86_64bit) version 9.5.5
通信暗号化ツール OpenSSH_6.6.1p1
対応ブラウザ Google Chrome、Internet Explorer11、Firefox

※1:iCD活用システム(ダウンロード版)V3.1(iCD2017/2018対応)の「バージョンアップのポイント」については、こちらをご覧ください。
※2:本システムのダウンロードファイルに同梱しています。


iCD活用システム(ダウンロード版)のお申込み

iCD活用システム(ダウンロード版) 利用規約
iCD活用システム(ダウンロード版) お申込み (外部サイト)